FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 050:RAINBOW 『Definitive Dynamo』 1978年1月22日武道館

クイーン、S&G、イエス、レインボー。このところ、まるで中学生時分に戻ってしまったかのような懐かしい顔ぶればかり聴いている四十半ばのオヤジです(苦笑)。

タランチュラ・レーベルの76年ライヴ3部作で改めて英国ハード・ロック魂に火が点いたか、別のレインボー来日公演モノにも手を出してしまいました。公式ライヴ盤『On Stage』のリリースから半年後、計16回(15回?)という長丁場となった2度目のジャパン・ツアー中、1月22日武道館でのライヴ(10回目公演)を収録。異なる2つのAUDソースをそれぞれ2CDに収めた4枚組仕様になっています。

definitive_dynamo01.jpg

火の玉リッチー、派手なアクションを想像させるトリルの連発、ノイジー、激烈、荒っぽさから来るスリル、ハプニングがそれを更に煽り立てる、客の笑いをとるロニー、いつ終わるとも知れぬソロを冗長と見るか感動への長い助走と見るか、ん?何がどうなってんの?、混沌しかしアドレナリン爆発、自らギャグ混じりの見せ場を用意していたコージー肉声入り、そしてギター・クラッシュ~。

何言っているのかワカラン、とツッこまれそうですが、演奏自体は音で十分に楽しませてもらいながらも、何が起きているのか目で確認したい、どこぞかに映像はないのだろうか?といったもどかしさも同時に募らせてしまう、僕にとっては何やら罪つくりな?音源とも言えそうです。

音質については、あの『雷神』と比べてしまうと分が悪いが、とはいらぬ物言いですかね、当時としては大変良好、やや距離は感じるものの、3巨頭が互いの存在感を拮抗させるバンドのコアな部分を浮き上がらせるようなサウンド・バランス。初来日時と入れ替えになったBとKeyの影が薄いのは最早致し方なし、てな感じでしょうか(おまけにソロ以外でのKeyの音は全体的にオフ気味)。そんなクリアな音質の、けれど一箇所欠落がある”Tape #1(ディスク1&2)”と、さらに距離を感じさせ、クリア度も落ちてしまうもののTape #1の欠落部分をノー・カットで収録した”Tape #2(ディスク3&4)”。となればソース・ミックス仕上げの2CD版で良かったのではと思ってしまう訳ですが。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search