FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 068:JEFF BECK with THE IMELDA MAY BAND 『One Night At Indig O2』 2009年9月21日 ロンドン

うわ、何だか新鮮。でもって楽しい。

思わずそんな感想を漏らしちゃう、唯一「Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues」だけが8'29"と長めなだけで、あとは3分または4分台が中心、しかも歌伴がメインという思わず期待が募る展開。

という訳で、前回に続きベック関係でお送りしてみたいと思います。

beck_may.jpg

9月21日、ロンドンのO2にある2000人規模の会場”IndigO2”で行われた一夜限りのスペシャルライヴ、アイルランド発のロカビリー・バンド、イメルダ・メイ・バンドとのジョイント公演のもようをフル収録とのこと。イメルダさんとは7月4日のロイヤル・アルバート・ホール以来の共演ですが、ビッグ・タウン・プレイボーイズといいやっぱり御大この手の音、好きなんですねー。

何でもこのコンサート、アメリカン・エクスプレス社が企画したものらしいんですが、詳細は不明。それよりも開演前の”今夜演奏される曲はジェフの個人コレクションからのセレクト(大意)”に観客共々ワタシもにわかに色めき立つ次第。

ちなみにベックが登場するのは3曲目の「Baby, Let's Play House」からで、以降出るわ出るわのオンパレード。スコッティ・ムーア、クリフ・ギャラップ、ポール・バリソン、ブッカ・ホワイト、ハンク・マーヴィン、スティーヴ・クロッパー、レス・ポール…。

ジャンルの垣根を取っ払った選曲も魅力的で、トリニアーズ、サント&ジョニー、シャングリラス、ジョニー・オーティス、リトル・リチャード、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ、ジュリー・ロンドンなど。途中聖歌もあれば、ベックからの共演の申し出を断っちゃったというこの日会場にいたジミー・ペイジとロン・ウッドを”臆病モン”と茶化す一幕もあり(その後客席からジミーコールが(笑)。「Cry Me A River」の演奏後に聞けます)。そして最後はお馴染みドリーミーな「虹の彼方に」で締め。

こんな歌伴てんこ盛り(+意外なインスト曲)を聴けるとは。しかも曲調のバリエーションがそのままアプローチのそれにも繋がっているという。コンパクトな曲ばかりなのに無比なベック・ワールドを満喫した思いです。しかしここ一発的に飛び出して来るギターの相変わらずカッコイイこと♪
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search