fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 153:RAINBOW『虹 -Foldback, Marshall Majors-』1976年12月7日 名古屋市公会堂

レインボーの76年初来日シリーズ。

遅まきながら今回より3タイトル続けて紹介したいと思います。全てタランチュラレーベル・桃印音源。

まずは7日の名古屋公演を収録した『虹 -Foldback, Marshall Majors-』です。

niji_76_nagoya.jpg

この日は元々既発が少なかったこともあり、過去に聴いた音源はひとつだけ。早速恒例の?「Kill The King」比べからどーぞ。

左:『虹 -Foldback, Marshall Majors-』 Tarantura TCDNIJIFUNE3-1, 2
右:『Someone's Calling My Name ~ Catch The NIJI』 N-001/002

  niji_76_nagoya_s.jpg catch_the_niji_s2.jpg

見通しの良い既発の音もナカナカのものですが、処度の虹盤は距離感や音圧、全体的な安定感でもってそれを凌駕。加えてその素性の良さ(マスターカセットのクオリティ)からイコライジングも他の虹盤より控えめにも感じられ(実際のところは不明)、76年もの桃印レインボーの中でも例えば12月14日の広島公演を完全収録した『極楽蝶』といった高音質盤に並ぶクオリティに仕上がっていると思います。

この日はリッチーがキレキレ!コージーもすっ飛ばしてるし、ロニーも初日に感じられた気負いがウソのよう。閃きに満ちたフレーズを繰り出してますね。

そんな「Kill The King」演奏後のロニーのMC。”ちょっと静かにしてくれるかい?” と語りかけ、 ”トミー・ボーリンに” (この3日前に急逝)と告げられ演奏される「Mistreated」もまるで間延びしたところを感じさせないシュアな演奏ぶり。中でも3'30"からのディレイ効果の操り具合が、そのまるでライン音源のような音のメリハリ具合も相まってか実に印象的。そしてそんな変幻自在なギターソロに続けて飛び出すあの後半のロニーのロングノート。声量がレコーダーの能力を超えてしまったのか? ややノイズを纏いながら上りつめていくその声の迫力たるや・・。

それにしても、リッチー、ロニー、コージーの三頭があたかも横一線で並びながらしのぎを削っているかのような音像バランスの素晴らしさ。がその中でも弾力感と抜けの良い音の厚みでもってバンドを推進させていくドラムサウンドが本音源最大のキモだと個人的には思います。

そして、ヘヴィネスとスピード感を両立させたコージーのドラムと、やはり閃光が走るが如く高速で舞う(フィンガリングの速さという意味でなく)リッチーのギターが抜群の相性でもって絡み合っていたからこそ、この特異なバンドサウンドは実現していたのだと。

niji_76_nagoya_is.jpg

てなわけで音質はかなーり上等。弱音部分でややヒスノイズが目立つかな、とか、中には頻発するものもあったトラックの切れ目のギャップが、今回はほとんど目立たないとは言えD1のtk17と18、tk21と22の間に生じているのは残念ですが、それでも桃印を代表するトップクラスの音源であることは間違いないと思います。なお、テープチェンジのタイミングはD1のtk16「Catch The Rainbow」とD2のtk10「Do You Close Your Eyes」の後だったようで、ジミーがメンバー紹介をするD1のtk17「Band Introduction」と D2のtk11「Over The Rainbow」のアタマがそれぞれ数秒ずつ欠落しています。

ちなみにジャケット内側のキャプションを見ると録音ポジションは2階の立見エリアだったようですね。マイク位置を普段よりも高めに設定出来たなどの録音上のメリットがあったのでしょうか。

Nagoyashi-Kokaido.jpg

Nagoyashi-Kokaido_02.jpg

【名古屋市公会堂】
1930年10月10日開館
大ホール収容人員:1,994人
 1階 972席(車椅子スペース 8席)
 2階 562席
 3階 452席

西方徘徊 152:RAINBOW『Tales Of The Rising Sun』1976年12月2日 東京体育館

久しぶりにレインボーの音源いきますね。先々週リリースされたばかりのブツです。

1976年12月2日 於:東京体育館。レインボー初来日ツアーの初日を初登場音源にて収録。睦月に相応しく初づくしでっせ。

この日については既にタランチュラがリリースした2つのタイトル『初陣』『虹船』を入手していたので正直買うのを迷ったりもしましたが、結局はこの「新登場テーパーによる新発掘音源」の殺し文句に負けてしまったのでした。

rising_sun.jpg

西方徘徊 046:RAINBOW 『初陣 Uijin'』 1976年12月2日 東京体育館

西方徘徊 128:BLACKMORE'S RAINBOW 『虹船 Legend Of The Additional Performance』 1976年12月2日 東京体育館

