FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

JEFF BECK 『Jeff's Birthday Party』 2004年6月23, 24日 ロンドン

前々稿の ”ヤン・ハマーとは2004年6月に再度共演。その内、6月23日と24日(ベック60歳の誕生日)のロンドン公演にはロン・ウッドとイモージェン・ヒープがゲスト参加。” のブツもついでに取り上げてみます。

タイトルは『Jeff's Birthday Party』。6月24日に還暦を迎えるベックのスペシャル・ライヴの様子を、前日23日の演奏とセットで高音質なステレオ・オーディエンス音源にて完全収録。近年良質なベックブートをリリースしているEV系?Scatterebrain Recordsが2004年頃にリリースした4枚組みブートレグCDです。ちなみに初回限定盤には23日の映像を収録したDVD-Rが付いていたようですが、僕が入手したのはCDオンリー版です。

2004_RAH.jpg


なんとなくジェントルなムード漂うジャケットのデザインですが、繊維の分かる紙質といい、それにふさわしい色目といい、さり気ないロゴといい、なかなか所有欲を満たしてくれるセンス良い仕上りになっています(使われている写真は古めですけど)。

年齢層が高めなのか、観客がじっくり聴き入っている様子が伝わってきます。その静と騒のメリハリが効いた観客の反応が、オーディエンス音源ながら本CDの聴きやすさにつながっているような。どちらの日も音の質感が似ているので、同じテーパーによる録音だと思いますが、24日の方が場所が良かったとみえて、各ディテールを聴き取りやすい近めの音像になっています。それにしても録音の安定感は抜群で、文字通りの「鑑賞」が楽しめる(特に24日分)個人的にとても気に入っている一品です。

内容はと言うと、3人のゲストを迎えるところ含め、両日のセットリストは全く同じ。ヤン・ハマーとモンデシー兄弟の堅実なサポートを受け、まずはマハビシュヌ・オーケストラの「Resolution」からスタート。

Live at Royal Albert Hall, London, UK - June 23 (Disc 1&2) &24 (Disc 3&4), 2004

Disc 1&3
01. Resolution
02. Star Cycle
03. Freeway Jam
04. Roy's Toys
05. Big Block
06. Cry Me A River (with Nancy Sorrell on vocal)
07. Strarus
08. Good Bye Pork Pie Hat
09. Angel (Footsteps)
10. Even Odds
11. Brush With The Blues

Disc 2&4
01. Nadia
02. Voyage Home
03. Loose Cannon
04. Blanket  (with Imogen Heap on vocal)
05. Rollin' And Tumblin' (with Imogen Heap on vocal)
06. Blue Wind
07. Daylight Robbery
08. Rice Pudding
09. Cissy Strut (with Ronnie Wood on guitar)
10. Led Boots
11. A Day In The Life

Encore:
12. Where Were You
13. You Never Know
14. People Get Ready (with Imogen Heap on vocal, Ronnie Wood on guitar)

Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Michael Mondesir - bass
Mark Mondesir - drums

前年にリリースされた最新作『Jeff』からのセットインは無く、第一期ベック・グループ(30秒ほどの「Rice Pudding」だけですが)から2000年の『You Had It Coming』までのオリジナル曲と、いつになく多めなカバー曲を中心に構成されたセットです。そして今回はゲストの参加もウリのひとつで、前半6曲目は『Jeff』にも参加したナンシー・ソレイルがしっとりと歌うスタンダード・ナンバーの「Cry Me A River」。55年にジュリー・ロンドンが大ヒット(米5位)させた曲ですね。

そして、後半では独特な息遣いに思わず聴き入ってしまうイモージェン・ヒープが歌う「Blanket」と「Rollin' And Tumblin'」。どちらも昨年暮れのロニー・スコッツでも演奏されましたが、後者は『You Had It Coming』にも収録されているマディ・ウォーターズのカバー。そして、ロン・ウッドがギターで加わるミーターズの「Cissy Strut」(24日にはエンディングで”Happy Birthday, Jeff Beck!”と叫ぶ一幕も)。そして最後は再びロン・ウッドとイモージェン・ヒープが参加した「People Get Ready」で締め。

