Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年年歳歳

当ブログを開設して10日になろうとしています。この間お越し下さった方々、どうもありがとうございました。

これからも少しずつ歩を進めていきたいと思いますので、またお立ち寄りいただければ幸いです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎え下さい。

kyoro.jpg
スポンサーサイト

西方徘徊 001:LED ZEPPELIN 『One Night Stand In Paris』1969年10月10日 パリ

3桁とは随分と大きく出たもので(苦笑)。

さて、孤高のロック・バンドといえば、まずはレッド・ツェッペリン。大味との向きもありましょうが、それすなわち破格のスケールとエネルギー。ひとりひとりが既に相当レンジが広く、そんなメンバー達が有能なリーダーの旗振りの元、有機的に結合してしまったところにこのグループの凄みはある訳ですが、とにかく「巨大」という言葉がこれほど似合うグループ、他に思い当たりません。で、大きいといえば、ドラマーのジョン・ボーナム。ブルースブレイカーズ出のこちらも相当にパワフルなドラマー、キーフ・ハートレイが著書『ブリックヤード・ブルース』の中で彼のドラミングについて回想しています。

1969年のスカンジナビア・ツアーとのことなので、おそらく3月15日から17日に行われたデンマークでの4回のライヴのことでしょう。ここで対バンを組んだ(というか前座?)のがキーフ・ハートレイ・バンド。曰く、とにかく驚いたのがジョン・ボーナムの音量で、あれほどハードに叩くドラマーは空前絶後だと。同時代を生きたミュージシャンが同じ楽器を演奏するミュージシャンを評する言葉は読んでいて面白いですね。ちなみにその著書(イアン・サウスワース氏が聞き取りをしながら著したいわば"共著"本ですが)ではロバート・プラントを全く評価していないのもある意味興味深い。

さて、孤高だと思うのは何もスケールの大きさだけではありません。10年以上活動したビッグネームの中で、発表全作品の中に他者の匂いがこれほど希薄なグループも珍しい。バンド内に優れたプロデューサーが居て(ここが最も大きなポイントですよね)、ゲストの参加は数えるほどです。そして解散まで一切のメンバー変更なし。ライブだって基本4人で切り盛りしました。ツェッペリンとしての活動期間に限定してファミリー・ツリーを作ってみたら、かなりシンプルなものになるんじゃないでしょうか。

さて、その豪腕ドラマー、キーフ・ハートレイも兜を脱いだという、希代のハード・ヒッターを擁する孤高のグループがデンマークでのライヴから7ヵ月後の10月10日、フランスはパリのオリンピア劇場で行った演奏を収録したCDが装い新たにリリースされました。ひょっとして曲数増えてる?と期待しましたがその点は変更ナシ。ここに収録されている音源以外に1時間半のマスターテープが存在しているとの噂があるようで(マジで?)ということは以前からカットが確定している「モビー・ディック」以外にも演奏されていた曲があるということになります。そりゃ少なくとも「胸いっぱいの愛を」は演っているでしょ、とは思うんですが。

one_night_stand_in_paris.jpg

達郎さん只今ツアー中!

大阪フェスティバルホールの閉館が今回のツアー実現の最大の動機だったという、山下達郎6年ぶりの全国ツアーも年内に4本組まれていた大阪フェス分を昨日終了。年明けは11日の長崎から再スタートになります。大阪どうだったでしょうか。「場のチカラ」が加わって、より一層素晴らしいコンサートになったのでは、と想像しますが、閉館についてどんなコメントがあったのか、少々気になるところではあります。

今回のツアーから一部メンバーの交替がありました。アジア各地でも活動しているMISIAのツアーメンバーでもある青山純(ds)、重実徹(key)両氏がスケジュールのバッティングを理由に離脱。これが達郎サウンドにどんな変化をもたらすか?特に1979年からずっとベースの伊藤広規氏と共に達郎サウンドを支えてきた青山氏不在による影響は大きいはず。不動のメンバーと思っていたんですけど、こんなこともあるんですね。

新たに達郎バンドという虎の穴に身を投じられたのは、かつてギターの佐橋佳幸氏とUGUISSというバンドで共に活動していた柴田俊文氏(key)と、弱冠24歳にして山下洋輔ニューカルテットのメンバー(!)という小笠原拓海氏(ds)のお二人。24歳で達郎バンドのメンバーかぁ。

FC会報に掲載されている達郎さんへのインタビューによると、2年半ほど探し回ってようやく見つけ出したメンバーだそう。また、このメンバー交替が「かなりいい意味での進化が期待出来る」とのたまってらっしゃる。なおそのインタビューには20代のメンバーと組んでツアーをしているポール・マッカートニーやジェフ・ベックへの言及もあります。ううむ、これでライヴへ行く楽しみがますます増えました。

僕は4月の横浜に行く予定です。千秋楽北海道の前ですから、バンドも十分練りあがって(疲れて?イヤイヤ)、高次元で展開される予定調和と刺激的なインプロヴィゼーションを満喫できることでしょう。そして何より身体全体で発しているかのような、あのビリビリくるヴォイス。う~ん、楽しみです、ナマタツ。


【Tatsuro Yamashita Performance 2008-2009】

山下達郎 vocal, guitar, keyboard etc.
土岐英史 saxophone
伊藤広規 bass
難波弘之 keyboards, piano
佐橋佳幸 guitar
佐々木久美 chorus
国分友里恵 chorus
三谷泰広 chorus
柴田俊文 keyboards
小笠原拓海 drums

tatsuro.jpg

Happy Christmas Day!!

