Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 165:PAUL McCARTNEY『On The Run In London』 2011年12月5日ロンドン

今日は10時過ぎに起床(久しぶりによく寝た~)。でもって起き抜けに聴いたのがコレ。

PM_ON_THE_RUN.jpg

ぼやけた頭に陽のエネルギーが注入されてくるこの感じ。

聴いて楽し、スリーヴのセトリ見て楽し、しかも今回はAUDショットをまとめたDVD-R付きで観て楽し。やっぱり強力だな、ポールは。

短いながらもスライドギターが効いているドラマチックなオープニングから「ハロー・グッドバイ」が飛び出すあたり、思わず2002年11月の来日公演を思い出す(これが結婚前のカミさんとの2度目のデートだったはず・・^^; )。などと感慨に耽ろうとしたらば、2曲目はいきなり「ジュニアズ・ファーム」ときた。


あとはもう毎度の通り怒濤のヒットパレード。

なんだけど、このツアーで初演された曲もちらほら。

中でも最大のサプライズでもって迎えられたのはやはりバッドフィンガーに提供した「Come And Get It」(邦題「マジック・クリスチャンのテーマ」)の自演でがしょう。


他には個人的に「アイ・ウィル」のセット戻りがとても嬉しく、「ザ・ナイト・ビフォア」はこれが初演だったっけ?あとアンコールで演奏された「愛のことば」と「愛こそはすべて」のメドレーにも驚かされたけど、出来ればどちらもロング版で聴きたかったな。


そうそう、アンコールといえば3曲目に演奏された「ゲット・バック」ではロン・ウッドがギターで飛び入り参加しています(↓に動画アリ)。

音質は会場のデカさゆえの距離を感じさせはするものの、かなり良好。気持ちよく歌や演奏に聴き入ることが出来ますね。

というわけで3日後にリリースされるカバーアルバム(オリジナル曲を2曲収録)『キス・オン・ザ・ボトム』は一体どんな作品になっているのだろうか?との思いも巡らせながらの2時間40分。肩の力を抜いて楽しませてもらいました。

PM_ON_THE_RUN_2.jpg

スポンサーサイト

西方徘徊 151:PAUL McCARTNEY『Apollo Theater 2010』2010年12月13日 ニューヨーク

もうすっかりお馴染みの味わい。いや、ある意味食べ尽くした感もある。

けどひとたびまた口にすれば、極上素材の旨味と絶妙な味付けに心躍らされ、そして唸らされること必定。

それは主皿に添えられた付け合わせとて同様。いやむしろソコを求めて、とかソコに大いなるヨロコビを見出して、なんて向きもあるかもしんない。

って一体何のハナシ?

そこで今回はこんなブツ(なんだかな)。

paul_apollo_2010.jpg

昨年12月13日にニューヨーク、ハーレムにあるブラック・ミュージックの殿堂、アポロ劇場で行われたポール・マッカートニーのライブを収録。なんでも衛星ラジオ曲シリウスXMがリスナーを対象に実施したライブだったらしく、今回のブツはその放送を録音したものをマスターにしているようです。

ポールの最新ライブ、それもステレオ・サウンドボードということで期待して聴きましたが、音質は中の上といったところ。各パートのバランスが今ひとつで、全体的に暴れ感の強いミックスに聴こえます。また、これはエンコード時の劣化によるもの?  高域、中でもシンバルやアコギの音にシャリシャリとしたノイズっぽさを感じますね。

PAUL_APOLLO.jpg


が、内容の方はノッケからハートをガッチリと掴んでくる毎度の王道路線(オープニング曲はウィングスの夢のメドレーから「Magical Mystery Tour」に戻りました)。そこへスペシャルな付け合わせをちりばめたなかなか味わいのあるメニューになっています。

そこで今回はそんな鮮度の高いトコを中心にULしてみました。

まずは本音源最大の目玉。バンドとしてはこの日が初演となった(ですよね?)ビートルズナンバー「One After 909」。1957年頃クオリーメン時代にジョンが書いた曲で(ポールが手伝ったと言われてますね)63年に初めてレコーディングされた時のバージョンが処女作「Hello Little Girl」などと共に『Anthology Vol.1』で公式に日の目を見ました、ってのは周知ネタでしょうが。

