fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 073:JEFF BECK with The Jan Hammer Group 『Boston 1976 Definitive Edition』 1976年10月10日 ボストン

 先日取り上げた75年のコチラに続き、翌76年10月10日にボストンの同じ会場で行われた演奏を収録したブツがリリースされました(初登場音源ではないです)。75年盤同様オーディエンスソースが使われていますが、これがまた抜群の音の良さで、76年のヤン・ハマー・グループとのジョイントもので何かひとつと言われれば、まずはこの日を押さえるべきと言っても過言じゃありません。

boston_1976_DE.jpg

演奏前の司会者によるアナウンスから、終演後アンコールを求める観客の盛り上がり具合、客電点灯によるブーイングまで、オープニングアナウンスのすぐ後に一ヶ所カットがあるものの、演奏については見事に完全収録しています。また別のウリのひとつに、USツアーからの寄せ集めで作られた公式ライヴ盤『ライヴ・ワイアー』に収録されている「Blue Wind」がおそらくLPの収録可能時間の都合だと思いますが、短縮編集されていたことを暴露?した点があります。

音の方も限りなくライン録りに近いオーディエンス録音という感じで聴き応え十分なんですが、まずは2001年に高域が強調されたイコライジング臭の強いタイトルがリリースされ(それでもウハウハ言いながら聴いてました、もちろん)、その後前述のアナウンス部分などを加えた収録時間延長+ノンイコライジング(との触れ込み)版としてバージョンUP。以降は優秀な音源にありがちな、前タイトルが廃盤になると、別のレーベルがそれをフォロー、という流れになっています。

てなことは全て過去の書き込み、大層なタイトルなんぞ付けてにうだうだ書き込んでいたりするので、今回は極々シンプルに音源のUP(MP3)だけにしておこうかと。なお、既発3タイトルについては数曲ずつ過去ログの方に貼り付けているのでよかったらそちらへも寄り道してみて下さい。

ブートレグの私的功罪:ジェフ・ベック編
  • 『Wired Up 1976』 Watch Tower WT2001003/4 (2001)
続・ブートレグの私的功罪:ジェフ・ベック編
  • 『Live At Boston 1976』 Watch Tower WT 2004115/6 (2004)
  • 『Wireless』 Tarantura TCDJB-1 (2007) 
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search