fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 061:ERIC CLAPTON 『Boogie Chillen' 旅人 貳』 1990年12月5日武道館

タランチュラレーベルからクラプトンの新しいブートがリリースされました。9回目となる1990年のジャパン・ツアーから12月5日の武道館公演を完全収録。以前ココで4日の演奏を収めた同レーベル発のブートを取り上げましたが、その続編。音源提供者も同じで、この日もDATレコーダーでの録音とのことです。

boogie_chillen.jpg

ある意味当時の日本の経済状況にマッチしていたとも言える高価なブランド服を着込んでブルースを演奏、というバブリーなムード漂わせるECですが、コンサートの内容から匂い立ってくるのもゴージャスさとコマーシャリズムといった印象(それが悪い訳じゃありません)。更に言えばソロ名義での活動期間中、最もハード・ロックに接近した(これについてはフィル・パーマーというサポートギタリストに因る部分も大きいようですが)と言いたくなるよな音とアグレッシヴな演奏が聴けます。

セットの流れ自体は4日と大差無いやや演出色の強いものですが、この日は「Driftin' Blues」が「Boom Boom」に、「Sunshine Of Your Love」からメドレー的に挿入される「Two Trains Coming」も「Boogie Chillen'」に替わっているなど、若干の変更がありますね。

音質については”シリーズものの場合、後発は先発を越えられない”という定説をアタマ差ほどで超えた見事な高音質ぶり。4日版も比較的距離感の近い好ソースでしたが、個人的にはバスドラの音により芯を感じられる点でこちらに軍配を上げたいと思います。

ちなみに、4日版は客入れ時のBGMから収録されていましたが、この日はLayla (Orchestra Intro)からの収録(アタマ数秒欠けてるような)。それに対し終演後についてはホール外の様子も録音されているなど、長めの収録になっています。

boogie_chillen_is.jpg
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search