Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 068:JEFF BECK with THE IMELDA MAY BAND 『One Night At Indig O2』 2009年9月21日 ロンドン

うわ、何だか新鮮。でもって楽しい。

思わずそんな感想を漏らしちゃう、唯一「Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues」だけが8'29"と長めなだけで、あとは3分または4分台が中心、しかも歌伴がメインという思わず期待が募る展開。

という訳で、前回に続きベック関係でお送りしてみたいと思います。

beck_may.jpg

9月21日、ロンドンのO2にある2000人規模の会場”IndigO2”で行われた一夜限りのスペシャルライヴ、アイルランド発のロカビリー・バンド、イメルダ・メイ・バンドとのジョイント公演のもようをフル収録とのこと。イメルダさんとは7月4日のロイヤル・アルバート・ホール以来の共演ですが、ビッグ・タウン・プレイボーイズといいやっぱり御大この手の音、好きなんですねー。

何でもこのコンサート、アメリカン・エクスプレス社が企画したものらしいんですが、詳細は不明。それよりも開演前の”今夜演奏される曲はジェフの個人コレクションからのセレクト(大意)”に観客共々ワタシもにわかに色めき立つ次第。

ちなみにベックが登場するのは3曲目の「Baby, Let's Play House」からで、以降出るわ出るわのオンパレード。スコッティ・ムーア、クリフ・ギャラップ、ポール・バリソン、ブッカ・ホワイト、ハンク・マーヴィン、スティーヴ・クロッパー、レス・ポール…。

ジャンルの垣根を取っ払った選曲も魅力的で、トリニアーズ、サント&ジョニー、シャングリラス、ジョニー・オーティス、リトル・リチャード、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ、ジュリー・ロンドンなど。途中聖歌もあれば、ベックからの共演の申し出を断っちゃったというこの日会場にいたジミー・ペイジとロン・ウッドを”臆病モン”と茶化す一幕もあり(その後客席からジミーコールが(笑)。「Cry Me A River」の演奏後に聞けます)。そして最後はお馴染みドリーミーな「虹の彼方に」で締め。

こんな歌伴てんこ盛り(+意外なインスト曲)を聴けるとは。しかも曲調のバリエーションがそのままアプローチのそれにも繋がっているという。コンパクトな曲ばかりなのに無比なベック・ワールドを満喫した思いです。しかしここ一発的に飛び出して来るギターの相変わらずカッコイイこと♪
スポンサーサイト

西方徘徊 067:JEFF BECK with THE JAN HAMMER GROUP 『Complete Cape Cod 1976』 1976年8月27日 マサチューセッツ州ケープコッド

久しぶりにジェフ・ベックのブートを紹介してみたいと思います。

先々週西入りした時に入手したものですが、76年のヤン・ハマー・グループとの帯同USツアー中盤、8月27日のマサチューセッツ州ケイプ・コッド・コロシアムでのライヴを一部別ソースによる補填(後述します)はあるものの、当時としてはすこぶる良好なステレオ・オーディエンス音源で収録(2CD仕様)しています。

実はこの日のライヴ、同じレーベルから一年程前に1CD仕様でリリースされていましたが、今回使われたのは全くの別ソース。そのクオリティ差たるや歴然で、全編に渡り安定している音質だけでなく、既発盤に未収のアンコール曲「Led Boots」を完全収録するなど、かなりのグレードUPを果たしていますね。

コチラは今回目出度く?お役御免となった1CD仕様の既発盤。

capecod_f.jpg capecod_r.jpg
『Cape Cod Jam』
Wardour-061 2008
モノラル・オーディエンス音源収録 プレス1CD

いざ高性能レコーダーを持ち込んではみたものの、バッテリーの残量チェックを怠ってしまったが為に(たぶん)折角のチャンスが尻すぼみ…。つまり曲が進むにつれ音揺れやこもり、ピッチの変調、その上バッテリー不足を気にしてか(たぶん)、曲間でテープを止めていた為に誤ってイントロをカットしてしまうなどコンディションの悪化が目立つ、序盤の音のコンディションがかなり良好なだけに、実に惜しいと言わざるを得ないブツでした。