という具合に、両日ともスペシャルライブならではのセット内容になっていますが、個人的には前半の07から11までの流れと、ディスク2&4では、11曲目の「A Day In The Life」が秀逸。ポール・マッカートニー作のミドル部分はオリジナル同様ピアノによるバッキング入り。そしてエンディング前にはなんと「パープル・ヘイズ」のリフが飛び出します。それと後半の2曲目、ガット・ギターを爪弾く「Voyage Home」という意外なところも聴きものですね。

2004_RAH_bk.jpg
『Jeff's Birthday Party』
Scatterbrain SCA-003/1-4
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス4CD

おそらくボーナスDVD-Rに収録されている映像から、ロン・ウッドがゲスト参加した「Cissy Strut」

23年前の「夢の共演」 Jeff Beck, Santana, Steve Lukather 『Rock In Karuizawa 1986』

引き続き、ジェフ・べックの「共演ネタ」で。

前述の通り、それが残念な結果に終わってしまったとはいえ、ロッドとの「夢の再共演」を果たしたベックは、その2年後の86年6月に5度目のジャパンツアーを行います。アルバム『Flash』リリース後の唯一のツアーですが、今回取り上げるブツは、そのツアーに先駆け軽井沢プリンスホテルの野外特設会場で6月1日に行われたサンタナ、スティーヴ・ルカサーとの共演の様子を収録したブートCDで、その音質はまさにオフィシャル級。

rock_karuizawa.jpg

まずはベックの演奏11曲とサンタナの2曲を収録したDisc 1から。

Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Doug Wimbish - bass
Simon Phillips - drums
Jimmy Hall - vocals

ちなみに、ヤン・ハマーとは83年の暮れに行われたUSツアー以来の共演です。では、当時TV放送された映像を絡めつつ。

Disc 1
01. Star Cycle
 

続いてはジミー・ホールのヴォーカルをフィーチャーした3曲(短縮版の04を除く)。
02. Love Will
03. Ambitious
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. Stop, Look And Listen
ギターをストラトキャスターからテレキャスターへ。その後の武道館公演でも場内が沸き立った瞬間。
06. Cause We've Ended As Lovers


07. Escape
イントロ後など、所々に連携のマズサがちらほら。リハ不足?
08. Blue Wind
数ヶ月前にレコーディングした曲を披露。久々の歌ものリリースはトロッグスのカヴァー。
09. Wild Thing
速弾き。とにかく速弾きったら速弾き(笑)。今回はそれが自身のウリとばかりに弾きまくるルカサー。
10. Freeway Jam
  

再びジミー・ホールを迎え入れて。
11. Going Down
以下はサンタナ・バンドの演奏。

Carlos Santana - guitar
Chester Thompson - keyboards
Orestes Vilato - timbales
Paul Rekow - percussion
Armando Peraza - percussion
Buddy Miles - vocals
Alphonso Johnson - bass
Tom Coster - keyboards
Graham Lear - drums

12. Intro - Primere Invasion
13. Victim Of Circumstance

Disc 2
01. Incident At Neshabur / Mandela
02. Black Magic Woman / Gypsy Woman
03. Oye Como Va / Evil Ways / Jingo
04. Europe
05. Right Now (fade out)
06. Open Invitation
07. Song Of Freedom
サンタナとルカサーを紹介するベック。そして三者そろい踏みでクライマックスへ突入。
08. Super Boogie


09. People Get Ready


ぶっつけ本番ゆえ?ソロバトンが乱れつつも、スゴイ盛り上がり様。てかまさに祭りノリ(笑)。3ギター、2ヴォーカル、2ベース。ヤン・ハマーのダックウォーク(苦笑)にウケるベック。とても機嫌良さそうです。
10. Johnny B. Goode