フェイドインで入ってくるオープニングSE「Over The Rainbow」はやや遠目。1曲目の「Kill The King」は音がくぐもったり揺れたりと不安定な箇所があるもののバンドの勢いと会場の興奮ぶりはダイレクトに伝わってきますね。

演奏後、ロニーが一度は次曲のタイトルをコール、リッチーもそれに応えるようにギターを鳴らすもアリーナの騒乱ぶりからライブは一時中断。その騒ぎを鎮めようと運営スタッフが冷静になるよう呼びかける、そのアナウンスを含むトラック2の1'22"から3'13"は既発音源による補填が施されているもよう。

聴き応え十分な「Mistreated」の熱演。特にロニーが気迫あふれる素晴らしい歌唱を披露してますが、緩急を自在に使い分けながらコチラのキブンを高揚させるリッチーの扇情的なソロもまた素晴らしい。

それにしてもやけに緊張感のある烈しいギター音。と感じるのは全体的にハイ上がりな録音(またはマスタリング)になっているせいかも知れません。それが波刃で斬りつけてくるような殺傷力の高いリッチーのギターサウンドにマッチしているせいか、思わずゾクッとする瞬間が幾度となく訪れます。

そんな観点から聴けば、弾力感のあるどちらかと言うと丸みを帯びた音像に仕上がっているこの日の決定版『虹船』より今回の音を好むという向きがあったとしてもおかしくはないし、実際に店頭でさわりだけ聴かせてもらった時には僕自身もそんな感想を持ったんですが、全編通して聴いた今では「より安定し完成度の高い」『虹船』の王座揺るがずといった印象ですね(それだけに数箇所の欠落→別音源での補填はともかく、マスタリングの結果生じたトラックの変わり目の音量ギャップが残念でならないんですけども)。

今回の新登場盤はメインソースに多くの欠落箇所があったとみえて、かなり手術痕が目立つ仕上がりになっています。しかも補填に使われたソースのひとつがブーミーで音割れの目立つものなので部分的にひどく聴き辛くなっている曲があるんですね。

例えば「Catch The Rainbow (15:48)」の3'22"~5'58"「Blues (3:07)」の1'05"~2'51"「Drum Solo (6:37)」のほぼ全編「Do You Close Your Eyes (9:51)」の5'03"~ なんてところがそうですが、中でもドラムソロの5'00"以降とDo You Close~後半の音割れはかなりキビシイものがあります。(個人的にスタゲが無事だったのは幸いでした)

rising_sun_is.jpg

西方徘徊 145:RAINBOW『Burbank Master』 1976年8月3日 カリフォルニア

先日取り上げた『Thunder Roar』がツアー初期の音源なら、同時再発されたコチラは「ツアー最終日」のそれ。

1976年8月3日、カリフォルニア州バーバンクにあるスターライト・ボウル(5,000人規模のキャパの野外ホール)でのライブです。

1976/06/11 Columbus Veterans Memorial Columbus, OH USA
1976/06/13 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/14 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/15 Allen Theatre Cleveland, OH USA
1976/06/17 Beacon Theater New York City, NY USA
1976/06/22 Hara Arena Dayton, OH USA
1976/06/24 International Amphitheater Milwaukee, WI USA
1976/06/25 Aragon Ballroom Chicago, IL USA
1976/06/26 Indianapolis, IN USA
1976/06/27 Orpheum Theater Davenport, IA USA
1976/07/02 Masonic Temple Rochester, NY USA
1976/07/03 Broadwalk Casino Arena Asbury Park, NJ USA
1976/07/08 SMU McFarlin Memorial Auditorium Dallas, TX USA
1976/07/09 Municipal Auditorium San Antonio, TX USA
1976/07/10 Music Hall Houston, TX USA
1976/07/15 Jai Alai Fronton Miami, FL USA
1976/07/20 St. Denis Theater Montreal, PQ Canada
1976/07/26 Civic Arena Pittsburgh, PA USA
1976/07/27 Market Square Arena Indianapolis, IN USA
1976/08/03 Starlight Bowl Amphitheater Burbank, CA USA

