FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 099:PINK FLOYD 『Echoes In Montreux』 1971年9月18日 スイス

昨年7月にベックとロンドンで共演したデヴィッド・ギルモア。前稿ではそれを収録したブツを取り上げましたが、そこから遡ること38年。今回のお題は、1971年9月18日、スイスのパビリオン・モントルーでのライヴを収録したフロイド・ブートです。新登場マスターで当日の演奏を完全収録とのこと。確かに鮮度の高いステレオ・オーディエンス・ソースでバランスも良好。またどの曲も演奏後には盛大な拍手がわき起こっていますが、演奏中は会場全体が固唾を呑んで聴き入っているような静けさで、これもある意味臨場感抜群と言うか、とにかく聴き始めて程なく演奏に集中出来る内容になっています。

ところで、71年の9月18日といえば彼らが初めて来日した箱根アフロディーテ(8月6日と7日)のおよそ1ヶ月後の演奏ということになります。ちなみに箱根ではオープニングの「原子心母」から順に「グリーン・イズ・ザ・カラー~ユージン斧に気をつけろ」「エコーズ」「シンバライン」「神秘」が演奏された様ですが、この日は翌月にリリースを控えたアルバム『おせっかい』から「エコーズ」を1曲目に演奏。あとは「グリーン・イズ・ザ・カラー」と入れ替わりに「太陽讃歌」がセット入りしている点が一番の違いかと思いきや、さにあらず。

実はコレ、混成コーラスとブラス隊を加えて演奏された最後の「原子心母」を収録しているという点で重要な音源とされているんですね。

PF_Montreux.jpg
スポンサーサイト
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
561
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
55
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。