コチラがその1963年バージョン


でもってこれが1969年1月30日、ルーフトップ・コンサートでの演奏


元々がジョンとポールのダブルボーカルをフィーチャーした曲だけにここでの演奏もほとんど違和感無しに聴けますね。しかし、こんな曲まで演ってくれるとなるとますます今後のお楽しみが増えようってもの。いずれ「抱きしめたい」とか「シー・ラヴズ・ユー」なんてとこも出てくるんじゃないですかね。そういえばこの日の「Hey Jude」では後半のアドリブ部分で ”Don't let me down~” なんて歌ったりしてます(旋律は違うけど)。

お次は2002年の来日公演でも演奏、エイブの手数の多いドラミングが曲に新たな躍動感を与えていた「Maybe I'm Amazed」。この曲の復活は嬉しかったですね。ポールがピアノのイントロをミスっちゃうのはご愛嬌。

ミスといえば、9曲目の「西暦1985年」も。ここではポールがメロの進行を間違えてしまったためにバンドが迷走。これまた公式のライブ盤では決して聴くことの出来ないレアなバージョンとなっています。

「Petrushka」は11月に行われたブエノスアイレス公演のサウンドチェックの際にも演奏されたロシア民謡。そしてディスク1のラスト。聖地へのリスペクトを込めてポールが選んだのがマーヴィン・ゲイ初期のナンバー「Hitch Hike」です。


バックコーラスはマーサ&ザ・ヴァンデラス

この曲もポールの歌、バンドの演奏共に見事にハマってますね。ところがそんなリスペクトも何とPAのトラブルによって中断というミソがついてしまいます。ポールは ”エイリアンの襲撃だ” などと戯けてますが、再度ギターソロからスタートするも、またしてもポールが演奏を止めてしまい、改めて最初から仕切り直すという何ともとっちらかった展開に。

D2の7曲目「Wonderful Christmastime」は時節柄ってことで客ウケも上々。そして「Yesterday」を歌い終えた後の“Scrambled egg, oh my baby I love your legs……” 原曲の「Scrambled Eggs」をちょろっと披露なんてヒトコマも。

20101524.jpg

今回は同日のライブを撮影した動画との抱き合わせにしてみました。王道メニューの中で独特な存在感を放つ付け合わせの妙味をご賞味あれ。

とその前に大事なことを忘れてました。

本盤には受信時のエラーによるものでしょうか、いくつか音が飛んでしまう箇所があるので記しておきます。

・D1 tk9 「Nineteen Hundred And Eighty Five」:2箇所(0'35"と0'51")

・D2 tk4 「A Day In The Life / Give Peace A Chance」:イントロ15秒程の中に3箇所(苦笑)

・D2 tk6 「Hey Jude」:1箇所(1'49")

今回は2枚組で1,800円とかなりお手頃だったので躊躇せず購入しましたが、番組は5回程放送されたようなので、本盤よりコンディションの良い音源が出回ってる可能性は高そう。もしも明らかに違う、これよりも状態良しと思われる音源なり盤をお持ちの方いらっしゃいましたら、コメントお待ちしております m(_ _)m

西方徘徊 139:PAUL McCARTNEY『HOLA CUIDAD DE MEXICO!, HOLA CHILANGOS!!!』 2010年5月28日 メキシコシティ

3月28日アリゾナ州フェニックス/ジョビング・ドットコム・アリーナを皮切りにスタートしたUp And Coming Tour。ぽちぽちと追加される公演をこなしながら、残すところあと7公演となりました。

