FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 053:BAD COMPANY 『Performing Star』 2009年7月4日ニュージャージー

72歳:ビル・ワイマン 69歳:リンゴ・スター、ジンジャー・ベイカー 68歳:チャーリー・ワッツ 67歳:ポール・マッカートニー 66歳:ミック・ジャガー、ジャック・ブルース 65歳:ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、キース・リチャーズ、ロジャー・ダルトリー、ロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン 64歳:エリック・クラプトン、ピート・タウンゼント 63歳:デヴィッド・ギルモア、ジョン・ポール・ジョーンズ 61歳:スティーヴ・ウィンウッド、ミック・ラルフス 60歳:ロバート・プラント、サイモン・カーク 59歳:ポール・ロジャース…

こんな書き出しをしてしまうのはこのところ立て続けに舞い込んで来る訃報のせいだきっと。ちなみに英国人男性の平均寿命は76.7歳なんだそうな(日本人男性は78.7歳)。あえて書くような事じゃないだろ、との誹りを受けるかも知れませんが、好奇の気持ちなんぞ全く無いわけで、この先十数年の間に一体僕はどれだけの訃報に接することになるんだろう、などと考え始めると何ともやりきれない。

そんな将来に対する募る寂しさに対抗しうるものとは一体? たとえ死んでも音は残る、確かにそうだとは思うけど、それが未来のことであるなら、そこには決して前向きになれない諦念がつきまとう。

なら例えばバンドの復活劇なんてどうだろう?新作のリリースまでは求めないからせめてライヴを。老練な楽器弾きが再び集まりかつての曲々を共に演奏する。それが単なるノスタルジアに終始することなく(例えそうだったとしてもそれが悪いこととは限らない)いまの音として興奮と感動を与えてくれるなら。

でこの際極論しちゃうと、”主”たるメンバーが中心になるもので、もしもその可能性があるのなら全てのグループが再結成してくれればいいと僕は思ってます。 過去の栄光とやら、昔のあのコーフンをまた味わいたい、でもって大金が懐に転がり込んでくるなら益々ケッコウ。再結成による活動が僕らの感動やチカラに繋がってくれるのなら、それの何が悪いことか。まぁ実に短絡的な発想だとは思うけど。

そんなことを書きながら思い浮かべていたのが実はレッド・ツェッペリンだったりするんですが、あのO2アリーナからもう1年8ヶ月が経つんですね。おそらく多くの人が胸いっぱいの期待、いや期待半分不安半分で迎えたであろうあの日の演奏は(僕の場合もちろんブートを通じてですけど)実に複雑な聴後感を残しました。予想以上に良かったじゃないか、という思いと共に言いようの無い欠落感があったのも事実で、僕にとって最も大きかったのはやはりボンゾ不在によるそれ。往年の頃と比べればディスク1枚分短いセットでしたが、フェスなどへの即席的な参加と違いフルスケールのライヴだったから尚更そう感じたんでしょうが、”レッド・ツェッペリン”という名のもと、あのバンドサウンドの構成要素として絶対的な存在を補うことは腕の立つ息子にだってやはり困難だった訳で(生きていたら今どんなドラムを叩いていたでしょうね)。

何やらハナシがさんばらばん(なぜか丹波弁)になってきました。

performing_star.jpg
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search