Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 150:QUEEN『Bootleg Race』1979年4月14日 武道館

キッスの次がクイーンだなんて、我ながらなかなか良い流れってか。

今回も桃印音源、それも昨年の暮れ27日にリリースされたばかりの出来たてほやほや盤(でもないか)を取り上げたいと思います。

7作目のアルバム『ジャズ』(1978年)を伴ってのツアー「QUEEN JAPAN TOUR '79」から2日目にあたる4月14日(土)武道館でのライブをオープニングSEから終演後の場内アナウンスまで完全収録。タイトルは『Bootleg Race』ときた(笑)。

4月13日 東京  日本武道館
4月14日 東京  日本武道館
4月19日 大阪  大阪フェスティバルホール
4月20日 大阪  大阪フェスティバルホール
4月21日 金沢  実践倫理記念会館
4月23日 東京  日本武道館
4月24日 東京  日本武道館
4月25日 東京  日本武道館
4月27日 神戸  神戸中央体育館
4月28日 名古屋 国際展示場
4月30日 福岡  福岡九電記念体育館
5月  1日 福岡  福岡九電記念体育館
4月28日 名古屋 国際展示場
5月  2日 山口  山口県立体育館
5月  5日 札幌  真駒内アイスアリーナ
5月  6日 札幌  真駒内アイスアリーナ

『ジャズ』リリース後のツアーとくればまず思い浮べるのが『ライブ・キラーズ』(以下LK)。日本に上陸する直前の欧州ツアー計28公演の中から選ばれた音源で構成されているグループ初の公式ライブ盤ですが、ということは今回のは選曲や演奏の違いなど、聴き比べ用としても楽しめるブツと言えそう。

録音されたのはステージ正面に位置する1階南スタンドの最前列。相変わらず真っ黄っ黄な嬌声がすごいけど、それに演奏音が意外な程ジャマされていないのはそんな好ポジションと優れた機材のおかげでしょうね。とにかく演奏音が近くウェルバランス。そして音像のスケール感やそれがもたらすインパクトのデカさで臨場感を欠いたミックスになってしまったLKを凌駕。ええいまどろっこしい、どっちによりアツくなれるかといえば僕は断然このブートの方だってこと。

という具合に今回もクオリティの高さは相当なものだけど、でも残念に思う点がないわけじゃなくて。まず所々で気になるおそらくイコライジングの過程で生じたと思われるちりちりとした高域の歪み。「Now I'm Here」で顕著です。そして他のタイトルでも見られたトラックの変わり目で生じる音量差が今回も数箇所で確認出来ちゃうこと。

bootleg_race.jpg

ライブはLK同様雷鳴のSEで幕を開け、高速版「We Will Rock You」で鋭いジャブをお見舞い。フレディとブライアンによる日本語のMCを挟みつつ、この頃になるとフレディの繰り出すフェイクにも風格が漂う「Somebody To Love」と初日に演奏された「Fat Bottomed Girls」に替わるジョン・ディーコン作の「If You Can't Beat Them」はLKには未収録。

LKではピー音で消されていた曲紹介中のmother f*****(3回も言うてるがな)もここでは当然無修正な「Death On Two Legs」。

「Love Of My Life」。LKではフレディが途中観客だけに合唱させる場面が登場しますが、ここ日本ではそれはまだおあずけ。

本音源のハイライトのひとつ、バンドが躍動しド迫力な勢いでもって畳み掛けてくる(厚みのあるバスドラ音に思わず耳をもっていかれちゃう)「It's Late」もLK未収録。

ごく大雑把に収録曲の相違を挙げるとこんな具合ですかね。

それにしてもクイーン良いなぁ、やっぱり。

演奏ももちろんだけど、まず曲がどれもホント素晴らしいもの。
スポンサーサイト

西方徘徊 088:QUEEN 『A Very Special Christmas : The Definitive Edition』 1975年12月24日 ロンドン

さあ、今日はクリスマスってことで。

で、こんな不景気でもアレですかね、シティホテルのレストランとか、バーなんぞはカップル達で賑わったりするんでしょうか。ま、どーでもいいけど。

一方、こちらは今日もブート紹介に務めますってか。で、どうせならってことでクリスマスにちなんだブツを選んでみました。今年の夏頃にいくつかまとめ買いしたクイーンブートのひとつで、これまで取り上げずにいたのはまるでこの日のために取っておいたみたいですがはいその通りです^^

queen_xmas.jpg

収録されているのは1975年のクリスマス・イヴ@ロンドンのハマースミス・オデオンのライヴ。クイーン好きにとっては何をいまさらって位の定番ソースでしょう。何たって過去にNHK BS2やWOWOWが放送したくらいですから。