Sunday 28th March - Jobing.com Arena, Phoenix, Arizona, USA
Tuesday 30th March - Hollywood Bowl, LA, California, USA
Wednesday 31st March - Hollywood Bowl, LA, California, USA
Saturday 3rd April - Sun Life Stadium, Miami
Monday 5th April - Coliseo De Puerto Rico, Puerto Rico
Thursday 27th May - Foro Sol, Mexico City, Mexico
Friday 28th May - Foro Sol, Mexico City, Mexico
Saturday 12th June – RDS, Dublin
Sunday 13th June – Isle Of Wight Festival
Sunday 20th June – Hampden Park, Glasgow
Saturday 26th June – Millennium Stadium, Cardiff
Sunday 27th June – Hard Rock Calling, London
Saturday 10th July - AT&T Stadium San Francisco
Tuesday 13th July - Rio Tinto Stadium, Salt Lake City
Thursday 15th July - Pepsi Center Denver
Saturday 24th July - Sprint Center Kansas
Monday 26th July - Bridgestone Arena Nashville
Wednesday 28th July - Time Warner Cable Arena Charlotte

Sunday 8th August - Air Canada Centre Toronto
Monday 9th August - Air Canada Centre Toronto
Thursday 12th August - Bell Centre Montreal
Saturday 14th August - Wachovia Center, Philadelphia
Sunday 15th August - Wachovia Center, Philadelphia
Wednesday 18th August - CONSOL Energy Center Pittsburgh
Thursday 19th August - CONSOL Energy Center Pittsburgh

以前3月30日と31日のハウリッドボウル公演のオーディエンス音源盤を紹介しましたが、今回はこのツアー初となるサウンドボード音源を収録したブツを取り上げたいと思います。収録日は5月28日@メキシコ・シティ/フォロ・ソル・スタジアム。

3CD+2DVDのセットでCDには当日のライヴ全編と前々日、前日、当日のリハーサル(かなり仕上がっている20年ぶりの「Ebony And Ivory」が登場)やサウンドチェック、さらに27日の公演からメキシコ・シティ公演だけのスペシャル曲となった「Shine A Light In Mexico」と28日には演奏されなかった「Got To Get You Into My Life」「I'm Looking Through You」「Two Of Us」の3曲をオーディエンス音源で収録。といった具合に今回もディスクのスペースをフルに使い切るこのレーベルらしい盛り沢山仕様。ライヴ本編には数カ所音質が変化するところがありますが、これはひょっとしたらノイズなど瑕疵のあった部分を別マスターで補填したからなのかも知れません。

DVDはワイドスクリーンのプロショット映像でこちらも完全収録。ややブロックノイズの目立つ画像クオリティですが、大画面での鑑賞でもない限りストレスなく楽しめるんじゃないでしょうか。

  paul_mexico.jpg

今回は3CD、音源の方のみちょこっと触れてみたいと思います。購入してから20日以上経つんですが、映像の方は今のところまだ画質チェックのためにちょこっと見るにとどめてます。まずはじっくりと音源でイメージを膨らませてからいずれ映像へ。そんな楽しみ方が出来るのもこんな抱き合わせタイプならでは(その分値段は高めですけど)。なおCDのコンサート本編のソースとDVDのそれは同じものが使われています。というか映像の音声を単にCD化したというブートにありがちなパターンですね。

paul_mexico_cd.jpg paul_mexico_cd_r.jpg
 
「The End」をモチーフにした「introduction」に続いては、ビットレートを下げたことが原因?、高音域にシャリシャリしたノイズっぽさを感じますが、「Venus And Mars」のアコースティック・ギターの音色のきらきら具合はやはりサウンドボードならでは。短縮版の「Rock Show」がやはり残念ですけど「Jet」でのイントロの後に続く棚引くようなキーボードのサウンドの奥行き感はこれまたサウンドボードならではの妙味。

十代半ば、ステレオコンポを手に入れてから数ヶ月後に購入した『Venus And Mars』のLP。とその前に入手していた、日差しを眩しがるようなポールの表情が印象的な「ワインカラーの少女」のシングル盤。どちらも思い出深い一枚。スパニッシュを織り交ぜながらのMCで観客を沸かすポールが「Wingsの~」と告げ演奏するこの曲は、ポールのレパートリーの中でもやや異色と思えるルーズなリズムにブルージーなリフが乗る佳曲。ちなみにここで2度のギター・ソロを弾いているのはラスティではなくブライアン・レイ。

letting_go.jpg

コード進行、アレンジ共に見事と言うほかないウイングス時代のポールの最高傑作のひとつ「西暦1985年」はラスティ・アンダーソンが最高のソロを聴かせてくれる。

きっちりと練り固められたソングオーダーの中で、この日が初演となる曲がひとつ。まるで即興的に演奏される「Shine A Light In Mexico」。

他の会場での演奏とアレンジが変わった訳でなく、オリジナルのアレンジにかなり忠実に演奏される「And I Love Her」はラテンな風味混じり。この日の演奏はメキシコの空気によくお似合い。

