fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 042:QUEEN 『A Night At Boston』 1975年ボストン

”けど、あの「ボヘミアン・ラプソディ」って曲凄くねぇか?” 

ブレイク後からの目くるめく展開。この曲を初めてフルで聴いた時の衝撃は如何ばかりだったか(当時AM放送ではそのブレイク後でフェイドアウトさせちゃうパターンがほとんどでした)。76年当時中学生だった僕ら男子はクイーンを含むいわゆるアイドルグループに熱を上げている女子達に対し表向きそれらをバカにする態度を取りながらも、裏ではそんなことを言い合っていたものです。

昨日は行き返りの電車の中で、例の新登場テーパーの蔵出し音源を収録したクイーンのブートを聴いていたんですが、思わず頬が緩んじゃう瞬間が何度もあって参りました。端から見れば随分と気味の悪いヤツだったんじゃないかと。

とにかく音良し(抜けの良いドラム音がグッド)、演奏良し、仕上げ良し。今年買った中では満足度の高さで三指に入るブツかも知れません。

a_night_at_boston.jpg 
 

『オペラ座の夜』リリースから約2ヵ月後の1976年1月30日、ボストン・ミュージック・ホールでのライヴをステレオ・オーディエンス音源にて完全収録。ちなみにシングル「Bohemian Rhapsody」がビルボードHOT100に初お目見えしたのが1月3日。そして4月24日には前年のヒット曲「Killer Queen(12位)」の記録を更新し最高位9位をマーク。この音源はそんな米国での人気と実力が共にピークに向け駆け上がり始めた頃の記録なんですね。

一方で初期の性急さやラフ具合と、ライヴでの再現が不可能になる程急速にレンジを拡げ始めたソング・ライティング力とアレンジ能力とがまるで軋み音をあげながら高みを目指している様というか、その意味では過渡期の演奏とも言えるかも知れません。それにしてもフレディが凄いです、やっぱり。

この日のセットリストは、1stから最新作『オペラ座の夜』までの4作品よりそれぞれ4曲、4曲、7曲、4曲(「God Save The Queen」を入れると5曲)という構成。ちなみにここでの「Bohemian Rhapsody」は3分割での演奏になっていて、何やら苦肉の策という感じもしますが、同時にこの曲に対する自信の程も窺えるような。

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search