fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 043:JEFF BECK with THE JAN HAMMER GROUP 『Masonic Temple』 1976年デトロイト

昨日から出張で中国の寧波に来ています。今回は25日帰国5泊6日のコースですが、その間全く更新しないのも何だかサビシイ?ので、下戸のくせにビールは入ってるわ、接続はめちゃ重いわ、その上中国はYouTubeへのアクセスを全面的に遮断しているので、昨晩セットリストに動画を張り付けただけの下書きを元に書き始めているところですが、はてさてうまく行きますかどうか。

今回は前稿のクイーン盤と同じ日にリリースされたジェフ・ベック76年のライヴを収録したブートを取り上げてみたいと思います。

ヤン・ハマーのバンド(以下JHG)と帯同する形で6月上旬よりスタートしたアメリカ・ツアーですが、ここに収録されているのは7月3日、デトロイトのマソニック・テンプルで行われたレイト・ショーの演奏。それを大変クリアなオーディエンス録音で収録しています。

masonic_temple.jpg

この日も例によってまずはベック抜きの演奏でスタート。このソースは距離感がとても近いうえに、ドラムスを中心にしっかりと音圧を感じさせてくれるのでバンド全体の音がいい具合に締まって聴こえます。

1曲目はヤン・ハマー作で、マハビシュヌ・オーケストラのライヴ作『Between Nothingness & Eternity』などに収録されている「Sister Andre」。キーボードによるイントロに導かれた後バンドが一斉に音を出した瞬間に発生するハウリングに引っ張られ演奏がまごつく場面がありますが、4分を過ぎたあたりからフルスロットル、緩急の幅が大きいスリリングな演奏を展開。(この曲に限らずですが)スティーヴ・キンドラーのまるで牙をむくようなヴァイオリン・ソロが聴きもの。

2曲目はJHGが同年にリリースしたアルバムからタイトル・チューン。アルバム制作と同じメンツでの演奏ということもあってかえらい気合いの入りよう。そして74年にヤン・ハマーが同じく元マハビシュヌのメンバーだったジェリー・グッドマンと組んで出したジャケのイラストが印象的な74年作『Like Children』から「Country And Eastern Music」と75年リリースの初リーダー作『The First Seven Days』からオープニング曲の「Darkness - Earth In Search Of A Sun」と続きます。

冒頭のシンセの音の近さに思わずこちらの頬が緩むそのDarkness~では途中(4'25"以降)やおら登場するベックというお決まりのパターン。場内やんやの大歓声で、その興奮ぶりが伝わってくるAUDソースならではの臨場感は何度聴いてもグッと来ますね。

間髪入れずに繰り出されるのは、キメのフレーズは生かしながらも微妙なニュアンスを捨て去ったかのようにハイ・ペースなゴリ押しで攻めてくる「You Know What I Mean」。そしてテーマに入るところのタイミングが合わず仕切り直す場面がありますが、それでも間違いなくこの日のハイライトと言っていい、抜群のドライヴ感で煽るリズム隊とそれに応える切れ味抜群のギターとヴァイオリンが凄い「Scatterbrain」。

派手に鳴らされるクラッカーの音がちょっとした演出になっている「Freeway Jam」は途中3'44"のところにカット(テープリバースによるものだそう)があるのが惜しいですが、演奏はやはり素晴らしいです。

「Country And Eastern Music」と同じく『Like Children』に収録されている「Earth (Still Our Only Home)でもタイミング外したか?と思わせる箇所がありますが、インプロ自体は皆ビシビシ決まってます。このタイミング云々も勢いあってのソレというか、ある意味バンドの調子の良さの現れなのかも知れません。

一音一音を丁寧に響かせたギターとヴァイオリンの美音をじっくり聴かせる「Diamond Dust 」では5'30"を過ぎたあたりで数回テープの劣化によるものと思われるノイズが入ります。

"Do you feel alright?" 例のトーキング・モジュレーターに導かれスタートするファンキーな「Full Moon Boogie」 。スタジオ版そのままのムードで始まるもすぐに怒濤のアドリブ合戦に突入していく様がスリリングな「Sophie」。『ワイアード』の中でも特に好きな曲ですが、ここもハイライトのひとつ。2人の”J”に負けず劣らずのヴァイオリンが熱いです。

