fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 074:RAINBOW 『An die Freude ~ 歓喜の歌』 1978年1月17日 大阪

ライン録音ではないけれど、文字通りのオーディエンス録音でもない。どういう事かと言うと、例えばバンドのメンバーや関係者がステージ上にレコーダーを持ち込み録音したものが流出しブート化、なんてパターンがあったりします。

実は今回のブートを初めて聴いた時、まず思ったのがソレ。とにかくリッチーのギターがやけに近く(その分ヴォーカルを含む他パートは”若干”オフ気味)、そのギラリとした鋭い音と相まり刺激的なことったらない。音像的にはまるでステージの向かって右側から中央にマイクを向けて録ったように聴こえるんですが(オーディエンスノイズがやや左ch側に寄っています)、全編一貫してそうという訳ではないし、単に客席前方から録ったオーディエンス音源に違いないと思いますが、製作サイドは当初コレをライン音源と判断したらしく、裏ジャケに「Soundboard Recording」の表記があります。加えて初登場音源という触れ込みも、どうやらアナログブート時代から出回っていたソースというオチが付いたようで。結局そこへ独自のマスタリングを施し、音の迫力を増大させたという事のようです。

an_die_freude.jpg

収録されているのは、1978年に計16回公演で組まれた2度目のジャパンツアーから6日目、1月17日大阪厚生年金会館での演奏です。16、20日と合わせ、3デイズとなった同会場公演の内、何でもバンドがアンコールに応えたのはこの17日だけだったそうで、まずはリッチーのご機嫌が良かった17日の大阪、という位置付けがされているようです。ちなみに本編最後の「Still I'm Sad」終了後、アンコールに応えるまでの間、わずか20秒。シームレスに編集してあるだけで実はカットありというのであれば別ですが、そうでないのならこんなところにもリッチーのアゲアゲな様子が現われていると言って良さそう。

で、そう意識して聴くと確かにオーディエンスの反応が速く、しかも的を得ているようで(「Catch The Rainbow」での手拍子はいらんと思うけど)、例えばクッション的にやんわりと聴かせる「Blues」あたりでも盛んにメンバーの名を連呼するなど、いい具合の交感ムードがバンドに好影響を与えているってのはあるのかも知れないですね。

an_die_freude_is.jpg

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search