34年前の録音ながら抜群のコンディションで楽しませてくれた『Thunder Roar』。それに比べればクリア度、距離感など音質的には分が悪いものの、これとて録音時期を考えればかなりの高音質。各パートのバランス良好。中でもギターとボーカルがほぼ等分に存在感を示すあたり聴き応え十分です。

しかもこの日の演奏がまた上等。随所で切れ味の鋭いスリージーなソロを繰り出すリッチー、アドリブ度高め&フェイク多めのラフなアプローチが魅力的なロニー、そしてそんな二人に負けじとド迫力のビートを叩き出すコージー。この三頭が互いにしのぎを削り合うバトルモードを味わえるのがこの日。さすがにツアー最終日ともなれば、自ずと熱の入れようも違ってくるということか。

それだけに前回の『Thunder Roar』同様、またもやソッコーで完売してしまったのが何とも惜しい・・

と思いきや、何と本日9/21付にて再々発されることが決まったもよう。入手しそびれた人、良かったですね。

Burbank_Master_f.jpg

というわけで『Thunder Roar』つまり6月17日のニューヨーク:ビーコン・シアター公演から約1ヶ月半後のライブ。

この間、セットリストやアレンジ面での変化はあったのか?

個人的にはそこが最大のチェックポイントになるわけで。

burbank_master_is_2.jpg

西方徘徊 144:RAINBOW『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク

76年の来日音源を聴いたのをきっかけに再燃したレインボー熱。なんてまたもやどこぞかで目にしたような書き出し。

途中78年や80年の音源に寄り道しつつも、まぁそれなりに聴き進んできた76年音源ですが、どうせならもっと遡って追体験したい。というわけでライヴデビュー当時の良質な音源を探していました。

そこでまず入手したのが、2ndアルバム『Rising』のリリース半年前にあたる75年11月12日、NYのビーコンシアターでの演奏を収めた『Heavy Portrait』です。

ちょいとこの日のセトリを再掲してみます。

Live at Beacon Theater, New York, USA - 12th November 1975
01. Opening
02. Do You Close Your Eyes
03. Self Portrait
04. Sixteenth Century Greensleeves
05. Catch The Rainbow
06. Man On The Silver Mountain
07. Tony Carey Keyboard Solo
08. Stargazer
09. Still I'm Sad
10. Cozy Powell Drum Solo
11. Still I'm Sad (reprise)

この時点ではまだ開演を告げるドロシーのキュートな声も、終演後の「Over The Rainbow」も無く、後にギタークラッシュのテーマとしてアンコールで演奏される「Do You Close~」がなんと1曲目。そして続く2曲目、コージーが叩く1stアルバム収録曲「Self Portrait」があまりにも貴重過ぎる。

これ以外に聴いた日本上陸前のライヴ音源としては、公式にリリースされている76年9月ドイツでの4公演を除いては76年11月11日、豪シドニーでのライブを収録した『Sydney 1976』のみ。

このジャスト1年間の空間を埋めるピース、以前から聴きたいと思っていた『Rising』リリース直後のUSツアーの音源が2つ、どちらも廃盤になっていたものですが、半月ほど前に限定65セットにて同時再発されました。

■『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク:ビーコン・シアター公演を収録

■『Burbank Master』 1976年8月3日 カリフォルニア州バーバンク:スターライト・ボウル・アンフィシアター公演を収録

※共にAUD音源使用

そこで今回はまず『Heavy Portrait』の演奏からほぼ7ヶ月後、同じビーコン・シアターでの演奏を収録した『Thunder Roar』を取り上げたいと思います。

thunder_roar.jpg

メーカー曰く「登場後瞬く間に完売し」たとかで、聴けば確かにそれが頷けるハイクオリティぶり。2000人ほどのキャパのせいか、ギター、ボーカル(ジミーのコーラスも)、キーボードどれもかなりオン&クリアに捉えられています。一方、コージーのドラムがややオフ気味、全体的に軽めに聞こえるところが唯一物足りなさを残すかも。

