Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・西方徘徊 004:THE WHO 『Woodstock 1969 Extended Version』

前回は映像版ウッドストックの内容を検証してみましたが、今回は音源の方をチェックしてみたいと思います。

フーのウッドストック音源の(現時点での)決定版はズバリどれ?

まずは当日のセットリストを再掲。

Sunday August 17, 1969
Woodstock Music & Arts Fair, Max Yasgur's Farm, Bethel, New York
01. Heaven And Hell
02. I Can't Explain
03. It's A Boy
04. 1921
05. Amazing Journey
06. Sparks
07. Eyesight To The Blind (The Hawker)
08. Christmas
09. The Acid Queen
10. Pinball Wizard
11. Do You Think It's Alright
12. Fiddle About
13. There's A Doctor
14. Go To The Mirror
15. Smash The Mirror
16. I'm Free
17. Tommy's Holiday Camp
18. We're Not Gonna Take It
19. See Me, Feel Me
20. Summertime Blues
21. Shakin' All Over
22. My Generation/Improvisation

この全22曲を「ほぼ」完全収録したタイトルが、僕の知る限りではこの2つ。

woodstock_1969_kf.jpg
『Woodstock 1969』 Killing Floor KF 98009/10
サウンドボード音源収録 プレス2CD ボーナストラック入 紙ジャケット仕様

violent_side.jpg
『The Violent Side: Live At Woodstock Festival 1969』 
Countdown Factory CDF-942006A/B
サウンドボード音源収録 プレス2CD ボーナストラック入

両タイトルとも同じソースを使用していて、音質差も注意して聴かなければ分からない程度。Disc 2の空きスペースにはボーナストラックとして1971年4月、ロンドンのヤング・ヴィック・シアターでの演奏が収録されています(こちらも同じソースを使用)。つまりこの2タイトル、見た目は違えど中身は同じ、ということになります。

そして前述の「ほぼ完全収録」の理由ですが、それが「We're Not Gonna Take It」の”See Me, Feel Me”パートの5'56"後にある数秒間の欠落。これは惜しい。

Disc 1
01. Heaven And Hell
02. I Can't Explain
03. IT's A Boy
04. 1921
05. Amazing Journey
06. Sparks
07. Eyesight To The Blind (The Hawker)
08. Christmas
09. The Acid Queen
10. Pinball Wizard
11. Do You Think It's Alright?
12. Fiddle About
13. There's A Doctor
14. Go To The Miror
15. Smash The Mirror
16. I'm Free
17. Tommy's Holiday Camp
18. We're Not Gonna Take It

Disc 2
01. Summertime Blues
02. Shakin' All Over
03. My Generation

Bonus Tracks
4. Getting In Tune
5. Bargain
6. Pinball Wizard / See Me, Feel Me / Baby Don't You Do It

この年、ヤング・ヴィック・シアターでのライブは計7回行われていますが、4月は26日の1回のみ(前日25日にリハが行われています)。この日の演奏については、まず1988年に「Won't Get Fooled Again」の再発シングルが切られた際のボーナス曲として、即興で演奏されたというラリー・ウィリアムスの「Bony Moronie」が、その後1994年に出た4CD BOX『Thirty Years Of Maximum R&B』に「Naked Eye」(「Bony Moronie」もコチラに再収録)、1995年『Who's Next』のリミックス&リマスター盤に再度「Naked Eye」と「Water」が、そして2003年の『Who's Next (Deluxe Edition)』リリースの際、ボーナスディスクに計14曲が一挙収録されました。しかしこの時点でも6の「Pinball Wizard / See Me, Feel Me / Baby Don't You Do It」は公式には未発表。ということで、上記の2タイトルはこの点においてもまだ価値あるブツと言えそうです。

とは言え、このヤング・ヴィックでのライブをメインに収録したブートも存在し、その中には興味深いリハーサル音源を収録したものもあります。次回は整理を兼ねてこのあたりを紹介してみましょうかね。