そこへ登場したこの度の新音源。今年になって数々の優れた音源がトレントサイトを通じて放出されたマサチューセッツ州ボストン、プロビデンスあたりを中心に活動していた人物による録音ですが、残念ながら完全収録とは行かず、冒頭、演奏開始直前の15秒間とテープ反転のタイミングと思われる「Scatterbrain」3'15"~3'41"の欠落部分は既発版のソースで補填されています。

complete_cape_cod01.jpg   

西方徘徊 065:EAGLES 『Fujiyama Mountain Way』 1979年9月17日武道館

数ヶ月前から告知されていたイーグルス79年の来日公演を収録したブツがやっとリリースされたので買ってきました。タランチュラレーベルの新作です。

eagles_tarantura01.jpg

1976年に続き2度目の来日公演となったThe Long Run Tour in Japanの初日、1979年9月17日の武道館ライヴを完全収録しています。音源提供者はこれまでにも数多くの名録音で僕を唸らせ楽しませてくれた ”桃印” Mr. Peach。こんな音源をまだ残していたんですね。という訳で、今回もかなりイケてますぜ、旦那。

eagles_tarantura03.jpg

オープニングが「ホテル・カリフォルニア」なのはまぁそうだろうと思うものの(ギターソロに入った瞬間わき起こる歓声にグッと来ます)、2曲目が「過ぎた事」とはちと意外。が良く考えたらこの位置でライヴ向きなノリの良い有名曲となれば、これ以上相応しい曲も無いかも知れませんね。

で、お次が『ロング・ラン』の中でも僕自身特にお気に入りのナンバー。ジョー・ウォルシュはイーグルスのメンバーとしても実に良い曲を残してますよね。

基本的には代表曲で構成されたセットですが、ホテル~からの曲がたった2曲に絞られているのが意外。そして後半、ジョー・ウォルシュ色が濃厚になっていく展開これまた意外。しかしそれがまた実に良いんですね。これまで公式ライヴを含め、オリジナル作品は全て聴いてきたもののアングラなライヴ音源にはほとんど手を出していなかったことに気付きました。おそらく彼らが僕の考えるライヴ・バンドの範疇に入らないと判断していたからなのだと思いますが、この音源を聴いてちと反省。

ちなみに本ツアーの終盤、特に最終日22日の大阪では「テイク・イット・イージー」の後、更に「テキーラ・サンライズ」と「我が愛の至上」を演奏したのだとか。

音質ですが、中低域寄りの厚みある音像が特徴でしょうか。ホール感=残響もかなり録り込んでいるんですが、演奏自体の距離感は近め。やや歪みを感じる部分があるのと、ドラムスの音が詰まり気味なのが惜しいですが、バンドの持ち味であるヴォーカル(含むコーラス)とギターの音がしっかり前面に出ているので聴き応えは十分です。

Live at Budokan, Tokyo 17th September , 1979
Disc 1
01. Opening
02. Tuning
03. Hotel California
04. Already Gone
05. In The City
06. Doolin-Dalton
07. Desperado
08. Lyin' Eyes
09. Introduction
10. I Can't Tell You Why
11. Desperado
12. Heartache Tonight

Disc 2
01. Interval
02. One Of These Nights
03. Introduction
04. Turn To Stone
05. The Long Run
06. Life's Been Good
07. Life In The Fast Lane
08. Rocky Mountain Way (1st encore)
09. Take It Easy (2nd encore)

eagles_tarantura02.jpg
『Fujiyama Mountain Way』
Tarantura TCDE-1-1,2 2009
ステレオ・オーディエンス録音音源使用 紙ジャケット仕様 プレス2CD
購入店:西新宿P 7,800円