では今回も私的聴きどころなんぞ。

西方徘徊 142:RAINBOW『第貳陣 -Captain Amazing & Mr. Cornflakes-』 1978年1月11日 名古屋

近頃すっかりブログの更新頻度低下中。それでも音楽は毎日それなりに聴いてるし、映像だってたまには観てる。なのに‥‥。なんて、その理由は自分でもよぉく分かってるんだけど。

twitter

ブログの記事を書くにあたって大なり小なり意識せざるを得ない「文章の構造化」ってやつ。僕の場合それがいつもままならずしょっちゅう自家中毒を起こしちゃうんだけど、だからなのか、そんなやっかいな段取り無しにふと思い浮かべたことを口走ってみたり(同好の士とブートについて語り合ったり)、この一言を発したいんだけどわざわざブログのネタにするのもどうか、なんて時に気軽に投稿(という語すら違うような)出来ちゃう軽さ、ユルさが今は何とも面白くて。

しかも自分にとって驚くほど有益な情報が得られる時もある。あとひょっとしたら(僕はまだ経験ないけど)憧れの有名人と直でやり取りする機会だってあるかも知れない。

ヽ(^^ヽ) (/^^)/ソレハサテオキ

さて、今回は久し振りに虹の音源でいってみたいと思います。購入から随分と経っちゃいましたが、ロニーがジャケを飾るタラの虹ブートはこれが初じゃないでしょうか。

mr_cornflakes.jpg

全10公演だった76年の初来日からさらにスケールを拡大しトータル16公演となった78年の再来日ツアー。その初日、1月11日の名古屋市公会堂公演を完全収録。以前記事にした24日の郡山市民会館公演を収録した『五人囃子 -Short But Hard And Heavy-』(Tarantura TCDNIJIFUNE78-11-1, 2)と同テーパーによる音源ですが音の感じは随分と異なります。そこはもう聴き比べてもらうのが一番、ということでまずはオープニングチューンの「Over The Rainbow~Kill The King」を。毎度のパターンですね。

とその前に、この78年のツアーで四人囃子と交互にオープニングアクトを務めたというコスモス・ファクトリーの当日の音源がYouTubeに上がっていました。ヤードバーズの「For Your Love」のカバーですが、途中で「Layla」のリフ、Zepの胸いっぱい~のソロ、BBAの「迷信」のリフなんぞがちらり顔を出します。



R:『五人囃子 -Short But Hard And Heavy-』 Tarantura TCDNIJIFUNE78-11-1, 2

mr_cornflakes_b.jpg goninbayashi_b.jpg


音質がどうのの前に、まずは同じツアーでもこうも違うというリッチーのアプローチに注目。イントロからして日替わり仕様なところが音源好きにはたまらない魅力だったりするわけですが、76年のそれまで遡ればさらに発見ありて楽しい。ベースとキーボードはメンツが変わっているから当然としても、コージーはよりタイトかつ速度3%増し(?)でビートを刻み、最後に”OH! KILL! OH! KILL! OH! OH!” とシャウトを決めるロニーも76年音源を聴き馴染んでいる耳には新鮮。

で音質ももちろん日替わり仕様。

各パートのバランスはすこぶる良好。郡山音源もかなりの高音質でしたがロニーの声がオフ気味なのがちと残念でした。が、今回の名古屋音源はそんなハードルも難なくクリア。音像の中心に立つロニーの姿はクッキリだし、ギターもKeyもかなり至近で鳴っているし「Long Live Rock 'N' Roll」や「Man On The Silver Mountain」でのボブ・ディズリーのコーラスがここまではっきり聴き取れるのも驚き。そしてそして個人的に強く反応したのがコージーのドラム。スコンカランとよく抜けるスネアの音が妙に心地良し。実はこの初日、どうもリッチーのノリが今ひとつな印象、いつものキレが感じられないんですが、そんな状態を知ってか知らずか、バンド丸ごと牽引していくかのようなコージーのシャープなドラミングがその抜けの良い音と相まってとても印象的なのです。

全体的に高域抑えめでややソフトフォーカス風な音像は大音量で鳴らしても耳に優しく(と書いてしまうあたりに感じる寄る年波)気持ち良く聴けますね。個人的にはこれまで買ってきた(記事にしてきた)虹ブートの中でも音質面ではかなり上位にくる好音源だと思います。

mr_cornflakes_is.jpg

from_here.jpg ジャケにあるテープ(今回もSonyのデュアド)を見ると録音場所は「2階あ列18番」つまり2階席の最前列、しかもど真ん中の通路側だったようです(左画像の矢印あたり)。

と今回も録音に適した絶好のポジションですが、つまり桃氏とはそういった席を確保出来る立場なり人脈を持った人ということなんでしょうね。

では、以下ライヴのその後の展開についてひとくさり。いやもうこのままアップしてしまおう(笑)。
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search