さてウッドストックにハナシを戻しますが、前回取り上げたジョアンナの3枚組拡張盤(1CD-R+2DVD-R)のCD-R、こちらはDVD-Rの音源をリマスターしたものを収録したようで、Disc 2のDVD-R同様、「Shakin' All Over」が未収録のほか、5曲に欠落部分があり、またマスターをデジタル変換する際に入ったと思われるノイズが「Summertime Blues」と「My Generation」に入ってしまっています。

この点、音源と映像を別物として切り分けてもらえると良かったんですが、これではせっかくの拡張版がいかにも水増し的で残念。個人的にはボーナスDVD-Rを外してでも音源の充実を目指してもらいたかったですね。

woodstock_1969_extended_s.jpg
『Woodstock 1969 Extended Edition』
Johanna Pictures JPD-250 1CD-R (+2DVD-R)

もうひとつ、こちらは海外製のタイトルです。やはりサウンドボード音源収録で、曲の欠けはありませんが、全体的にピッチが早く、S/Nも悪い。

starring_the_who.jpg
『Starring The Who?』 Silver Rarities SIRA 63 プレス1CD

というわけで、現時点でのウッドストックの決定版はCDでは前述の2タイトル、映像版はジョアンナ・レーベルのDVD-Rタイトル(下の画像)ということになりそうです。ちなみに、現在でも入手しやすいCDタイトルはKilling Floor盤の方。DVD-R版は西新宿のショップで容易に入手が可能です。

woodstock_1969_ee.jpg
『Woodstock 1969 Extended Edition』 
Johanna Pictures JPD-250 1DVD-R
スポンサーサイト

西方徘徊 005:OASIS 『Carnival Of Lightning』2008年10月26日ロンドン

今回は比較的新しめなお題で。

今年最初に買った裏ブツです。既に映像がいくつかのレーベルからDVD-Rで出ていましたが、ようやくプレス盤仕様登場と相成ったので入手してきました。同日の演奏(と新作のCMやインタビューなどのボーナストラック)を収録したプレスCD(2枚組)付。

carnival_of_lightning.jpg

”BBC Electric Proms 2008”
Roundhouse, Camden, London - 26th October 2008

Disc 1: Broadcast on BBC Radio 1 (Sky Digital) Track 1&2 from BBCi
01. BBC Electric Proms Jingle
02. Announced by Edith Bowman
03. Fuckin' In The Bushes
04. Rock 'n' Roll Star
05. Lyla
06. The Shock Of The Lightning
07. Cigarettes & Alcohol
08. The Meaning Of Soul
09. To Be Where There's Life
10. Waiting For The Rapture
11. The Masterplan*
12. Songbird
13. Slide Away
14. Morning Glory
15. Ain't Got Nothin'
16. The Importance Of Being Idle

Disc 2
01. I'm Outta Time*
02. Wonderwall*
03. Supersonic
04. Don't Look Back In Anger*
05. Falling Down
06. Champagne Supernova*
07. I Am The Walrus*
*with Crouch End Festival Chorus

Bonus Tracks
08. "Dig Out Your Soul" CM 1
09. Interview 1
10. Interview 2
11. DJ Intro
12. I'm Outta Time
13. DJ Outro "Rewind@Noon with Oasis!" (Podcast), 98.7FM, Los Angeles, 26th November 2008
14. "Dig Out Your Soul" CM 2
15. The Shock Of The Lightning (Primal Scream Remix)

DVD
Broadcast On BBCi & BBC2 (BBCi + BBC2 Hybrid Version)
01. BBC Electric Proms Jingle
02. Announced by Edith Bowman
03. Fuckin' In The Bushes
04. Rock 'n' Roll Star
05. Lyla
06. The Shock Of The Lightning
07. Cigarettes & Alcohol
08. The Meaning Of Soul
09. To Be Where There's Life
10. Waiting For The Rapture
11. The Masterplan*
12. Songbird
13. Slide Away
14. Morning Glory
15. Ain't Got Nothin'
16. The Importance Of Being Idle
17. I'm Outta Time*
18. Wonderwall*
19. Supersonic
20. Don't Look Back In Anger*
21. Falling Down
22. Champagne Supernova*
23. I Am The Walrus*
*with Crouch End Festival Chorus

