Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 156:VARIOUS ARTISTS『A Concert For KILLING Cancer』2010年1月13日 ロンドン

ベックが実にベックらしいサウンドを奏でロジャーがそれに応える。

アタマのその数秒だけでもう胸躍っちゃう。

しかし、いやブルースだからこれでいいのかも知れないが、ほとんどリハ無しのぶっつけ本番? 内容的には今ひとつピリッとしない感じもする。

けどやっぱり感動せずにはいられないんですよ。ロジャーの歌にベックのギターが絡む。それを支えるザックのドラム。

なんと贅沢な。

てなわけでまずはこの曲を簡単な動画にしてみました。マディ・ウォーターズ「Mannish Boy」のカバー。



で今回のブツですが。

とその前に、遅ればせながら。

2月14日に発表された第53回グラミー賞でジェフ・ベック先生なんと三部門で受賞を果たしました。

<最優秀ポップ・コラボレーション賞/Best Pop Collaboration With Vocals>
ハービー・ハンコック、ピンク、インディア・アリー、シール、コノノ・ナンバーワン、ジェフ・ベック、ウームー・サンガレ 「Imagine」on 『Imagine Project』

<最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞/Best Pop Instrumental Performance>
「Nessun Dorma」 on 『Emotion & Commotion』

<最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞/Best Rock Instrumental Performance>
「Hammerhead」 on 『Emotion & Commotion』

作品リリースやツアーのペースなど、移籍後の精力的な活動も実にスゴイと思いますが、こうしてきちんと結果を出し続けているところも本当にサスガだなと思いますね。素晴らしい!

ちなみに公式サイトにはこんな短くも思いの詰まったコメントが掲載されています。

 I can believe it. I'm happy for you!

3 Grammy's.

14.Feb.2011 18:30

What a crazy few days........ performances/parties/interviews/seeing some friends and to top it all off, the Grammy's.
I got 3, can you believe it?? I am really thrilled and humbled.
Thank you all for your support and encouragement.

J.B

killing_cancer.jpg

今年の1月13日、ロンドンのHMV Hammersmith Apollo(旧Hammersmith Odeon)で開催されたチャリティ・コンサート”A CONCERT FOR KILLING CANCER”の全演奏を収録(収録時間2時間4分:プレス2CD)。

コンサートのスタートは日本時間の14日早朝。当日はベックが登場する直前、確か6時頃からツイッターのタイムラインに飛び込んで来たロンドン在住『斜に構えて。』のMickさんの実況中継にもんどりうって悶えていたことを思い出します(笑)。まるで予想していなかったザ・フーとジェフ・ベックの共演。驚きましたよ。事後に反芻すればナルホドと思えなくもないけど、それまでは僕の中で両者を繋ぐ糸は全く見えていなかったから。

killing-cancer-2011-poster.jpg

コンサートは元The Verveのリチャード・アシュクロフトがひとりアコギを携えて登場するところから始まります。で1曲目の「Sonnet」でああそうか、と。

記憶が曖昧ですがリリース当時にCDショップだかどこだかで聴いた「Bittersweet Symphony」。アンドリュー・オールダムが手掛けたオーケストラ版の「The Last Time」をサンプリングしたストリングスがなんだか安っぽいんだけど妙に儚げで美しくて。一聴して気に入ってしまい速攻で買い求めたアルバム『Urban Hymns』(1997年リリースの3rd)の2曲目に入っていたのが「Sonnet」。彫りの深いメロディラインが印象的で当時はこの2曲をメインによく聴いたもんです。

「Bittersweet Symphony」



アンドリュー・オールダム・オーケストラ『ザ・ローリング・ストーンズ・ソングブック』より


そして「Sonnet」やっぱりいい曲

続いてはRoger Daltrey Bandの登場。演奏されたのは2009年のソロツアー『Use It Or Lose It Tour』でもセット中盤に登場していた2曲。まずはアイルランドのバンド、チーフタンズの「Freedom Ride」のカバー。そしてサイモン・タウンゼントがマンドリンを弾く「Gimme A Stone」。