というわけで、こちらも祭りノリできちゃいましたが(苦笑)、この時の来日はサンタナやスティーヴ・ルカサーとの共演だけでなく、3年ぶりのヤン・ハマーとの共演、そして久しぶりのヴォーカリストの参加、と話題性の多かったツアーです。さらに注目したいのは前回80年の来日時と違い、既にフラットピックを完全に手放し、フィンガーピッキングのみのスタイルに奏法を切り替えている点。そのためややアタック感は弱まったものの、アーミングとのコンビネーションや微妙なトーンコントロールの表現がさらに多彩になるなど、独自のギター奏法を進化させ音のマジシャンとして更なる高みに。


rock_karuizawa_bkin.jpg


共演のその後ですが、ヤン・ハマーとは2004年6月に再度共演。その内、6月23日と24日(ベック60歳の誕生日)のロンドン公演にはロン・ウッドとイモージェン・ヒープがゲスト参加。

サンタナとは1995年にダブルヘッダー式にUSツアーを行い、2006年7月22日の富士スピードウェイで行なわれたウドー・ミュージック・フェスティバルでは日本での再共演が実現。演奏した曲は再びの「Super Boogie」。

スティーヴ・ルカサーは、89年の”Kirin Beer's New Gigs '89”というイベントで再度ベックのセットにゲスト参加し、二ール・ショーン、ジョン・ウェイトと共に「Going Down」を演奏。しかし、96年から97年にかけてプロデュースを担当したベックの新作制作後にトラブル。結果この作品はお蔵入りになってしまうのですが、現在ではもう遺恨は消えているのでしょうか?この件に関しては別稿にて取り上げています。

この日ベックのバックでドラムを叩いたサイモン・フィリップスは、1992年以降、亡くなったジェフ・ポーカロの後任としてTOTOに参加。しかし昨年の7月にバンドは正式に解散を発表。

そして。

このジャパンオンリーの共演が行われた1986年に、オーストラリアのシドニーで一人の女の子が誕生します。

tal.jpg


2007年の”Crossroads Guitar Festival”から「哀しみの恋人達」。観客の驚きと興奮が伝わってきます。そしてベックのヨロコビも。



rock_karuizawa_bk.jpg
『Rock In Karuizawa 1986』
Forever Standard Series FSS 99-004
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス2CD

25年前の「夢の再共演」 Rod Stewart with Jeff Beck 『No Ready Made Guys』

どうもこのところの天候の不順続きで、やや身体の調子を崩し気味ですが、そんな中でもいまだにあの「共演」の余韻を引きずってたりします。当日を迎えるまではヘンに予備知識もたずに観た方が楽しめるだろうと思っていましたが、実際の内容の意外さから、却って知って出かけたのが僕の場合は吉と出たかなという感じです。構成や選曲に対する一喜一憂なしに演奏に集中出来たという意味からですけども。

というわけで、その後もベックとクラプトンをメインに聴く日々を過ごしていますが、かつてベックと活動を共にしたロッド・スチュワートの来日が間近なことを思い出しました。13年ぶり6度目の来日だそうですね。自身にとっての初のライヴ参戦がロッドの初来日公演(79年3月16日の武道館)だったこともあり(ドラムがカーマイン・アピス!)、それなりに思い入れや思い出のあるミュージシャンですが(髪型真似たりして)、今回は予算のやり繰り上やむなく断念することに。ひょっとしてこれが見納めか?と考えると何やらフクザツな心境になったりもするのですが(苦笑)。

それと、もしもこの来日があとひと月早かったら、果たしてもうひとつの夢の共演の実現があっただろうか?とも考えちゃったりしてみたりして(笑)。

rod.jpg

さて、そこで今回は1984年に二人が共演した時のライヴ音源を収録したブートレグを取り上げてみたいと思います。当時も「夢の共演」と話題になりましたが、84年リリースのロッドの通算14作目のアルバム『Camouflage』にゲスト参加(3曲で演奏)したベックは、その後ロッドのグループに同行する形でツアーに出ます。それが7月3日からスタートした北米ツアーですが、なんと13日のカルガリー公演を最後に早くも離脱。「あ、やっぱり。」 当時このことを知った時に思わずそう納得してしまう程、ベックの偏屈なところをそれなりに承知していたつもりでしたが、やはりとても残念に感じたことを思い出します。

