FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 090:BLACKMORE'S RAINBOW 『極楽蝶 -Ave Maria-』 1976年12月14日 広島

音塊、ただならぬ殺気、仁義なき戦い広島死闘篇。僕はただもう向かってくる音に蹂躙されるだけ。けどそれが何だか嬉しい、という。

歪みの少ないクリアな音じゃなきゃとか、バランスがどうの、曲欠けが有るの無いの、今度ばかりはそんなことがどーでも良く思えてきます。要は聴いてどう感じるか、ですよね(ちなみに曲中の欠け無し&終演アナウンス入りの完全収録版になってます)

では音が悪いのかと言えば、否。けれどこの音はそんな紋切り型の尺度で語ることを拒むようでもあります。がそれでも言うならバツグンの高音質。歪み?ワリとあります。けどそれは当然。だってたかだか二千人弱の収容能力しかない会場で爆音が鳴っていた訳ですから。むしろ個人的にはそれがかえって良い塩梅というか、ハードロックを正しくハードロックとして聴かせる、オフィシャルも敵わぬ凄みがこの音にはあると思います。

という訳で、ヘッドホン&大音量で聴きながらぽちぽちとキーを叩き始めましたが、実は聴き始めてからこれで3度目のリピート。音がワタシを離してくれません。

ave_maria.jpg

聴き覚えのない未発表曲、けど会場の誰もが即ノックアウトされたに違いない「Kill The King」。コージーのドラムが先導する硬質な音の厚み。けどそれだけでなく見通しの良い奥行き感もある。それがイントロのアタック部分からも感じられると思うんですが、ココがこの音源の大きな特徴だと思うんですよね。よく聴けば全パートかなり良好なバランスで鳴っているんです。

このバスドラの音は一体何!?な「Mistreated」。その音に合わせて雄叫びを上げる観客。実際この音源でのコージーのドラム、特にバスドラはとても気持ちのよい音で録られています(なのでドラムソロもかなり聴き応えアリ)。

リッチーがテープエコーを効かせて「Greensleeves」を爪弾く間ですら当地の客はやかましい(笑)。左chからぼそぼそと聞こえてくるチャットもこんな部分でだと気になるし、例えば「Catch The Rainbow」でリッチーが独演する部分など、結構ヒスノイズが目立ったりもするんですが、この音の気配の前ではどれも小事に過ぎずと言い切ってしまおう。
 
バンドに格別な勢いを感じるのもこの音質のおかげでしょうね、特に後半の畳み掛けなんぞ筆舌に尽くし難いです。「Stargazer」「Still I'm Sad」そして「A Light In The Black」で〆るという3連弾。特にアンコールナンバーの「A Light~」が凄まじい。ブレイク後のソロでリッチーがフィードバックをキメた後に再びバンドが文字通り一丸となって攻め立てて来るところなんざ、マジで悶絶。で勢い余ってかエンディングのユニゾン部分でタイミングが合わずとっちらかっちゃうんですが、それもまぁ小事(笑)。

ちなみにこの日は「Do You Close Your Eyes」が演奏されなかったのでギタークラッシュは無し。けどそれは他の音源で聴くからよろし。それよりも「Stargazer」と「A Light In The Black」の両方を楽しめる本音源の一粒で二度おいしいところを僕は買いたい。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search