FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 062:JEFF BECK 『Gives A Fan His Axe』 2009年2月9日NHKホール

以前ここでギターマガジンに掲載されたベックのインタビューについて記事にしましたが、その中でベック本人が "噂が流れている”と語っていたクラプトンとの再共演が(噂の地、NYではなく)、来年の2月13日、ロンドンのO2アリーナで行われることが決まりました。

ECJB.jpg

具体的な内容についての詰めはこれからとのことですが、構成自体は埼玉同様、お互いのセットの後に共演するパターンになりそうですね。

ベック「今年の始めに日本でエリックと一緒に演奏したのは実に最高だったよ。あれからずっと連絡を取り合っていたし、似たようなショウをまた演りたいと二人で話していたんだ。来年のショウが楽しみさ。

クラプトン「僕にとってジェフ・ベックは最高のギタリストの一人で、友人で、素晴らしい男さ。真の才能の持ち主だね。日本での共演は最高だったから、また一緒に演奏出来るのは自然な成り行きって感じさ。

現在ベックはトレバー・ホーンとスティーヴ・リプトンのプロデュースの元、5年ぶりとなるスタジオ作品の制作中。クラプトンは盟友スティーヴ・ウィンウッドとの北米ツアーをちょうど終えたところ。

詳細(含むチケットの購入方法など)については、それぞれの公式サイトでどうぞ(EC & JB

一体どんなメンツで臨むのか?演奏曲は?オフィシャルリリースの可能性はあるのか?  色々と興味が尽きませんが、まずはブートのリリースが楽しみ(笑)。



さて今回のお題ですが、以前ココで紹介した日(2月9日 NHKホール)の別音源で収録したブツを取り上げてみたいと思います。もうこういった買い方は止めなきゃ、と思っていた筈なのにたまたまショップで聴いたその音が耳から離れず結局買ってしまいました。

his_axe01.jpg

ライヴから7ヶ月後という、とうに旬を過ぎてからのリリースですが実際の売れ行きはどうなんでしょう。この既発を凌駕する高音質ぶり。特にリズム隊のボトムの効き具合はかなりのものです。ショップのインフォによれば、モニター・ソースと”プロ機材を使用し録音された"(どんな機材?)オーディエンス・ソースのミックスとのことですが、そのオーディエンス・ソースの優秀さがソースミックスを意識させない高バランスに仕上げた要因という気がします。同様のソースミックス版としてSee No Evilレーベル製があり、こちらもかなりの高音質でしたがバランスの点ではそれをも超えていますね。

が、ここでちょいと難癖をば。

マスタリングの際の不具合なのか何なのか、ひょっとしてマスターからなのか、ほとんどのトラックの変わり目にギャップ(ブランクは無いんですが、音量差というか、ひょっとしたら欠けもあるのかも知れません)があります。曲間ならまだしも?例えばドラムソロからそのままなだれ込む「Led Boots」の場合なんぞどうにもいただけません。また「Nadia」の0'15"~0'25"の間に割と目立つノイズがありますね。

が、問題にすべきはこのギャップ。音源自体のクオリティがかなり高いだけに実に惜しいです。ひと昔前ならともかく、もしマスターからでないのなら交換ディスクを用意するべきじゃないかと思うんですが。

さて、今回は以前記事にしたX-AVELレーベルのタイトルと聴き比べが出来るようにしてみました。トラック単位のアップロードなので問題のギャップをお聞かせ出来ませんが、音質の高さは実感してもらえるんじゃないでしょうか。※「Peter Gunn Theme」を最後のトラックと結合させてUPしました。終演後の歓声部分で、急に音量が上がったように聞こえる箇所があると思います。僕は今回これをギャップと呼んでいます。

ちなみに本ブートのタイトルは終演後にベックが最前列の客にストラトをプレゼント→その後スタッフにより回収(笑)というネタ?に由来しています。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search