FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 079:GUNS N' ROSES 『The Spirit Of '88』 1988年12月7日 中野サンプラザ

ガンズ・アンド・ローゼズの来日公演が間近に迫ってきましたね。『Chinese Democracy』を好意的に受け止めた身としてはチケットを入手すべきだったんでしょうが、何だろう、行って後悔することはないだろうと思いながら、どうにも腰が重たかったのはやはり今のガンズをそれと認めたくないある種のコダワリからなのか、それとも93年のライヴを観た時の虚ろな感覚がまだ心のどこかに残っているからなのか、どのみちブート(またはアップロード音源)はチェックするつもりでいるんですが( ^ ^ ;

ガンズ・アンド・ローゼズは88年から92年までの4年間、僕が最も好んで聴いていたリアルタイム・ロックバンドです。てなことはもう随分前に一度書いたような気がしますが、60~70年代の音は別として、リアルタイムの洋楽からキモチが離れ気味だった当時の僕を再び現行ロックの世界に引き戻してくれたのが彼らでした。オーセンティックなロックンロールのスタイルに混ぜ込まれたささくれ立ったストリート感覚とパンキッシュな性急感。どうもポーズじゃなさそうなヤバめな佇まい。中でも強く反応したのが、ギリギリのところで絞り出すように歌うアクセルの声の切迫感。この上手いのかそうでないのかよく分からないけどとにかく凄い、ヒリヒリとした肌触りの声に急速に惹かれていったところから4年間の蜜月?は始まります。

また、当時幅をきかせていたまるでオモチャのような意匠のギターでやけにテクニカルな技を繰り出す米国産ハードロック勢の中にあって、どこか引き摺るようなルーズなリズム感で、官能的なフレーズや音色を聴かせるスラッシュのギターにもとても惹かれましたね。まるで過去の遺物に成り下がってしまったかのようなレスポールを(あえて)使っているあたりにも本物志向がうかがえ、そんな部分にも妙にナットクしていたものです。

gunsnroses.jpg

さて、今回はつい先日入手したブートを取り上げたいと思います。やはりこの頃がベスト、1988年の初来日ツアーから12月7日の中野サンプラザ公演のサウンドボードソース(一部AUDソースで補填)を収録。かつて『Self Destruct Era』というタイトルで流出したソースと同じものだそうですが、そこに2階席後方から撮影したという映像を収めたDVD(音はCDのソースを流用)をボーナス付け。

ちょうど1年程前にリリースされたものですが、過剰在庫なのか、あるいはグレードUP盤が控えているのか、どこの取り扱い店でも半額以下に値下がりしていたので思わず食い付いてしまいました。

spirit_of_88s.jpg
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search