fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 048:QUEEN 『The Miracle Game』 1981年2月16日武道館

 ライヴ・バンドとしてのクイーンはいつの頃がピークだったんだろう?例えば彼らの最高傑作は?の問いに対し票が割れるように(そうでもない?)、これについても様々な答えが出てきそうです。それはともかく、こちら75年ボストン盤を聴いてからというもの数十年ぶりにクイーン熱が再燃。気付けば?5タイトルほど一気買いしてたりして(苦笑)。

the_miracle_game.jpg


で、今回はその中から一発。1981年、武道館でのみ計5回行われた4度目の来日ツアーの3公演目、2月16日の演奏をステレオ・オーディエンス音源にて完全収録したタランチュラ・レーベルの新作です。

初来日から6年、相変わらずな黄色い嬌声に加え、この頃はメンズの歓声もかなり増え、ノッケからそれはもう凄い盛り上がりよう。改めてバンドと日本のファンの蜜月ムードの健在ぶりを実感しますが、と同時に当時の最新作『ザ・ゲーム』(&サントラ 『フラッシュ・ゴードン』)を境に徐々にクイーン離れを始めた自身のことも思い出しちゃいました(けどラスト作収録の「Show Must Go On」なんかは今聴くとえらく胸に響きます)。

その『ザ・ゲーム』と『フラッシュ・ゴードン』の2作は”No Synthesizer”の誓い?を解いたとしてバンド史上の変節を伝える作品ですが、この時のツアーもそんな作風を反映してか、時折”らしくない”シンセ音が飛び出したりします。で、今もって僕はそこに違和感を覚えてしまうのですが(ファンクやソウルに接近し始めた当時の”新機軸”にも馴染めませんで。あとフレディはやはり長髪がイイでしょ、なんてまるで女子な発言)、演奏の勢いに衰えは全く見えず、特に前半の捲くし立てるような目まぐるしさや、終盤のドラマチックな展開はやはり強力。 特に掉尾を飾るに相応しい名曲「伝説のチャンピオン」の存在はやはり大きく、これが流れ出すとそんな細かな物言いモードもどこかへ飛んでいってしまうというか。

音質の方ですが、レーベルきっての腕利きテーパーによる音源提供だけあって実に素晴らしい、文句無しのクオリティに仕上がっています。特にスネア・ドラムやベースの音にしっかりと芯があるので、全体の音が締まって聴こえますね。AUD音源のブートは兎角ベースの音が細くなりがちなんですが、この点をクリアしているのは本盤の大きなアドヴァンテージだと思います。しかしこれ会場のどのあたりで録音されたものなのか、楽音はまるでアリーナ前方で録ったような近さで捉えられている上に、曲中のカットや目立った乱れの無いところ(強いて言えばオープニングSEにややノイズが乗っていること位でしょうか)も実に嬉しい。

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
711
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
76
see ranking>>
Search