2008年10月26日、ロンドンのラウンド・ハウスで行われたBBC Electric Proms 2008の最終日にヘッドライナーとして出演した模様を収録。CDの方はややダンゴ状ながら(というかそれがこのグループのサウンドの特徴?)良好な音質で収録されています。DVDの画質・音質も良し。新曲の演奏振りもそうですが、ここでの目玉はやはりクラウチ・エンド・フェスティヴァル・コーラス(総勢50人)との共演でがしょう。

元々この両者、新作『Dig Out Your Soul』で共演する予定が、スケジュールの都合が合わず断念。また、オアシス側からストーンズの「We Love You」のカヴァー共演を匂わせる発言があったようですが、そちらも実現とはいかなかったようですね。がしかし、期待に違わない壮大な演奏を聴かせてくれています。

白眉は最後の2曲。特にラストの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が強烈。過去に幾度と無く演奏されてきた曲ですが、僕の聴いてきた限りにおいてはこのテイクが最高。細かなニュアンスより一丸となって押し進む音圧重視といった感じか。バンドのテンションも高く、コーラス隊との相性も良い。いよいよエンディングに差し掛かったところで、混沌の度合いを深めるバンドの演奏に被る第九の「歓喜の歌」、そして「へルター・スケルター」のフレーズ。凄いぞ。


carnival_of_lightning_back.jpg
『Carnival Of Lightning』
Bayswater bw-10/11/12 
ステレオ・サウンドボード音源&プロショット映像収録
プレス2CD+プレス1DVD 

西方徘徊 004:THE WHO 『Woodstock 1969 Extended Version』

昨年末にガンズ・アンド・ローゼズのDVDと一緒に手に入れたのがコチラ。2008年最後に買ったブツです。

woodstock_1969_extended.jpg

1969年8月17日、あのウッドストック・フェスティヴァルでの演奏を収録。同レーベルが既にリリースしていたDVD-Rのタイトルにボーナス盤を2枚付け豪華版化し発売されたものです。プレス盤仕様でないのが残念ですが、3枚組の内訳はこんな具合。
  • Disc1 新たにリマスターされたサウンドボード音源を収録したCD-R
  • Disc2 ピート側のステージ袖から撮影されたプロショット・モノクロ映像とオフィシャルのカラー映像(「My Generationはオフィシャル未発表のカラー映像」)をミックスしたDVD-R(約63分)。音源はDisc1と同じサウンドボード録音。現在のところ「映像としては」収録時間最長の決定版。ちなみに同レーベル既発の1DVD-Rタイトルと内容は同一(レーベル面の印字は異なる)
  • Disc3 1969年8月26日と28日にドイツのTV番組「Beatclub」用に撮影されたトミーのプロモーション映像(ライヴ演奏ではなくマイム)を収録したDVD-R(モノクロ約33分)。
既発のDVD-Rタイトル(上記Disc2と同内容)
woodstock_1969_ee.jpg
『Woodstock 1969 Extended Edition』 Johanna Pictures JPD-250

Disc1については、他に3タイトルばかりこの日の音源を収録したブートがあるので、いずれそれらとの比較をしてみたいと思いますが、まずは映像版ウッドストックの中身を吟味してみたいと思います。

当のメンバー達にとっては満足のいくものではなかったようですが、いやいや凄い演奏だと思うけどねコレ。

大部分がピート・タウンゼントを捉えたショットなので余計そう思えるんでしょうが、とにかくその存在感がハンパ無し。風車ピッキングやジャンプなど、感情の向かうままに繰り出す派手なアクションの数々。右手の親指を赤く腫らしながら腕をぶん回し続ける姿なんぞ鬼気迫るものがあります。また、クールを装いながらも?狂気が垣間見えるギタースマッシュのシーンもインパクト大。

下に当日のセットリストを書き出してみましたが、フェスでの演奏なのでいくつかの定番曲を省いた『トミー』中心のセットになっています(予定時間を過ぎてもギャラの交渉でモメていた為に持ち時間が減ったという説もあるらしい)。これはもちろん新作のセールスプロモーションを意識してのものでしょう。ちなみにアルバム『トミー』はこの3ヶ月前にリリースされています。

