FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 054:JEFF BECK 『Royal Albert Hall 2009』 2009年7月4日ロンドン

今年7月4日に行われたジェフ・ベックの英国ツアー最終公演、於ロイヤル・アルバート・ホール in ロンドン。この日の音源は元ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアとの共演が聴けるとあって、せひともブツとして手元に置いておきたかったんですが出るのはどれもCD-R仕様ばかり。それを横目にどこぞかがプレスで出してくれないものだろうか?との望みを先日BFが叶えてくれました。


店頭の手書きPOPにはネット落としではない云々とあったのでどうやら独自のルートから入手したソースのようです。メンバーがステージに登場する直前からの収録になっていて、ミドル部分のリズムを変えてきた1曲目「Beck's Bolero」から「Where Were You」の演奏後、思わず頷いてしまう一人の男性客が叫ぶ”Beautiful!”からベックのMCまで正しく完全収録。近頃のAUDソースはノイズもカットも無く安心して聴けるものが多いですが、これもそんな仕上がりになってますね。

音の方はホールの残響が目立つものの決してイヤな感じではありません。ギターの音もよく聞こえているし、リズム隊の迫力もナカナカ(キーボードがややオフ気味ですかね)。気になる低域の歪みはちょいとアヤシイところがあったりしますがまあOKでしょう。

ところが、終盤のギルモアとのジョイント部分がミョーなことになっていて、左CHのギルモアのギターが、まるでイヤーモニターかサウンドボードソースのようなバキバキにコントラストが効いた音になっているんですね(店頭のPOPにはミックス音源とは書かれていなかったと思います)。おまけに入力レベルが一人だけやけに高いので、そこが不自然(ヘッドホンで聴くと余計そう感じます)。

ところでその「Jerusalem」はWikipediaによれば ”18世紀イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの長詩「ミルトン」(Milton)の序詩に、同国の作曲家サー・カールズ・ビューバード・パリーが1916年に曲をつけた合唱曲” なんだそうで。僕なんぞはついEL&P版(「聖地エルサレム」)を連想してしまうんですが、この曲でのベックのプレイはそれはもう見事なもので(一方のギルモアはおそらくリハ不足のせいだと思いますが、ちと怪しめ。それでも ”ザ・フロイド” な音は十分魅力的ですが)、近年クローズアップされてきた ”ロマンチックなベック” 全開といった感じ。それだけにギルモアとの音量バランスの悪さが惜しいのですが、この曲が目当てでプレスに拘らないのなら他レーベルのタイトルをチェックされた方が良いかも知れません。※例のMP3Tubeは曲時間が長いので2分割にしてあります。

2曲目の「Hi Ho Silver Lining」ではスティーヴ・ウィンウッド、アンディ・フェアウェザーロウらとの共演となった、この日と同じロイヤル・アルバート・ホールで1983年に開催されたARMS Concertでのバージョンを思い出しますが、この日のベックはリード・ヴォーカルをギルモアとシェア(1コーラス目:ギルモア、2コーラス目:ベック)、そこへイメルダさんがコーラスとして華を添えるといった具合ですが、いかんせんこの音源では残響派?のベック以下4名 vs バキバキ一人大音量のギルモアという構図になっているため歌がよく聴き取れません。

で、そのイメルダさん。不覚にも今回初めてこの人の歌を聴いたんですが、良い意味でのたゆたうような歌声が印象的ですね。ロカビリー界のシンガーらしいのでこれがこの人にとってどんな位置付けの曲なのか分かりませんが、ともあれ、以前共演したイモージェン・ヒープといい、この人といい、ベックの女性ヴォーカルへの好みが窺えるようではあります。ちなみに9月21日にはロンドンのO2にてベックとイメルダ・メイ・バンドとのジョイントライヴがあるもよう。

royal_albert_hall_2009_a.jpg royal_albert_hall_2009_b.jpg royal_albert_hall_2009_c.jpg royal_albert_hall_2009_d.jpg
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search