このブートはそんな数日限りの夢の共演の中から、シアトルでのライヴをとても良好なステレオ・サウンドボード音源にて収録。ライヴそのものは不完全収録ながら(後半部分に未収録曲があるようです)、ベックが参加した6曲は全てDisc2に収められています。

rod_jeff.jpg

Live in Seattle, WA, July 1984

Disc 1
1. The Stripper
2. Sweet Little Rock 'n' Roller
3. You Wear It All
4. Hot Legs
5. Tonight's The Night (Gonna Be Alright)
6. You're In My Heart
7. Dance With Me
8. All Right Now
9. Young Turks

Disc 2
1. Infatuation
2. People Get Ready
3. Rock My Primsoul
4. I Ain't Superstitious
5. The Pump
6. Bad For You
7. Passion
8. Gasolin Alley
9. Maggie May

Rod Stewart - vocal
Jim Cregan - guitar
Jay Davis - bass
Robin Le Musurier - guitar
Tony Brock - drums
Kevin Savigar - keyboards
Jon Coury - keyboards
Jim Zavala - saxophone
Nick Lane - horns
Lee Thornberg - horns

*Jeff Beck - guitar (Guest Appearance on Disc 2 track1-6)

ベッ クが加わるのはセットの中盤からなので、まずはベック抜きでの演奏です。79年の武道館同様「The Stripper」のSE(&ミラーボール?)の後、軽快なロックンロール「Sweet Little Rock 'n' Roller」でスタート。続いてトラッド風味の強い「You Wear It All」。そして79年の武道館公演のオープニング曲だった「Hot Legs」と名バラードを続けて2曲。このあたりのバリエーションの豊富さ、曲々のコントラスト感がいかにもロッドという感じですね。

さて、ディスク2の1から6までがベックの参加曲になりますが、『カムフラージュ』から2曲。残念ながらトッド・ラングレンの「Can We Still Be Friends?」が聴けませんが、これ以外の、アルバムではマイケル・ランドウとベックのギターが同時に聴ける「Infatuation」と「Bad For You」が演奏されています。しかしココでのキモは、シンセサイザーの多用など、改めて聴き返すとややトゥーマッチなアレンジに逆に古臭さを感じてしまう当時の最新曲よりも、ベック・グループ時代の2曲と、貴重な「People Get Ready」じゃないでしょうか。
 
音の方はというと、客の歓声が遠めなので臨場感に乏しく、ややヒスノイズもありますが各パートの音はクリアに録れているのでとても聴きやすいです。ベックの演奏も、本音はもちろん知る由もありませんが、この日は結構ノッているようで、随所にあの独特なベック節を炸裂させています。

ロングディレイの掛かったソロが実に気持ちよい「People Get Ready」。スタジオ作とはまたひと味違った荒々しさと繊細さのコントラストが絶妙ですが、これに呼応していくロッドもまたとてもいい感じです。

ロッドのセリフ”Chicago Blues!”に続くベック・グループ時代の2曲。ゴリッとしたベックのギターに乗るロッドの”You can rock me! Rock me all night long!"のシャウト。ここからがまさに夢の共演が実現した瞬間という感じ。アグレッシヴにトリッキーなワザを繰り出すベックがやや優勢ですが、こんなのを聴いちゃうとまた歌伴やってくれないかな、とつい思ってしまったり。ベックにもクラプトンのようなキャリアの集大成なんてスタンスがちょっとでもあれば…とも。まぁ、そんな過去がどうのに無関心風なところがいかにもベックらしいとも思うんですが。

そしてロッドの”俺に言わせりゃ、今でも最高のギタープレーヤー”との紹介の後に演奏されるのがインスト曲の「The Pump」。先日の来日公演でも演奏されたライヴの定番曲ですね。今から25年前の演奏ですが、先日もコレに負けず劣らずの演奏を披露してくれました。ひょっとしたらこの人には時の概念というものが無いのかも(笑)。超人ベック、いやまさに。