Woodstock Music & Arts Fair, Max Yasgur's Farm, Bethel, New York - Sunday August 17, 1969

01. Heaven And Hell □M
02. I Can't Explain ■M
03. It's A Boy ■M
04. 1921 ■M
05. Amazing Journey ■M
06. Sparks ■M&C
07. Eyesight To The Blind (The Hawker) ■M
08. Christmas □M
09. The Acid Queen □M
10. Pinball Wizard □M&C
11. Do You Think It's Alright ■M
12. Fiddle About ■M
13. There's A Doctor ■M
14. Go To The Mirror ■M
15. Smash The Mirror ■M
16. I'm Free ■M
17. Tommy's Holiday Camp ■M
18. We're Not Gonna Take It  □M
19. See Me, Feel Me ■M&C
20. Summertime Blues ■C
21. Shakin' All Over
22. My Generation/Improvisation ■C

以下のマークが付いているのが本DVD-Rの収録曲です。
■:完全収録
□:欠けあり
C:カラー
M:モノクロ(タイムコード入り)

この中で「Shakin' All Over」のみ全く姿が見えません。それ以外はほとんどタイムコード入りモノクロ映像での収録で、一部にカラーのオフィシャルソースが転用されています。ところが、「My Generation」については公式にリリースされたことのない全編カラーのソースが使われているので、ギタースマッシュの部分が映画版と異なったアングルで楽しめます(コレも本盤の目玉ですね)。

実はこのアングル違いのソース、4Reel Productionsというフーの優れた映像作品をリリースしているレーベルが2005年に出したプレスDVDで既にお目見えしていたものです。そこでは「See Me, Feel Me」と「My Generation」を除く全曲がモノクロソース使用。また、ジョアンナ版にはある「Summertime Blues」が未収録。しかし元々69年のワイト島ライブがメインねたのブツなので贅沢は言えません。

というわけでウッドストックに関してはジョアンナ版に軍配を譲るものの、今も価値ある優良アイテムであることに変わりは無いので中古市場で見かけた時は入手をおすすめします。※ワイト島はモノクロ・プロショット映像での収録

the_who_1969.jpg
『The Who 1969 Featuring Performances From The Isle Of Wight 1969
And Woodstock 1969』
4Reel Productions 2005
プロショット映像収録 片面2層 プレスDVD
ボーナスCD(プレス盤)『At The Boston Tea Party』付

woodstock_1969_extended_bac.jpg
Johanna Pictures JPD-DX-002
サウンドボード音源&プロショット映像収録 1CD-R 2DVD-R

別アングル版「My Generation」です

いつの間にか翻訳されていました『ザ・フー コンプリート・クロニクル 1958-1978 エニウェイ・エニハウ・エニウェア』

既に発売から1ヶ月以上が経っていますが、先週こんな本を買いました。

anyway_anyhow_anywhere.jpg
『ザ・フー コンプリート・クロニクル 1958-1978 エニウェイ・エニハウ・エニウェア』
(株)シンコーミュージック・エンタテイメント発行
著/アンディ・二ール&マット・ケント
訳/佐藤幸恵、白井裕美子
監訳/前澤陽一

2002年に初版が刊行された、ザ・フーがディトワーズとして活動を始めた頃から、バンドがキース・ムーンを失う78年までの公式活動を年代順に日記形式で綴った名著『ANYWAY ANYHOW ANYWHERE the complete chronicle of THE WHO』の日本語訳版がいつの間にか発売されていました。僕がこの翻訳本の存在を知ったのは、昨年末に映画『アメイジング・ジャーニー』を観た劇場のカウンタに置かれていたからで、最初見たときは思わず目を疑ってちゃいましたよ。

原書はピート、ロジャー、ジョン、そしてザ・フーのマネージャー、ビル・カーシュビーの了承と協力をもとに書き上げられた力作で、とにかく情報量が半端でなく、よくぞここまでと感嘆せずにはいられない怒涛の書です。ザ・フーのファンにとって、バンド歴史上の「点」を「線」にする際の助けとなる、まさにマストと言ってよい一冊ですが、とは言え、膨大な量の英文を読み込むのはやはり骨が折れるわけで、今回の発売はまさに福音。その上、単に原書の全文が訳されているだけでなく、誤情報のアップデートや補足情報も加えられているとのこと。これは素晴らしい。

