fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 070:ERIC CLAPTON 『What A Fool Believes』 1981年12月8日 横浜文化体育館

クラプトンの81年音源が出ました。

wafb.jpg

アルバム『Another Ticket』リリース後、計8公演が行われたという5度目のジャパン・ツアーのラス前、12月8日の横浜文化体育館での演奏をステレオ・オーディエンス音源にて完全収録。録音者は例によって桃印なお方。ちなみにこの日の音源は半年程前にLHが『Let Me In』というタイトルでリリースしていて、ソチラも音のクリアな良盤でしたが(乾いたスネアドラムの音が好みです)、なにぶん至近で鳴る手拍子や"イエーッ"を繰り返す一人の客が足を引っ張っており(苦笑)、今回メーカーがインフォで「オーディエンスノイズ無し」を謳うのはこのへんの事情があってのことでしょうね。とまれ、この日の音源としては、本タイトルが既発を凌ぐ内容になっているのは間違いのないところでがしょう。

この時のツアーメンバーは79年に英国人のみで仕切り直されたバンドに元プロコル・ハルムのゲイリー・ブルッカーを加えた布陣。

まずは裏ジャケの曲リストを確認しつつディスクをトレーへ。

♪We skipped the light fandango

1968年と言えば絶対に欠かせない個人的にとても重要な曲。思わずそのトラック8から聴き始めてしまいました。で、あのムードそのままに厳かに鳴るハモンドに深みのある声が乗ってくる瞬間ってば。 間違いなく本盤での私的クライマックスのひとつ。実に感動的。ちなみにここでソロを取っているのはアルバート・リーです。

とにかくこの1曲を聴いただけでもう本盤が価値あるものに思えてきます。これは是非ともナマで観たかった。それにしてもこのバージョン、”And so it was”のところでやけにタメ効かせてます。

他にはキーボードの音が音像に奥行きをもたせている録音の見事さを実感できる「Wonderful Tonight」。スリリングなソロがイケイケなビートに乗る「After Midnight」。「Another Ticket」のイントロ部分ではBB5の「God Only Knows」を連想し、7割以上がギターソロという「Blues Power」はバスドラの連打に支えられて以降の畳み掛けがコーフンもの。続く小気味良いシャッフル・ビートのマディ・ウォーターズ・ブルース「Blow Wind Blow」。もうひとつの私的クライマックス、搾り出すよなクラプトンの歌とテンションの高いギターが聴ける10分弱、「Ramblin' On My Mind / Have You Ever Loved A Woman」。

スローな前フリからやおら飛び出す「Layla」のリフ。この位置で演奏されるのならピアノ・コーダのパートが省かれているのはやはり残念。僕は「Layla」という曲はあの後半部分あってこその名曲だと思うんですよね。そして最後はメンバーが順に音を乗せて行くトラック9の「Band Introduction」が印象的な「Further On Up The Road」で了。これを聴くと思わず同じ年にシークレット・ポリスマンズで実現したクラプトンとベックとの共演を思い出しますね。

で。

最後のトラックが客出しBGM、ドゥービーの「ある愚か者の場合」です。それが本作のタイトルになっている訳ですが、何で?
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search