ポールならではの「陽」のムードにウクレレが軽味をプラス。けどそこにはほろ苦さも。そんなところがとても気に入っているライブ音源や映像を通じてある時にわかに僕の中で存在感を増した曲「Dance Tonight」。口笛のソロはもちろんポール。

そして昨年ついに披露されたビートルズ・ナンバー「Ob-La-Di, Ob-La-Da」はこれが初のサウンドボードでしたっけ?。

という訳で、今回はこんな感じで。

西方徘徊 124:PAUL McCARTNEY 『Wings Flies Again!』 2010年3月30日, 31日 LA ハリウッド・ボウル

3月28日、アリゾナ州フェニックス公演を皮切りにスタートしたポール・マッカートニーの『Up And Coming Tour』。

今回はその2回目、3回目公演となったLAのハリウッド・ボウルでの演奏を4CDに渡り収録したタイトルを紹介します。

paul_hollywood_bowl_2010_a.jpg

このツアーの最大のキモは何と言ってもウィングス・ナンバーの大幅導入、とは少々言い過ぎか。でも1989-90年のワールドツアー以降、ここまでウィングス時代の曲が幅を利かせたことはなかった訳で、ビートルズ・ナンバーもあらかたやり尽くし、いよいよウィングスの番が回ってきたということなんでしょうね。

まずは『Wings Over America』を彷彿とさせる必殺メドレー「Venus And Mars~Rock Show~Jet」で幕を開けるというオドロキの展開。「Rock Show」が短縮版になっているのが残念ですが、”You've got Rock and Roll at the Hollywood Bowl♪” で会場が沸くところなんざ相当やかましい、もとい、なかなか感動的です。他にも今回が初演となる『Band On The Run』の「西暦1985年」、『Rubber Soul』の「君はいずこへ」や、34年ぶりに演奏される(違う?)「ワインカラーの少女」といった嬉しいサプライズもあります。

また、30日に演奏された「Got To Get You Into My Life」が31日には「Drive My Car」に、同様に「(I Want To) Come Home」が「幸せのノック」に、「君はいずこへ」と「Two Of Us」が「夢の人」と「And I Love Her」に、といった具合にこの2日間だけでも微妙にセットリストがいじられているんですね。

音質は音が近くて聴きやすい30日を★★★★(★★★★★☆を満点)とすると31日が★★★といった感じですかね。特に31日はやけにノリのよいオバチャン?のキャーキャー声がまぁやかましい(笑)。

それはともかく、この勢いでさらにウィングス・ナンバー、例えば「心のラヴ・ソング」「愛の証し」「あの娘におせっかい」といった嘗ての定番ナンバーやこれはウィングス名義じゃないけど「アンクル・アルバート~ハルセイ提督 」てなところをセットに組み込んで待望の来日決定!なんて妄想‥‥。公式サイトを見ると6月27日の”Hard Rock Calling”(一度行ってみたい)への出演まで決定しているようですが、秋口あたりにないかなぁ、来日。

では、まずは感動のオープニングから。30日の演奏がアブなっかしいのはご愛嬌。

西方徘徊 089:PAUL McCARTNEY 『Good Evening Berlin 2009』 2009年12月3日 ベルリン

オフィシャルであれ、ブートであれ、既に入手しているものと内容的に大きな違いが無いのに、こうして買い求めてしまうのは来日への願望ゆえなんだろうなぁ、ふとそんなことを思いながらポールのごく最近のライヴを収録したブツを購入してきました。12月3日、会場はベルリンのO2 World。曲中の欠けやノイズもなく当日のセットを完全収録しています。音質も典型的な今どきのデジタル・オーディエンス音源という感じでストレスなく聴けますね。

good_evening_Berlin_2009.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
547
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
58
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。