今年のクリスマスは平日なのでもちろん仕事。で、休みに入る前に片付けなければならないことが山積しているんですが、イヴの昨日は終日過酷な肉体労働でいや~な汗をかきました。そういえば移動の車中ではFMを流していたんですが、かかる曲のほとんどがクリスマスソングでしたね。

で、我が家のリビングにもこの季節になるとクリスマスソングが流れたりします。思いっ切りベタな選盤ですが『A Christmas Gift For You from Phil Spector』や『The Beach Boys' Christmas Album』、他にはカーペンターズの『Christmas Portrait』あたりが定番というか、家族の誰にもヒンシュクを買わない安心盤というか。

ところが、これらクリスマス・ソング集の傑作以上に家族の評判が良くヘビロテになるのが実はコレでして。

『Season's Greetings - another edition』(笑)

01. Acappella Variation On A Theme By Gluck
02. My Gift For You
03. Blue Chirstmas
04. The Christmas Song
05. O Come All Ye Faithful
06. Bella Notte
07. Have Yourself A Merry Little Christmas
08. We Wish You A Merry Christmas
09. Jingle Bell Rock
10. Angel
11. So Much In Love
12. Remember Me Baby
13. Angels We Have Heard On High
14. Be My Love
15. Smoke Gets In Your Eyes
16. Blue Velvet
17. Chapel Of Dreams
18. Gloria
19. Just A Lonely Christmas
20. Their Hearts Were Full Of Spring
21. It's All In The Game
22. When You Wish Upon A Star
23. O Little One Sweet
24. Silent Night
25. White Christmas
26. Christmas Eve

全曲、山下達郎。山下達郎づくし。ワタクシ渾身の2005年編集盤(CD-R)です。曲順にかなり悩みましたが、その分思い入れも強いワケで。

元ソースは『On The Street Corner』全3作品や『Season's Greetings』、それにオフィシャル・ファンクラブの季刊会報のWinter号に付いてくるシングルCDなど。ちなみに『クリスマス・イブ』は2003ニュー・リマスター盤、「When You Wish Upon A Star~星に願いを~」はアルバム『Sonorite』のバージョンを使い、全体のレベルを整える程度のなんちゃってマスタリングを施しています。

tatsuromania.jpg
山下達郎FC会報『TATSUROMANIA』 Winter号

ところで、先日届いた2008 Winter (No.68)の付録CDはクリスマスソングではなく、オフィシャル・ファンクラブ10周年を記念したファンクラブの集い "Tatsuro Yamashita Official Fan Club 10th Anniversary Meeting 2003" で演奏された「モーニング・シャイン」でした。

"Tatsuro Yamashita Official Fan Club 10th Anniversary Meeting 2003"
山下達郎 vocal, guitar
伊藤広規 bass
難波弘之 acoustic piano & keyboards

さて、こちらは先週台湾出張の際に立ち寄った地上101階の高層ビル、
台北101のクリスマス・デコレーションです。では、良いクリスマスを!

 merry_christmas.jpg

はじめまして

厚生労働省が発表した平成19年簡易生命表によると、日本人男性の平均寿命は79.19年なのだとか(ちなみに女性は85.99年)。「人生80年」なるほど。ということは、僕の場合既に折り返し点を過ぎて数年が経っちゃっているわけで。だからといって無闇に焦ることもありませんが、まぁそんな齢ですから、時には自分の人生の来し方と往く末に思いを馳せたりもします。どうせなら幕引きのその時に心から「良い人生だった」と言える生き方がしたい、といきなり結論めきますが、そんなことをつらつら思ったりもします。

自分にとってとても大切、ずっと身近に置いておきたい、そんな物事との関わりを綴っていきたいと思っています。あと、年々出不精がひどくなってきている気がするので、ブログを持つことで生活にメリハリが付くことにも期待したりして。とにかくヒマが出来るとつい無為に時間を過ごしちゃう悪癖をなんとかしなきゃいけません。

とまぁ、そんなあれやこれやを含みつつ、まずはあまり力まずに始めてみたいと思います。当面は趣味(特に音楽)の話題が中心になると思いますが、時々気の向いた時にでもお立ち寄りいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

4個の口内炎がわずらわしい冬至の日に

kyoro.jpg  
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
12 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。