で僕の場合、音源だけは随分前にネットから落としてCD-Rなんぞに焼いたりしてましたが、今回映像と抱き合わせにした2ディスク仕様(CD+DVD:どちらもプレス盤)が出ていたのを知り買い求めたのでした。果たしてDVDの方はそのWOWOWの映像が使われていましたが、残念なことに1曲目「誘惑のロックンロール」のイントロ部分が欠けています。

queen_xmas_DVD03.jpg

元々はBBCのRadio OneとBBC2 TVのThe Old Grey Whistle Testで放送されたもので、なんとどちらも生中継(!)だったそうな。なので音、映像共にオフィシャル級のクオリティ。で、CDは全曲収録(「誘惑のロックンロール」の入りがややフェイドイン気味)になってますが、DVDの方は58分の番組枠に収まらなかったロックンロール・メドレー演奏後の3曲「Seven Seas Of Rhye」「So What A Fool I've Been」「God Save The Queen」が未収録になっています。

ちなみに番組のオープニングから冒頭のイントロダクションを含む欠落部分についてはYouTubeに素晴らしいクオリティの動画が上がっていました(実際に放送されたものズバリでは無いかも知れません、特に番組のオープニング部分)。「Introduction~Now I'm Here」

ところで、当日はフレディとブライアンが酷い風邪っぴき、高熱をおしての出演だったそうで、けどそれを少しも感じさせぬあたりは流石アゲ調子のバンドの逞しさというか、湧き出るアドレナリンでもって難なく乗り切ってしまうと。実際フレディの声はよく出ているし、ブライアンも音を外すことなく弾きまくってます。

加えて客席の盛り上がりもかなりのもので、デビュー直後こそ日本が先行する形で人気に火が付いたとは言え、75年ともなると母国での評価も相当高かったことが窺い知れます(ちなみに英国では11月8日に「ボヘミアン・ラプソディ」が1位になっています)

queen_xmas_is.jpg

西方徘徊 078:QUEEN 『Operatic Ecstasy』 1976年3月31日 日本武道館

もひとつクイーンで行っちゃいます。先の1985年音源盤と同じ頃に買ったもので(リリースは5年程前:現在でも入手可能)1976年、6都市11回公演となった2度目の来日から3月31日の武道館公演(8公演目)を収録。このツアーはフレディのコンディションの悪さが目立ったといわれていますが、この日はそれを感じさせない充実した演奏が展開されています。

ソース自体は初出ではなく、過去に『Royal Opera Comes To Japan (2CD-R) 』というタイトルで出回ったものだそうですが、本タイトルの制作に使われたのはそのマスターテープらしく、既出盤にあったカット(箇所は不明)も無く過去最長収録になっているとのこと。

距離は感じるものの、各パートのバランスが良好かつ安定した「高音質」の部類に入るソースだと思います。ちなみに7月に出た極上音質盤『A Night At Boston』(日本ツアーの直前、21都市33回公演となった全米ツアーから1月30日の演奏を収録)の演奏から2ヶ月後ということで、セットリストがほぼ同じ顔ぶれになっていますね。※最後にボストンでは演奏されなかった(本ツアーでも武道館でのみ演奏されたとの説アリ)「See What A Fool I've Been」を収録しています。

opelatic_ecstasy.jpg

西方徘徊 077:QUEEN 『At Last Budokan : Original Master Cassette Version』 1985年5月9日 武道館

では前稿からの続きってことで、数ヶ月前にいくつか入手したクイーンのブートの中からひとつ紹介したいと思います。オーディエンス音源の最高峰クラスと言っても過言ではない抜群の音の良さで驚かせてくれた1975年ソースのコレをきっかけに、夏の一時期にわかマイブームになったクイーンのライヴ音源ですが、コチラは最後の来日となった1985年5月のツアーから9日の日本武道館公演を収録。リミッターがかなり効いてはいるものの、芯のあるドラムの音がとても嬉しい、輪郭のはっきりした音像と場内の興奮ぶりをうまく捉えた好ソースが使われています。

queen_at_last_budokan.jpg

西方徘徊 051:QUEEN 『Best Cologne 1974』 1974年12月6日 独ケルン

『Queen II』または3rd 『Sheer Heart Attack』をリリースした頃のライヴ音源でイイものがないだろうか、と思っていた矢先に某ショップが用意してくれた”2点購入特典” それが今回のお題です。

74年『Sheer Heart Attack』リリース後に行われたヨーロッパ・ツアーから12月6日ドイツ、ケルンでのライヴをオーディエンス・ソースにて収録。ちなみにこの日の演奏を収録した既発としてGypsy Eye盤(未聴です)がありますが、ショップのインフォによれば、”既発に比べ全体のサウンドが非常にクリアーに収録されており、ボーカ ルもギターも非常に聴きやすく、ストレス無く、この時期の貴重なクィーンのステージに接することができます。” また ”この時代、ここまで優れた録音でショウを完全収録しているテイクは皆無であり、本来ならこのままプレスCD化が相応しい大傑作テイクです。”とのこと。

この頃の音源をほとんど知らないので、その真偽の程は分かりかねるも、本音源で最も印象的なのが分離が良い上に音圧までしっかり感じさせるリズム隊の音。中でもべースの明瞭さは特筆に価するレベルで、幾度となく主役級に存在感をアピールする瞬間があったりします。それに比べるとボーカル、ギターはわずかに引っ込み気味。それでも全体的にはインフォにある通り、クリアでとても聴きやすい音源だと思います。

best_cologne_1974_A.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
589
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
51
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。