ちなみにそのツアーではほとんどの日で続けて「Going Mobile」を演奏してましたが、そこではピートの代役としてサイモンがボーカルを取っていました。


2009年11月13日ニュージャージー州アトランティック・シティでの演奏。思わず『Who's Next』のそれを思い浮かべちゃいますね。さすが兄弟、声質が良く似てます。

続いて登場するはこちらもあな懐かし、ブライアン・アダムス。彼もまたアコギによる弾き語りを披露。84年の大ヒット作『Reckless』から「Run To You」、3rdアルバムのタイトル曲「Cuts Like A Knife」と代表曲をじっくりと聴かせた後はPDT(光線力学的療法)による治療を受けた女性の患者さんを迎えてのデュエット「When You're Gone」。最後は再び3rdからバラード「Straight From The Heart」で〆。とここまでがディスク1の収録曲です。

killing_cancer_member_20110218035345.jpg  

ディスク2はザ・フーのマネージャー、ビル・カービシュリーによるイントロダクションでスタート。そして登場するは我らがジェフ・ベック!何と二枚看板抜きのザ・フーにジェイソン・リベロを加えたまさにワンオフな布陣で演奏された「Beck's Bolero」。かつてベックがキース・ムーンと共に音盤に刻んだこの曲をこの日はキースから直接ドラムの手ほどきを受けたというザック・スターキーが演奏するという縁。

2曲目は目下の新作『Emotion & Commotion』 から本年度のグラミー賞に輝いた「Hammerhead」。ボレロではやや不安定だったベックのギターがここで本来のキレを取り戻し、そして最後はお馴染み、第52回グラミー賞最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞に輝いたビートルズのカバー「A Day In The Life」。一打一打丁寧に打ち込んでいくザックのドラムが曲に独特な彩りを加えてます。

それにしてもたった3曲だけとはあまりにもショートスケール過ぎ。それでも貴重音源には違いないんですけど。

で続いてはブロンディのデボラ・ハリーが加わっての代表曲3連発。ベックは「Heart Of Glass」と「Call Me」の2曲に参加。リハーサル不足が目立つものの(「Call Me」は途中ぐだぐだ・・)どちらも終盤に飛び出してくるベックのベックらしいソロが聴きどころ。

そしていよいよ大トリ登場。最早揺るぎないBIG3とも言える3曲を演奏し(BIG4なら加わるのは「See Me, Feel Me」かな)迎えたアンコール、大団円。それが冒頭のボ・ディドリーの「I'm A Man」へのアンサーソングとしてマディ・ウォーターズが書いた「 Mannish Boy」と再びステージに戻ってきたピートを加えての「Join Together」with JEFF BECK!!!

killing_cancer_is.jpg

音質について触れるのを忘れてました。まだiPod~イヤホンでしか聴いてませんが、個人的にとても好きなタイプの音です。エッジがいい具合にまろやかで聴きやすく音圧も十分。距離も近いですね。またイコライジング臭を感じさせないナチュラルな仕上がりもいい感じです。

そしてことザ・フーに関していえば、粗さもまるごとバンドの勢いとして昇華させてしまう、08年の来日公演で改めて実感したこのバンドの特異性がこの音源からも伝わってくるようで嬉しい(ザックの貢献度高し!)。当日ピートのコンディションは万全ではなかったのかも知れませんが、バンド総体としてのグルーヴ感やアンサンブルの凄みは今も健在ですね。

月並みだけど、もう一度生の彼らを体験したい。初の単独来日公演から2年とちょい経ちましたが、今年あたりまた来日してくれないですかねー。今度こそ関東公演は全部行くからー。
スポンサーサイト

The Who with Jeff Beck, Debbie Harry & Bryan Adams ♫ Join Together

ちととっちらかり気味な演奏ではあるけれど。

ザ・フーの曲に演奏に、ベックの実にベックらしいギターサウンドが乗っかってる。


それにこの「絵」がスゴイじゃない。中でも特にピートとベックが向かい合うトコなんざ。

Live at Hammersmith Apollo on 13th January 2011 "Concert For KILLING Cancer"

はぁ・・(溜息)



