fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 047:SIMON & GARFUNKEL 『Perfect Moment』 2009年7月10日東京ドーム

2009年日本ツアーより、東京公演初日となる、7月10日東京ドーム公演を超高音質オーディエンス録音で完全収録。トレーダー間でも一切出回っていないオリジナルDATマスターを使用。サウンドボード録音をも上回る、奇跡的レベルの超高音質で収録。世界中のファンを驚愕させること間違いなしの2009年日本ツアー決定版タイトルの登場です。東京ドームでの録音であることが信じられない程の、ライン録音と聴き間違えるほどのダイレクト感いっぱいのウルトラ・クリアーなサウンドで収録。同時にマイク録音特有の音の暖かさも十分に感じられ、楽音を邪魔しない適度な臨場感も含め、全てが理想的なバランスで収録されています。

これショップインフォの一部転載です(苦笑)。んなものは所詮、という向きもあるでしょうが、ここんちのそれはいつも”出来るだけフェアな内容を”、との思いが伝わってくるもので、僕自身は随分と購入時の参考にさせてもらっています。

で、今回はこれがドンぴしゃ、たったの7行で実にお見事(見習えよ^^;)。

あの東京ドーム特有?のぼわんとしたホール感。拍手と歓声がまるで引いては寄せる波のような?残響を伴いながら鳴り響く様子まで見事にとらえています。なのに演奏や歌はまるで眼前で鳴っているかのような近さ。全ての楽音にふくよかさと暖かみを感じる、これはもう是非大きな音で聴きましょう、という感じのすこぶる高品位なソースだと思います。

perfect_moment.jpg

という訳で、今回のツアーを体験された方、中でも7月10日の公演に参加された方、オメデトウございます。他のタイトルを聴かずに言い切ってしまいますが、最強のメモリアル盤の登場です。開演前に流れた映像のBGM「アメリカ」のフェイド・インから、終演後のジョージ・ハリスンの「美しき人生」、そして”只今をもちましてコンサートは全て終了いたしました・・・”のアナウンスまで、曲中の欠け、耳障りなオーディエンスノイズ一切無しの完全収録。実に素晴らしい。※【訂正】いやありました、AUDノイズ。本編ラスト「明日に架ける橋」の演奏後、興奮気味に話す女性のそれがちと耳障りかと。

ところで、以前ココにS&Gのライヴに対する凝り固まった思い込みなんぞを書き散らかしたことがありますが、このブートを聴くと、今回のツアーは原曲のムードを崩さずにプラス・アルファ(こんな味付けなら大歓迎、な後半の拡大アレンジが素敵な「Homeward Bound」、意外な選曲「Not Fade Away」へと流れる「Mrs. Robinson」など)との狙いがあったことは想像に難くなく、それが僕にとっての感動の素になっています。けれど一方で、この極上音源はライヴに足を運ばなかったことを強く後悔させる。だってコレ聴いて何度鳥肌が立ったことか、おまけに不覚にも胸にこみ上げてくる瞬間まであったりして(その場にいたら泣いてるね、きっと)。ちょっと塩辛さが混じったアートの声、独自の節回しを織り交ぜるポール、そしてあのハーモニー、アコギの調べ、あるべきところにある転調、音色、ソロのメロディ(R.I.P. Mr. Michael Brecker)などなど。

ふぅ。

個人的に特にグッと来た曲をいくつか折り返しの向こう側(苦笑)に貼り付けたので、よかったら聴いてみて下さい(感動的な「明日に架ける橋」をトラック・タイムの都合でUP出来なかったのが残念)。

perfect_moment_is.jpg
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search