最後に余談ですが、ワタシが初めて生ベックを拝むのが、この共演の2年後86年6月の武道館公演でした。チケットを手に入れながらも結局観れなかった80年の来日から6年を経ての悲願の参戦でありました。

rod_jeff_bk.jpg
Rod Stewart with Jeff Beck 『No Ready Made Guys』
Shout To The Top STTP 223/224 2002
ステレオ・サウンドボード音源使用 プレス2CD

94年の来日公演から「Sweet Little Rock 'n' Roller」


「Tonight's The Night (Gonna Be Alright) 」と「Maggie May」


そしてベック・グループ時代。「Plynth (Water Down The Drain)」の歌入れ光景。


1968年7月のフィルモア・ウエストでのライヴ音源を使ったイメージ映像。

西方徘徊 010:JEFF BECK 『Big Block Dyno(2009 Tokyo 3rd Night)』 2009年2月9日 NHKホール

西方徘徊009で取り上げた2月7日の東京国際フォーラム公演に続き、9日NHKホール公演のブツを入手しました。前回同様、X-AVELというレーベルがリリースしたファクトリープレス仕様。今回は2枚組です。

big_block_dyno.jpg

Live at NHK Hall, Tokyo, Japan - 9th February 2009
Disc 1
01. Beck's Bolero*
02. The Pump
03. Eternity's Breath
04. You Never Know
05. Cause We've Ended As Lovers*
06. Behind The Veil
07. Blast From The East
08. Stratus*
09. Angel (Footsteps)
10. Vinnie Colaiuta Drum Solo
11. Led Boots

Disc 2
01. Nadia
02. Space Boogie
03. Goodbye Pork Pie Hat
04. Brush With The Blues
05. Blue Wind
06. A Day In The Life
07. Band Introduction

Encore:
08. Where Were You
09. Big Block
10. Scottish One
11. Peter Gunn Theme
12. Outro

Jeff Beck - guitar
Tal Wilkenfeld - bass
Vinnie Colaiuta - drums
David Sancious - keyboards

ネットに上がっている当日絡みの情報によれば、この日のポイントとして挙げられていたのが、7日の最後に演奏した「Big Block」の中で、10秒ほど顔を出した「Peter Gunn」が丸々1曲としてセットリストに加わったこと。何でもこの日が初演とのことです。オフだった前日、または当日本番前にリハーサルがあったんじゃないでしょうか。そしてもうひとつ、この日はベックの機嫌がとても良くそれが演奏の出来に直結、加えてヴィニー・カリウタもまたツアー最高の演奏を聴かせたとのこと。また、ベックは終演後に最前列の客にギターをあげると見せかけて、その後スタッフに回収させるというネタ?を披露(その時に客が大きくどよめく様子もとても鮮明に記録されています)。

オープニング曲の「Beck's Bolero」スタート直後や、07のベックによるメンバー紹介(最後にカリウタがベックを紹介)終了後の客のチャットが邪魔くさいですが(大きな音で入ってるワケじゃないんですが、録音が良いのでハナシの内容がしっかり聞き取れちゃうんですよね)、録音のコンディションは全体的にすこぶる良好。始めから最後まで安定した音質で楽しめます。ただ、個人的には今回もジャケのデザインはビミョウですが。

7日のライヴを収録した 『Boogie Night(2009 Tokyo 2nd Night)』の音の良さもかなりのものでしたが、本タイトルはそれを凌駕。この距離感の近さは驚きです。オフィシャル化がない限り、当日この場にいた人にとっては最強のメモリアルに、行けなかった僕のような者にとっては最良のドキュメントとして長く愛聴できるブツになってくれるんじゃないでしょうか。月並みですけど、やはりこの場にいたかった。。

big_block_dyno_bk.jpg
 『Big Block Dyno(2009 Tokyo 3rd Night)』
X-AVEL SMS(Silver Masterpiece Series) -003 
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD

2006年のツアーから演奏されている新曲、メロディアスかつストレートなロック・テイストにグッとくる「Scottish One」。いっそベックズ・アンセム風にもっとスケールを増大してくれると嬉しい、そんな拡大アレンジのし甲斐ある曲だと思うのだけれど。とにかくとても気に入ってます。

Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search