Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED ZEPPELIN 『Taking No Prisoners Tonight』 1975年3月12日ロング・ビーチ

前稿に続きツェッペリン。今回は翌5月12日に同所ロング・ビーチ・アリーナで行われたライヴを収録したブツを取り上げてみたいと思います。この日の4人ですが、”音質の初日、内容の2日目”なんて格言?を地で行く、徐々に上り調子となった前日終盤の勢いにハイテンションを更に加えノッケから見事な演奏を聴かせてくれています。

この日については、僕の知る限りでは2つのオーディエンスソースが存在していて、ひとつが過入力のせいか音割れのかなりキビシイソース(収録タイトル:Silver Ratities 『Trampled Under Jimmy's Foot』 TDOLZ 『Standing In The Shadow』など)で、もうひとつがライヴ終盤に演奏された「Stairway To Heaven」の途中からエンディングまでを見事なクリアさで捉えているもの。で、今回紹介するのはそれら2つのソースを抱き合わせたいわば複合版です。

ちなみにこの”天国~”以降のクリアな音源は前稿でも触れたマイク・ミラードの手によるものですが、その高音質ぶりを聴くにつけ途中からの録音なのがつくづく残念でなりません。

とは言え、もう一方のソースも音割れがキツイとは言うものの、妙なイコライジングを施していないのが幸いしちゃんと聴き込めるそれなりに優れたソースだと個人的には思っています。いわば実にブートらしい音でもある訳で。僕自身は決して嫌いな音ではないですね。
 
lz75lb_bh_01.jpg
スポンサーサイト
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
702
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
59
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。