Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 164:BLACKMORE'S RAINBOW『Live In Osaka』 1976年12月8日大阪

いやぁ聴き惚れた。

いわゆるクリアな音とは違うし、雑味を感じはするものの、それでもこれ以上はなかなか望めないクラスの好バランスで耳に飛び込んでくる音の塊。残響の強さもここではむしろ聴感上の心地よさに繋がっているような。音像の奥行き感もいい感じです。

とにかく可能な限りの大音量で聴きたくなる。演奏自体はスリルを求めちゃうととちと物足りないのかもしれないけど安定度は高い。加えてオーディエンスノイズ、つまり熱狂している観客の騒乱ぶりに適度な距離が取られているため煩わしさを感じさせないのもこの音源の特筆すべきポイント。

その点では(ほとんどの桃虹音源に共通しているといえるけど)その場に居合わせたような臨場感よりも、演奏の内容を集中して味わうのに適しているといえそう。だからあとはもうひたすらその引き締まった音塊に気持ちよく身を委ねてしまえばいい。

というわけで、今回は1976年12月8日@大阪厚生年金会館、76桃虹9番目のタイトルを紹介します。

rainbow_76_12_8.jpg

この日については過去に2つの既発モノを取り上げていて、そこではこんなことを書いてました。

LH発の4CD仕様『Shadow Of The Wizard (Rising Arrow-038)』のDisc 1と2、12月8日の大阪厚生年金会館でのライブ。7日の名古屋公演を挟んだ、5日に続く大阪公演の2日目。翌9日には演奏されなかった(5日は演奏された)「Do You Close Your Eyes」で〆るセットリストです。

この日については以前既発盤『Lucifer Rising (Rising Arrow-010)』を取り上げたことがある ~略~ 音がこもりがちだった『Lucifer Rising』に比べると高域が伸びクリア度は上がっているものの距離はやや遠くなった印象。どちらが良い?には好き好き、と言いたいところですが、個人的には『Lucifer Rising』で本編終了後のアンコールを求める拍手から「Do You Close Your Eyes」~「Over The Rainbow」に使われている別ソースのシャリ感の強さがとても苦手。今後は今回買った『Shadow Of The Wizard』のみを聴くことになると思う(新タラが出るまでは、になるか?)。


新タラが出るまでは・・・まさしくその通りの結果に。聴き比べてみれば演奏音の存在感が圧倒的に違うことを痛感。それでも既発の長所を挙げるとすれば、桃印ではテープチェンジのタイミングで欠落してしまった「Catch The Rainbow」演奏後のロニーの「アリガト!」が聞けること位かしらん・・・(決して悪くはないんだけど)。


左:『Shadow Of The Wizard』 Rising Arrow-038
右:『Live In Osaka』 Tarantura TCDNIJIFUNE-4-1, 2

さて、今回はいつもとは趣向を変え、この日実際に現場で5人の繰り出す演奏を目撃している方に記憶をまさぐってもらいコメントをいただくことが出来たので、そちらを元にお送りしてみたいと思います(いきなりの他力本願モード!)。

全10公演中の3番目(大阪3デイズ初日)。2,400人の観客が詰めかけた中、ステージに姿を現したメンバー達がそれぞれにモニターの返りをチェック。あのお馴染みの進軍ラッパのようなフレーズで準備OKを告げるリッチー。そして上がる開演の狼煙。「虹の彼方に」そして未発表曲「Kill The King」がスタート・・・
スポンサーサイト

BLACKMORE'S RAINBOW 『1st Landing Japan 1976』ギターケース型BOX 限定200 シリアルNo入り


男は黙って箱モノ(笑)

1st_Landing_Japan_1976_a.jpg

1st_Landing_Japan_1976_d.jpg

2nd『虹を翔る覇者』と1st『銀嶺の覇者』のジャケのデザインがお出迎え

1st_Landing_Japan_c.jpg

1st_Landing_Japan_1976_Tokyo.jpg

12月2日(火) 東京体育館 『虹船 Legend Of The Additional Performance
TCDNIJIFUNE-1-1, 2

♪MERRY CHRISTMAS♪(そして頂上対決)

♪MERRY CHRISTMAS




Live at Nippon Budokan, Tokyo - 16th December 1976 Evening Show

左:『雷神 Risin' : The Bootleg Hall Of Fame Anniversary Edition』 Tarantura TCDRAINBOW-1-1,2 (Fame) 