☆その後別の動画があがっていたので追加☆

演奏前にロジャーがゲストを紹介。ベックとピートが握手(!)。 盛り上がりまくる客席。うう、涙出そう。



  killing-cancer-2011-poster.jpg

killing-cancer-2011.jpg

Happy 66th Birthday, John 'Thunderfingers' Entwistle! 1976年10月9日 サンフランシスコ・オークランド

今日10月9日はジョン・レノンの誕生日。であると共にもうひとりのジョン、元ザ・フーのベーシスト、ジョン・エントウィッスルの誕生日でもある。

そこで今回は34年前の今日、ジョンが32歳だった時のライブ音源をご紹介。

Johns_birthday_party.jpg

1976年10月9日 於オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

2曲を演奏したところでキースがブッ倒れた為に中止(後に4月1日に振替)になったという3月9日のボストン公演を皮切りに、米東海岸から西海岸を横断し最後カナダに入る(途中であの有名な6/12のスワンシー公演を含む小規模な仏、英ツアーを実施)という71年以来となる大規模なスケールで行われたアメリカツアーの最終レグ、10月6日から21日の間に9公演をこなすスケジュールでセッティングされたツアー3日目の演奏です。なんでもこの日と翌10日はグレイトフル・デッドとの対バン形式だったようで、観客数は9日が50,809人、10日が43,923人だったそうな。

THE WHO 'USA & CANADA' TOUR
October   6 - Arizona Veterans Memorial Coliseum, Phoenix, Arizona
October   7 - Sports Arena, San Diego, California
October   9 - Orkland-Alameda County Coliseum
October 10 - Orkland-Alameda County Coliseum
October 13 - Memorial Coliseum Portland, Oregon
October 14 - Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington
October 16 - Northlands Coliseum, Edomonton, Alverta, Canada
October 18 - Winnipeg Arena, Winnipeg, Manitoba, Canada
October 21 - Maple Leaf gardens, Toronto, Ontario, Canada

セットの内容は前年75年のそれをほぼ踏襲したものですが、ジョン絡みでいえば定番的に演奏されていた「ボリスのくも野郎」がセット落ち。けれど(ここが本音源の大きなツボなのだけれど)キースが歌う'Happy birthday to you~'にきっと小さく笑みを返しながらベースを構えなおし、マイクスタンドにセットしたボトルから酒をグビリ、そして「My Wife」を歌うジョンの姿が(見えるわけじゃないけど)捉えられています。

tk3 「My Wife」※トラックタイムがUL可能枠を超えている為、途中でフェイドアウトさせています


とても巨大なスタジアムで録音されたとは思えない距離感の近い音像。おそらくステージから程近いポジションで録音されたものなんでしょう。個人的にはバスドラの音が厚めに捉えられている点がとても魅力的。

では、実質的にキース・ムーン在籍時最後のツアーとなってしまった76年の'USA & Canada Tour'終盤の演奏をあと6曲。76年のツアーを代表する良質なAUD音源からどうぞ。

西方徘徊 143:THE WHO『Manchester 1975』 1975年10月6日 マンチェスター

拝啓 新涼の候皆様にはご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます???

秋冷の爽秋の、涼風の、、、

9月も2週目に入ったってのに、どれにもまるでリアリティが感じられない。。

四季の中では夏が一番好き!を公言していた自身にとっても今年の暑さは実にキビシイです。

なもんでこのところずっと寝覚めは悪いし、だるいし、集中力は途切れがちだし、しまいにゃ仕事でポカやらかして凹むし。。

こんなキブンの時に音楽にチカラを借りるとしたら。今朝は我入魂のプレイリスト、THE WHOの「Baba O'Riley」と「See Me, Feel Me」のライブ音源ばかりを集めたやつ、とこんな音源を聴きながら出勤しました。

というわけで、今回は久々のザ・フーねた。なんてったって今日はムーニーの32回目の命日でもあるし。

Manchester_1975.jpg

1975年10月6日、英マンチェスターのベル・ビューにあるキングス・ホールでのライブを収録。音源自体は2008年の2月頃に登場したものです。

74年6月に行われたマディソン・スクエア・ガーデンでの4度のショウ(10, 11, 13, 14日)を最後にザ・フーとしてのライヴ活動を事実上休止して彼らにとって1年4ヶ月ぶりに組まれた英国ツアー、その3日目のライブです(ちなみに新作『The Who By Numbers』が3日前にリリースされたばかり)