最後はアンコールに応えての「Led Boots」。でこの曲も他の曲同様えらくハイ・ペースな展開であっという間にエンディングを迎える3分20秒也。

この日は全体的にとてもテンションの高い演奏が繰り広げられていて、あの『ライヴ・ワイアー』もこんなゴキゲンなテイクで構成されていたらもっとスケールを感じさせる仕上がりになったんじゃないか、などと余計なことを考えてしまいました。それもこのすこぶるコンディションの良いソースがそう思わせてくれる訳で、録音から数えて実に33年後、素晴らしい音源が登場してくれました。

西方徘徊 042:QUEEN 『A Night At Boston』 1975年ボストン

”けど、あの「ボヘミアン・ラプソディ」って曲凄くねぇか?” 

ブレイク後からの目くるめく展開。この曲を初めてフルで聴いた時の衝撃は如何ばかりだったか(当時AM放送ではそのブレイク後でフェイドアウトさせちゃうパターンがほとんどでした)。76年当時中学生だった僕ら男子はクイーンを含むいわゆるアイドルグループに熱を上げている女子達に対し表向きそれらをバカにする態度を取りながらも、裏ではそんなことを言い合っていたものです。

昨日は行き返りの電車の中で、例の新登場テーパーの蔵出し音源を収録したクイーンのブートを聴いていたんですが、思わず頬が緩んじゃう瞬間が何度もあって参りました。端から見れば随分と気味の悪いヤツだったんじゃないかと。

とにかく音良し(抜けの良いドラム音がグッド)、演奏良し、仕上げ良し。今年買った中では満足度の高さで三指に入るブツかも知れません。

a_night_at_boston.jpg 
 

『オペラ座の夜』リリースから約2ヵ月後の1976年1月30日、ボストン・ミュージック・ホールでのライヴをステレオ・オーディエンス音源にて完全収録。ちなみにシングル「Bohemian Rhapsody」がビルボードHOT100に初お目見えしたのが1月3日。そして4月24日には前年のヒット曲「Killer Queen(12位)」の記録を更新し最高位9位をマーク。この音源はそんな米国での人気と実力が共にピークに向け駆け上がり始めた頃の記録なんですね。

一方で初期の性急さやラフ具合と、ライヴでの再現が不可能になる程急速にレンジを拡げ始めたソング・ライティング力とアレンジ能力とがまるで軋み音をあげながら高みを目指している様というか、その意味では過渡期の演奏とも言えるかも知れません。それにしてもフレディが凄いです、やっぱり。

この日のセットリストは、1stから最新作『オペラ座の夜』までの4作品よりそれぞれ4曲、4曲、7曲、4曲(「God Save The Queen」を入れると5曲)という構成。ちなみにここでの「Bohemian Rhapsody」は3分割での演奏になっていて、何やら苦肉の策という感じもしますが、同時にこの曲に対する自信の程も窺えるような。

JAMES GANG 『2001 Comeback Special』

2001年にジェイムズ・ギャングがデビュー時のメンバーでリユニオンした時の演奏を収録したブートを紹介したいと思います。2月25日、オハイオ州クリーヴランドでのライヴを全編安定したステレオ・サウンドボード音源にて収録(放送音源かも)。何でもこの日は”ロックの殿堂”主催のチャリティー・コンサートへの出演だったそう。

james_gang_2001.jpg

Live at Allen Theatre, Cleveland, Ohio 25th February 2001
01. Walk Away
02. Midnight Man
03. Take A Look Around


04. Ashetton Park
05. The Bomber
06. Garden Gate
07. Collage
08. Ashes, The Rain And I
09. Tend My Garden
10. Stop
11. Personal Manager
12. Lost Woman
13. Funk #49
14. Rocky Mountain Way
オーディエンスノイズの拾いが少ない、まさに”卓直”といった感じの音ですが、各パートのバランスが良いので聴き応えは十分。もうちょい歓声を大きくミックスすればオフィシャルとしてもイケそうですが、個人的にはギターの音にちと単調な印象を受けます。

全14曲中、アルバート・キングのカヴァー11「Personal Manager」と最後に演奏された14「Rocky Mountain Way」以外は全てジェイムズ・ギャングのレパートリーという当然と言えば当然な選曲。ちなみに14にトーキング・モジュレーターは登場せず(スライドはガンガンにキメてます)。