右:『虹の彼方に~The Closing Night』 Tarantura NIJIFUNE-10-1, 2

西方徘徊 159:BLACKMORE'S RAINBOW『破壊者は西へ:The Destroyer In The West』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

先の78ベック&スタンリーと一緒に入手したブツいきます。

徐々に、しかし確実に「決定版」の勢力図を塗り替えてきた新タラ桃印の76レインボーからまたもや新たな音源が登場。

12月5日(日)@大阪厚生年金会館大ホール 開演時間:1:00pm(これは知らなかった)
この日の演奏を一言で表すとすれば「堅実」。じゃロックっぽくないか。しかしそれがやがて狂気を孕んだ破壊劇へ。最後の「Do You Close Your Eyes」でのギタークラッシュはその音の良さと相まって強烈な印象を残します。一説によるとこの日は終演後のリッチーの機嫌がえらく悪かったそうで、その理由や如何に? 演奏の内容が文句無しに素晴らしいので?だったりしますが、ちなみに公式ライブ用にレコーディングされていたこの日の演奏は全てボツになってしまったそうな・・

トラック1は開演直前のマイク&キーボードのサウンドチェックの音にかぶる場内アナウンス。途中でカットアウトしますがそれでもあえて収録したのはそのドキュメント性を重視したからでしょうね。続くトラック2では既に会場のボルテージがかなり上がっていることがハッキリと伝わってきます。熱いね、大阪。

演奏音は全体的に重心が低めで厚みを感じさせるもの。メンバーが皆爆音で攻めているところでは音が飽和状態に達してしまいパートの分離が悪くなってしまうものの、不思議とノイズっぽさを感じさせない。個人的にはドラムスの弾力感のある音が今回もバンド全体の躍動感に一役買っていて嬉しいです。

テープチェンジはD1 tk13「Catch The Rainbow」の終演直後(そのため演奏後のメンバー紹介(tk14)からロニーとコージーが漏れてます)とD1 tk20「Man On The Silver Mountain」のやはり演奏直後。短時間でB面の録音を切り上げ、続くメドレー的に展開される後半の流れには新たなテープで対応しているもよう。初日のエラーを2日目でしっかりクリアしてくるあたり、やはりサスガという他ないです。

destroyer_in_the_west_is.jpg
”2階K列35番(最前列のほぼ中央)”

今回は毎度の「Kill The King」と他に尺の長いところをいくつかアレしてみました。

ちなみにこの日の既発盤からも同じ曲の試聴が出来るようにしてみたのでよかったら聴いてみて下さい。

西方徘徊 104:BLACKMORE'S RAINBOW 『Hail To The King』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

西方徘徊 157:BLACKMORE'S RAINBOW『Miami Wizard』1976年7月15日 マイアミ

へっ、へっ、へっぴしっ。

本日、花粉戦本格開幕

と来年の参考用にここに記しておこう。

さて今回は、

かなり前に入手しながら、未聴のまま放ったらかしにしていたレインボーの音源。例の西新宿7丁目1番地にあるショップが2点購入のオマケとして用意してくれたブツですが。

2ndアルバム『Rising』リリース直後のUSツアーから1976年7月15日のマイアミ公演を収録。

1976/06/11 Columbus Veterans Memorial Columbus, OH USA
1976/06/13 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/14 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/15 Allen Theatre Cleveland, OH USA
1976/06/17 Beacon Theater New York City, NY USA
1976/06/22 Hara Arena Dayton, OH USA
1976/06/24 International Amphitheater Milwaukee, WI USA
1976/06/25 Aragon Ballroom Chicago, IL USA
1976/06/26 Indianapolis, IN USA
1976/06/27 Orpheum Theater Davenport, IA USA
1976/07/02 Masonic Temple Rochester, NY USA
1976/07/03 Broadwalk Casino Arena Asbury Park, NJ USA
1976/07/08 SMU McFarlin Memorial Auditorium Dallas, TX USA
1976/07/09 Municipal Auditorium San Antonio, TX USA
1976/07/10 Music Hall Houston, TX USA
1976/07/15 Jai Alai Fronton Miami, FL USA
1976/07/20 St. Denis Theater Montreal, PQ Canada
1976/07/26 Civic Arena Pittsburgh, PA USA
1976/07/27 Market Square Arena Indianapolis, IN USA
1976/08/03 Starlight Bowl Amphitheater Burbank, CA USA

miami_wizard.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。