FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 091:JEFF BECK GROUP 『Doin' That Crazy Thing』 1968年7月17日 ダラス

相変わらずレインボーの76広島に捕まりっぱなしのワタシですが(コレ、やっぱり凄いです)、今年最後のブツはジェフ・ベックで行ってみたいと思います。

75年と76年のボストン公演に続き、今度は第一期ジェフ・ベック・グループの代表的な音源がLHからリリースされました。

1968年6月14日から始まった初のアメリカツアーから7月17日、ダラスのLuAnne's Clubでの2部構成の演奏(インターバルはごく僅かだったようで、演奏曲のダブりはナシ)をオーディエンスソースにて完全収録。

どうやらかなり狭いハコでのギグだったらしく、それが距離が近く密度の濃い(酸素はきっと薄い)音に現われているようでもあります(一昔前ならサウンドボードと銘打って売られた可能性大)。これが41年以上も前の録音とは実に信じ難し。で、個人的にも大好きなタイプの音なんですが、肝心の演奏の方も実に素晴らしいです。ベックとロッドの絡み?モチロン快心の出来として刻まれてますよって。

JBG_Dallas_1968.jpg

ベック&ロッド以外のメンバーはベースがロン・ウッド。当時JBGよりも待遇の良いクリエイションに籍を置きつつ、JBGとは付かず離れずのスタンスで関わっていたようですが、このUSツアーでは固定メンバーとして復帰。ドラムスは67年にウォーカー・ブラザーズのサポートメンバーとして一旦バンドを離れたものの、後にやはり復帰したミック・ウォーラー。ちなみにニッキー・ホプキンスがバンドに関わるのは10月頃なのでこの日は4ピースでの演奏です。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search