さて、この時の演奏内容に手応えを感じた3人は2005年に再度クリーヴランドで単発のライヴを行い、翌2006年いよいよバンドの復活を宣言、35年ぶりとなるツアーへと繰り出します。この報を受け、僕のように来日に期待した人も多かったことと思いますがそれは叶わず、新作のレコーディングもなく、ウォルシュにとってのメインとなる活動の場は再びイーグルスに。

james_gang_2001_bk.jpg
 『2001 Comeback Special』
Shamrock SR-201026 
ステレオ・サウンドボード音源使用 プレス1CD

西方徘徊 041:QUEEN 『Young Nobles Of Rock - 2nd Edition』 1975年武道館

どうもその独特な所有欲をそそるワナ?にハマってしまったようで、今回もタランチュラレーベル製のブートです。

しかし今年は何でこんなにブート買ってんだろ(ブログのせいだってば ^^;)。いや、一応念のために書いておくとオフィシャルはそれ以上に買ってるんです。書いていないだけで(苦笑)。

だから何だ?ってハナシですが、それはまぁともかく、今回も以前からかなり気にはなりつつ、ダウンロードで音だけは入手していたのでなかなか手が伸びずにいたという、まるで先日の『雷神』と同じパターンですが、実はこのブツの音源提供者(=録音者)がその『雷神』と同じなんですよね。

で、今回買ったのは今年リリースされた2ndプレス版。2007年に出た1stプレスがそうだったように、油断しているといつの間にやら消えてしまうのでここいらで思い切って買っておくことにしました。

young_nobles_of_rock.jpg

羽田着1975年4月17日。空港には約3000人のファンが押しかけたという既に日本では大ブレイクの最中での初来日。ところが肝心のチケットの売れ行きが実は芳しくなかったという説がありますよね。しかし初日4月19日の武道館公演の模様がTVや新聞などで報じられるとたちまち全公演分がソールドアウトになったんだとか。で、このブートは本ツアー8回目にあたる最終日、5月1日(木)の武道館公演を収録。オープニング「Procession」からエンディングの「God Save The Queen」まで、テープで始まりテープで終わった訳ですが、中身は純度100%のロック。それを欠けなく完全収録しています。

サード『シアー・ハート・アタック』リリース後のツアーなので、当然その3作品の曲を中心に組まれたセットですが、中には未だ公式には発表されていない”Gonna come and watch me die”の歌詞が強烈な「Hangman」という名の初期のライヴでよく演奏されていた曲やペギー・リーとコニー・フランシスを持ってくるセンスがいかにもフレディらしいOldiesメドレー、でもって母国版シングル「輝ける七つの海」のB面曲でアルバム『Queen II』未収の(国内版としては91年にフレディ追悼盤として出た日本独自企画のシングルCD Boxで初CD化)ブライアン作、「See What A Fool I've Been」といった曲々が聴きどころのひとつですね。特に「See What A Fool I've Been」はライヴならではの無骨なアプローチに変化していて(特にフレディのヴォーカル)聴き応えあります。

ところで、この時のツアーは人づてに聞いた話や、どこぞのコンサートレポからも、とにかく観客の嬌声やら悲鳴やらが凄く、肝心の演奏がよく聴き取れなかったというハナシを耳目にしたものですが、実際はどうだったのか、このブートを聴いてしまうと、それは場所が悪かったんじゃない?と言いたくなってしまう程の高音質ぶり。『雷神』同様、高性能なハードとテープのタッグはここでもそのチカラを発揮し、特有の”コクのある音”のゲットに成功しています。

ちなみに録音されたポジションは『雷神』同様、関係者席として使われることの多い1階の南スタンドだったらしく、そのせいか”キャー音”に邪魔をされず、あくまで演奏をメインにじっくり楽しめる仕上がりになっています。何でもこの音源、欧州のビット・トレントのチャートに入ったこともあるらしいので、日本発の密録ソースとしては世界中のクイーンファンに最もよく知られているものかも知れないですね。

