Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 001:LED ZEPPELIN 『One Night Stand In Paris』1969年10月10日 パリ

3桁とは随分と大きく出たもので(苦笑)。

さて、孤高のロック・バンドといえば、まずはレッド・ツェッペリン。大味との向きもありましょうが、それすなわち破格のスケールとエネルギー。ひとりひとりが既に相当レンジが広く、そんなメンバー達が有能なリーダーの旗振りの元、有機的に結合してしまったところにこのグループの凄みはある訳ですが、とにかく「巨大」という言葉がこれほど似合うグループ、他に思い当たりません。で、大きいといえば、ドラマーのジョン・ボーナム。ブルースブレイカーズ出のこちらも相当にパワフルなドラマー、キーフ・ハートレイが著書『ブリックヤード・ブルース』の中で彼のドラミングについて回想しています。

1969年のスカンジナビア・ツアーとのことなので、おそらく3月15日から17日に行われたデンマークでの4回のライヴのことでしょう。ここで対バンを組んだ(というか前座?)のがキーフ・ハートレイ・バンド。曰く、とにかく驚いたのがジョン・ボーナムの音量で、あれほどハードに叩くドラマーは空前絶後だと。同時代を生きたミュージシャンが同じ楽器を演奏するミュージシャンを評する言葉は読んでいて面白いですね。ちなみにその著書(イアン・サウスワース氏が聞き取りをしながら著したいわば"共著"本ですが)ではロバート・プラントを全く評価していないのもある意味興味深い。

さて、孤高だと思うのは何もスケールの大きさだけではありません。10年以上活動したビッグネームの中で、発表全作品の中に他者の匂いがこれほど希薄なグループも珍しい。バンド内に優れたプロデューサーが居て(ここが最も大きなポイントですよね)、ゲストの参加は数えるほどです。そして解散まで一切のメンバー変更なし。ライブだって基本4人で切り盛りしました。ツェッペリンとしての活動期間に限定してファミリー・ツリーを作ってみたら、かなりシンプルなものになるんじゃないでしょうか。

さて、その豪腕ドラマー、キーフ・ハートレイも兜を脱いだという、希代のハード・ヒッターを擁する孤高のグループがデンマークでのライヴから7ヵ月後の10月10日、フランスはパリのオリンピア劇場で行った演奏を収録したCDが装い新たにリリースされました。ひょっとして曲数増えてる?と期待しましたがその点は変更ナシ。ここに収録されている音源以外に1時間半のマスターテープが存在しているとの噂があるようで(マジで?)ということは以前からカットが確定している「モビー・ディック」以外にも演奏されていた曲があるということになります。そりゃ少なくとも「胸いっぱいの愛を」は演っているでしょ、とは思うんですが。

one_night_stand_in_paris.jpg
スポンサーサイト
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
589
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
51
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。