イーグルスの映像といえばやっぱりコレが定番でしょうね。ウォルシュとフェルダーが順にキメるピック・スクラッチのカッコイイこと。

そして「我が愛の至上」。この曲が私的イーグルスの至上。ここではJ.D.サウザーがゲスト参加しています。

西方徘徊 064:THE BEATLES 『A Collection Of Beatles Oldies』Dr. Ebbetts Series

今回はちょいと目先を変え、僕が初めて聴いたビートルズのアルバムのことを書いてみたいと思います。

『オールディーズ』はビートルズ活動期唯一のコンピレーション・アルバムである。 1963年から1966年までのシングル曲とアルバム収録曲からの選曲、また当時英国で未発表曲であった『バッド・ボーイ』(米国では米国編集のアルバム 『ビートルズ IV』で発表済)が収録された。英国と英国編集の国のみで発売され、米国や米国編集の国では発売されなかった。当時の英国盤にはビートルズは年間2枚のアルバムを制作する契約だったが、1966年のビートルズは『リボルバー』完成後にアルバムを制作せずオフに入ったため、パーロフォンが企画したものだった。

日本盤では "A BEATLES COLLECTION OF OLDIES" という誤ったタイトルが盤面と背表紙にクレジットされており、日本・韓国盤以外の裏ジャケット(来日時にホテルで撮影された写真)は裏焼きとなっている。

1987年から始まったCD再発ではCD化されず、オリジナル・アルバムとオリジナル・アルバム未収録曲はCDシングルおよび『パスト・マスター ズVol.1』『同Vol.2』でCD化された。2009年現在も『オールディーズ』は未CD化である。

「オールディーズ(アルバム)」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より 2009年10月10日 (土) 15:41 

ご多分に漏れずというか、この『オールディーズ』が初ビートルズLPだったという方多いんじゃないでしょうか。ただ僕の場合は買った訳ではなくて。

かれこれもう35年近く昔のことになりますが、当時半ば競うように聴き、情報交換をしていた同い年の洋楽仲間がいました。父親がピアノとギター、母親が声楽、自身も幼少の頃からバイオリン教室に通うなど、音楽が身近にある環境に育ったせいか、彼が好きな曲について語る時の独特な視点は聞いていて面白く、またこの頃は好みが似通っていたこともあり、尽きぬ音楽バナシによく花を咲かせていたものです(余談ですが彼の妹は後にかなりの人気を博する某アイドルユニットのメンバーになります)。

またどちらかと言えば裕福な家庭でもあったので、家には既にステレオコンポがあり、遊びに行く度に?増えていた新しいシングル盤を垂涎の眼差しで見つめていたことも思い出します。”これすげーイイから聴いてみてよ” そんな感じで彼の家で初めて知った曲も数多くありましたね。そうそう、それまでは雑誌の広告でしか知らなかったアナログブートなるものを初めて見せてくれたのも彼でした。


ある年ある日のこと、彼に集まったお年玉でカセットデッキを買いたい(!)から一緒に秋葉原に行こうと誘われました。でその時彼が買ったのがシルバーの面構えもまばゆいSONY製のデッキ。と一枚のLP。

僕が初めてアルバム単位で聴いたビートルズはその時カセットデッキと一緒に彼が買った『オールディーズ』とまあそんなハナシなのです。

当時の僕はといえば、その2年程前に突然父親が買ってきたナショナル製のラジカセを独占し、FM放送を聴いては録るといった日々を送っていましたが、彼がそのデッキで録音してくれた音はラジカセで聴いてもFM放送を録ったそれとは音の密度がひと味もふた味も違う。同じビートルズの曲でも雰囲気が異なって聴こえるんですね。おまけに曲が途中で切れることもないし、アナウンスも被らないし、家の近くをクルマが通った時に決まって入っていたマルチパスノイズもないし、てな具合にいい事ずくめで、以来飽きもせず毎日こればかり繰り返し聴いていた憶えがあります。