Youtubeで当日の映像を見つけました。"I'm just a!" このチラ見せで期待を煽りながらドーンといくオープニングの演出、たまんなかったでしょうね。ルックス的にはやっぱりこの”ロックの貴公子”然とした頃が一番グッと来ます。ああ、この場に居たかった。




もうひとつ。いやふたつ。74年、レインボー・シアターでの雄姿。




Live at Nippon Budokan, Tokyo 1st May 1975
Disc 1 (Side White)
01. Procession (Opening)
02. Now I'm Here 「誘惑のロックン・ロール」
03. Ogre Battle 「オウガ・バトル(人食い鬼の戦い)」
04. Great King Rat
05. White Queen
06. Flick Of The Wrist
07. Hangman
08. Doing All Right
Medley:
09. In The Lap Of The Gods 「神々の業 」
10. Killer Queen
11. The March Of The Black Queen
12. Bring Back That Leroy Brown 「リロイ・ブラウン」

13. Son And Daughter
14. Brian May Solo
15. Son And Daughter
16. Introduction

Disc 2 (Side Black)
01. Keep Yourself Alive 「炎のロックン・ロール」
02. Seven Seas Of Rhye 「輝ける七つの海」
03. Stone Cold Crazy
04. Liar
05. In The Lap Of The Gods...Revisited
06. Announce / turn off the candles

Encore One
07. Hey Big Spender
08. Modern Times Rock 'n' Roll
Medley:
09. Jailhouse Rock
10. Shake Rattle & Roll
11. Stupid Cupid
12. Be Bop A Lula
13. Bye Bye Johnny
14. Jailhouse Rock

Encore Two
15. See What A Fool I've Been
16. God Save The Queen (Ending)

ディスクにもこの東京プリンスホテル日本庭園での野点の写真が使われています
young_nobles_of_rock_bk.jpg
 『Young Nobles Of Rock - 2nd Edition』
Tarantura TCDQ-1-1,2 (2nd)
ステレオ・オーディエンス音源収録 プレス2CD

西方徘徊 040:FLEETWOOD MAC 『Song Bird』 1976年12月5日 武道館

人は年を取ると、過去の記憶を無意識に操作し始める、なんてこと前にも書いたような気がしますが、例えばコレもそんな自身の勝手な思い込みによる誤認を正してくれたブツでして。

young_music_show.jpg
『僕らの「ヤング・ミュージック・ショー」』
城山 隆 著
情報センター出版局
装画:浦沢 直樹

2005年に出てすぐに買い求めたものですが、今回取り上げるネタに関する記述があるので取り出してきました。で、これを最初に読んだときに痛感した、記憶なんてものはやはりアテにならん、がまたもよみがえってきて。取るに足らぬハナシですが、例えばこんな調子。

僕がこの本を書店で見つけた時、まず目次で追ったのがストーンズのパリ公演の放送日(※)でした。今思えばウェブでも確認出来たと思うんですが、実はそれが僕にとってストーンズショックの決定打を受けた日だったんですね。それまでにも代表曲のいくつかはラジオを通じて聴き馴染んでいたものの、まだ彼らが何たるかをほとんど知らずにいた自身にとってこの日観た映像はそれはもうショッキングで、ここから意識的にメンバー構成、アルバム、曲、その他諸々を後追いしていくことになります。
 
で、僕はこれを自身が洋楽を聴き始めた翌年、76年の事と思い込んでいたんですが、実は77年だったことが判明。※77年3月12日放送(10月25日再放送)

別にどうってこと無いじゃないか、と言われそうですが、実はその前年76年の終わり(そもそもこれがアヤシイのか?)に、とある近所のニイさんがパープル、ユーライア・ヒープ、ツェッペリン、イエス、フロイドといった大御所達のLPをまとめて貸してくれるという事件が起きるんですが、ストーンズの洗礼がその後のことだったというのがどうも腑に落ちないというか。すいません、しょーもない話で(苦笑)。



さて、他にこの年に放送されたもので観た記憶があるのが、ベイ・シティ・ローラーズ(1月8日、7月23日再放送)とキッス(5月7日)。特に後者についてはせめて音だけでも、とラジカセを繋ぎ録音したことや6歳下の弟がよせばいいのに半ベソをかきながらも僕の後ろで食い入るように見ていたこと、を思い出します。ちなみに彼はこの時の刷り込みがきっかけとなり(?)、後にファンクラブにまで入会するリッパなキッスアーミーになります(笑)。