このツアーでは3月に公開された映画『トミー』のヒットからその楽曲が増え、結果『四重人格』から演奏されたのは「Drowned」と「5.15」のみ。そこに『The Who By Numbers』からのシングル曲「Squeeze Box」と定番の代表曲を絡めるという流れになっています。

ちなみにこの日前座を務めたのはスティーヴ・ギボンズ・バンド。ギボンズは2年後の77年に、ポール・マッカートニーが「Giddy」という曲を提供して話題となったロジャーの3rdソロ『One Of The Boys』の唯一ハードなR&Rナンバーの作者としてクレジットに名を連ねることになります。

あともうひとつ興味深いのが、あのサディスティック・ミカ・バンドがこの8日後の14日、15日に同じくマンチェスターのベル・ビューでライブを行っているんですね。

Keith_Moon_1975.jpg  

音質はまずまずといったところ。音像は遠目ですが演奏の内容はそれなりにちゃんと聴き取れるレベルには達しています。当日の演奏曲は全て収録。ただし「See Me, Feel Me」の途中にテープ反転のタイミングと思われるカットがあります。

が、実はそんな音質がどうのを超越しちゃう旨味がこの音源にはあるんですね。

それが「My Generation」の終盤から「Naked Eye」へと続くまでの間に飛び出すキースのドラム・ソロなんです。

ソロ嫌いなキースが珍しく、おそらく突発的な思い付きだったと思うんですが、ひたすらタムとバスドラをヒットし続ける実にらしいソロを約1分半の間披露してくれています。

これは記録的にもとても貴重で、データ本『The Who Concert File』によれば、ツアーのライブとしてはこの日以外では74年6月10日のマディソン・スクエア・ガーデン公演でしかソロは叩いていないようです。

西方徘徊 135:THE WHO『Springfield 1975』 1975年12月14日 スプリングフィールド

久し振りにTHE WHOネタで行ってみたいと思います。5月末頃にトラッカーサイトに登場した新登場ソース、以前このブログでも取り上げた職人ダン・ランピンスキーによる第2のザ・フー音源です。嬉しいことに今回もLHが銀盤化してくれました。 

という訳で、まずは過去記事からどばっとコピペ。

74年6月に行われたマディソン・スクエア・ガーデンでの4度のショウ(10, 11, 13, 14日)を最後にザ・フーとしてのライヴ活動を事実上休止していた4人は、 75年4月からセッションを始めていた新作『Who By Numbers』の母国での発売日の10月3日、スタフォード・カウンティ・ショーグラウンドに完成した8,000人を収容するニュー・ビングリー・ホールのこけら落とし公演(翌4日との2デイズ)よりロードに復帰を果たします。

計11公演となったその英国ツアーを終えた後すぐにヨーロッパツアーへ。そこで計9公演をこなした後、11月20日のヒューストン公演から、翌76年10月21日のトロント公演まで続く長期の北米ツアー(計4期に分けられたツアーで、途中何度か欧州での公演も行われています)へと繰り出します。

今回リリースされたタイトルはその第1期北米ツアー の19公演目、マサチューセッツ州スプリングフィールドにあるシビック・センターでの演奏(聴衆約10,000人)をほぼ完全収録。

Who_75_springfield.jpg

この時のツアーは3月に公開された映画 『トミー』のヒットからその楽曲が増え、結果『四重人格』の曲が姿を消してしまいました(ツアー初期に数回だけ「Drowned」を演奏)。また 『フー・バイ・ナンバーズ』からの曲も当時アメリカでヒットチャートに入っていた「Squeeze Box」以外は「Dreaming From The Waist」のみとなるなど(ツアー初期のみ「However Much I Booze」も演奏)、このスプリングフィールド公演ではツアー終了までほぼ固定となったセットの最終形を聴くことが出来ます。括弧使い過ぎ。
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
671
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
57
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。