SONY_TC.jpg
イメージ画像

残念なことに未だCD化されたことのない『オールディーズ』ですが、将来的なリリースの可能性は決して低くないと見ているんですがどんなもんでしょう。どうせ出るなら紙ジャケが良いですよねやはり。その時裏側の写真はどっちを向いているでしょうか。他にも『ロックン・ロール・ミュージック』や『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!(アット・ハリウッド・ボウル)』など、公式にCD化してほしい作品はまだまだありますね。

という訳で、そんな未リリースの影に裏盤有り、ってことで今回はこんなブツを取り上げてみます。

oldies.jpg

Dr. Ebbettsシリーズ。ハイスペックなオーディオ機器で再生したコンディションの良いオリジナル盤をCD化、そんな簡単な説明で事足らしてはいかんのかも知れませんが、何せその存在は知りつつも、これまであえて手を出さずにきたシリーズです。

それが何故かと言えば、制作ノートがある訳じゃなし、いや仮にあったとしても結局は正体のよくワカラン裏のブツ。しかもCDで聴く訳で、それを真に受けてこれがオリジナル盤の音か、てなことになっちゃいかんだろ、とただそれだけのハナシ。

なのに今回その禁を解いてしまったのは、結局はリマスター盤の内容に満足していたのが理由じゃなかろうかという気がしています。上手く言えないんですが、帰る場所がちゃんと出来た今なら、知らぬ怪しい場所にふらり出掛けてみるのも悪くないか、そんな感じ?(苦笑)

例によってMP3フォーマットなので ”あくまで参考程度にどうぞ” ですが何曲か貼り付けてみました。モノとステレオのUKオリジナル盤を元に制作されたとのことですが真相やいかに? 音質的にはなかなかよく出来ていて、針音もなく、音圧も割合しっかり出ていますが、ステレオ版「恋を抱きしめよう」の1'33"のところに音飛びがあります。

がしかし、個人的には今回のテーマは音質よりもその曲順。当時何度も繰り返し聴き刷り込まれたその曲順。なら今回のリマスター盤から寄せ集めてCD-Rにでもすれば良かったじゃないかと気付いたりもしましたが(苦笑)、とまれ、あと単曲としてはこのLPで初めて聴いた「Bad Boy」がポイントでしょうか。最初聴いた時のまるで鬼っ子のような違和感が、その後自身の中で大きく変わって行き、いつしか最高のR&Rとして刻まれている。聴く者の耳を釘付けにするざらついた声とファルセットの絡ませ方の妙、ゾクッとくるシャウトとソレを入れるタイミング。特徴のある音色を聴かせるギターも相当印象的ながら、とにかくジョンの歌が凄いです。

LED ZEPPELIN 『Taking No Prisoners Tonight』 1975年3月12日ロング・ビーチ

前稿に続きツェッペリン。今回は翌5月12日に同所ロング・ビーチ・アリーナで行われたライヴを収録したブツを取り上げてみたいと思います。この日の4人ですが、”音質の初日、内容の2日目”なんて格言?を地で行く、徐々に上り調子となった前日終盤の勢いにハイテンションを更に加えノッケから見事な演奏を聴かせてくれています。

この日については、僕の知る限りでは2つのオーディエンスソースが存在していて、ひとつが過入力のせいか音割れのかなりキビシイソース(収録タイトル:Silver Ratities 『Trampled Under Jimmy's Foot』 TDOLZ 『Standing In The Shadow』など)で、もうひとつがライヴ終盤に演奏された「Stairway To Heaven」の途中からエンディングまでを見事なクリアさで捉えているもの。で、今回紹介するのはそれら2つのソースを抱き合わせたいわば複合版です。

ちなみにこの”天国~”以降のクリアな音源は前稿でも触れたマイク・ミラードの手によるものですが、その高音質ぶりを聴くにつけ途中からの録音なのがつくづく残念でなりません。

とは言え、もう一方のソースも音割れがキツイとは言うものの、妙なイコライジングを施していないのが幸いしちゃんと聴き込めるそれなりに優れたソースだと個人的には思っています。いわば実にブートらしい音でもある訳で。僕自身は決して嫌いな音ではないですね。
 
lz75lb_bh_01.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
527
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。