そして翌78年。この年観た放送がレインボーと今回のお題、フリートウッド・マックです。

77年12月5日の武道館公演。放送日は78年4月2日。それ以前に買っていた『噂』を、それこそ盤が透ける程に繰り返し聴いていた(当時LPは2ヶ月に1枚買えるかどうか、という財布事情だったから尚更)僕にとってこの時の期待感はハンパでなく、それこそTVに噛り付くイキオイで見ていた筈。ちなみにこの日はスティーヴィー・ニックスが体調を崩していたとのことで、↓に貼った「Rhiannon」を聴けば確かに声の出にそれを感じますが、当時十代そこそこの自分がそれに気付くわけもなく。

けれど、例えばメロディはとても口当たりが良いのに、演奏、中でもドラムスが裏方といった鳴り方ではなくやけに主張が強い、といった具合に単なるポップス(も大好きですが)とは違う独特なものを感じていました。それがこれまでの活動(もちろんピーター・グリーンが舵取り役だった英国ブルース・ロック期も含め)によって培われたバンド・サウンド=個性、と後々知っていくわけですが、この日LPで聴ける音とはかなり印象の異なる荒々しさでもって展開される演奏を目の当たりにし、それまでの”一風変わったポップなグループ”というイメージが、ドライヴ感抜群の”優れたライヴ・バンド”へと塗り替えられたこの日の驚きと興奮は今もはっきりと我が身に焼き付いています。

ではハナシをブートに移す前に、そんなライヴ・バンド然とした姿を。この日5曲目に放送された「オウン・ウェイ」です




fantastic_rumours.jpg fantastic_rumours_bk.jpg
『Fantastic Rumours』
Masterport-222
ステレオ・オーディエンス録音音源使用 プレス2CD

がこれまでこの日の決定版として聴き親しんできたブート(MP版)で、音がクリアかつ近距離でとても聴き応えがあり、これはこれでかなり完成度の高いブツだったのですが‥‥。(何やら脱力系のデザインですが、一応全員ちゃんと当日の服装になっています)

song_bird.jpg

が今回リリースになった新音源版。近頃自身にとって再評価著しいタランチュラ・レーベル製。で結論から言うとこのタラ版、MP版を凌駕する内容に仕上がっていました。録音者はこれまでにも本レーベルに数々の高音質ソースを提供してきた人物(過去にここでも取り上げたジェフ・ベックやニール・ヤングなど)で、それを示すのがジャケにある”桃印”です。

で、本盤とMP版との違いですが、最も大きな点は待望の完全収録を果たしたこと(『Fantastic Rumours』以前に完全収録したタイトルがあったようですが、ソチラは未聴)。MP版ではアンコールで演奏された3曲がごっそり抜け落ちていましたが、今回の新タラ版はそれらをきっちり収録。

さらに特筆すべきはその音質。ぎりぎりまでレベルを持ち上げた(ように聴こえる)音の刺激の強さは評価の分かれるところかも知れませんが、前述のようにスタジオ版とはひと味もふた味も違うライヴならではのアグレッシヴなバンドサウンドを満喫するにはピッタリの音処理だと思いますね。

それもソース自体の音が優秀だからこそ活きてくるわけですが、とにかく距離が近いだけでなく、例えばドラムスの音圧までもしっかりと捉えている音像と若干のノイズ感を伴いながらの迫力はおそらくオフィシャルでも味わえない刺激に満ちたもので、そのクオリティをノッケから最後までしっかりとキープしています。実際YouTubeの動画の音と聴き比べても迫力の点では勝っていて、に貼った「オウン・ウェイ」での歌い出しの直前にリンジーが発するカウントですら、本ブートの方がはっきりと聴こえる程。実は今最もヘビロテになっているブートがコレなんですよね。

他には細かい点ですけど、最後に「ソング・バード」を歌う前、クリスティンが関係者に対し謝辞を述べるんですが、その中の”有働さん”がTV放送時にはカットされていた、という興味深い事実も判明します。

尚、冒頭に紹介した『僕らの「ヤング・ミュージック・ショー」』にはこの時の映像の内容と収録の舞台裏などが6ページに渡り綴られています。
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search