そして、今回の日本語版の刊行にあたり、原書の著者マット・ケント氏から寄せられた前書きが新たに加わっています。

anyway_anyhow_anywhere2.jpg
2007年改訂版原書と日本語翻訳版 A5版サイズなのでお出かけのお供、が可能になりました

なお、原書にはレアな写真(直筆による歌詞の走り書き、マスターテープのボックス、公演ポスター、フライヤー、チケット、当時の新聞記事など、もちろんポートレートや演奏中の写真もあります)が全てオールカラーで掲載されているので(日本語版ではこれらの写真はオミットされています)、これまで同様、いつまでも手元に置いておきたい一冊であることに変わりはありません。

ところで、もうひとつザ・フーに関するデータ本として、1962年ディトワーズとしての演奏から2002年までの(最新版の場合)コンサート記録を、こちらもデイ・バイ・デイ形式で記した前述の書に負けず劣らずの力作があります。

concert_file.jpg
『THE WHO CONCERT FILE』
Joe McMichael and 'Irish' Jack Lyons
左が1998年初版(1997年まで記載)で、右が2004年加筆・改訂版です
こちらもお出かけのお供、が可能に

僕にとってフーのブートレグ蒐集におけるバイブルと言ってよい名著ですが、いつの日かこちらも翻訳してもらえると驚喜なんですが(笑)。

西方徘徊 003:GUNS N' ROSES 『Legends Never Die』 #2

続いて後半の内容をば。収録されているのはNYリッツ・クラブの4年後、1992年6月6日に仏パリで行われた野外ライブの映像です。僕は今回初めて観ましたが、これも定番のソースらしいですね。リッツのそれに比べるとエッジの滲みがやや目立ちますが、それでも十分高画質と言っていいと思います。音質も良好。ただ、惜しいことにこのタイトルにはたったの8曲しか入っていなんですね。

 Ritz_middle.jpg 

そこで、まずはこの日のセット・リストを調べてみました。2度目の来日公演から約4ヵ月後の雄姿。

Live at Hyppodrome De Vincennes, Paris, France - 6th June 1992

01. It's So Easy
02. Mr. Brownstone
03. Live And Let Die
04. Attitude
05. Bad Obssesion
06. Always On The Run (with Lenny Kravitz)
07. Double Talkin' Jive
08. Voodoo Chile / Civil War
09. Wild Horses (intro) / Patience
10. You Could Be Mine
11. It's Alright / November Rain
12. Drum Solo
13. Guitar Solo
14. Godfather Theme
15. Sail Away Sweet Sister
16. Bad Time (Intro) / Sweet Child O' Mine
17. Welcome To The Jungle
18. Only Women Bleed
19. Knockin' On Heaven's Door
20. Mama Kin (with Steven Tyler and Joe Perry)
21. Train Kept A Rollin'  (with Steven Tyler and Joe Perry)
22. Don't Cry
23. Mother (intro) / Paradise City

赤文字にしたのが収録されている8曲です。これじゃ余ったディスク容量を埋めるための水増しネタと見られても仕方がないか。

とは言え、初期には見られなかった楽曲のバリエーション、例えばスケール感のあるバラード曲がレパートリーに加わるなど、バンドが随分と変化していることが分かります。いよいよアクセルのパーソナリティが色濃く表出してきた訳ですね。

あとはエアロスミスの2人がゲスト参加する2曲が見どころですかね。特に前者「ママ・キン」は途中とっちらかる部分があるものの、なかなかの迫力です。
 
guns00.jpg guns3.jpg 
guns7.jpg guns8.jpg

Ritz_back.jpg
Apocalypse Sound AS 11
プロショット映像収録 プレス1DVD

最後にもうひとりのスペシャルゲスト、レニー・クラヴィッツが参加している映像を。スラッシュとレニーの共演がライブでも実現したという訳ですね。

Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
402
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。