FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 106:AEROSMITH 『East Side West Side Blues』 1977年2月4日 福岡

「本作は極楽蝶を超えられるのか???」

1976年12月13日・レインボー in 福岡九電記念体育館の予約受付が始まりました。早速オーダー入れましたが、どんな音でどんな演奏が飛び出すのか。早く聴きたいですねー。


さて今回はそのレインボー公演からおよそ2ヶ月後の1977年2月4日、同じく九電記念体育館で行われたエアロスミスのライヴを収録したブツを取り上げようと思います。

以前紹介したこの10月のスイス公演からだと3ヶ月と少々。1時間強という短めな演奏時間でしたが、今回も同様の展開で演奏曲もほとんど変化なし。違う点といえば長めのドラムソロがフィーチャーされているのと、ラストに「Toys In The Attic」が演奏されているくらい。個人的には代表曲「Back In The Saddle」が演奏されていないのは意外でした。あと名バラード「Home Tonight」も。ってさすがにそこまではムリ?。

とここでちょいと話が横道に逸れますが、この『Rocks』の最後を飾る「Home Tonight」。個人的にはあの「Dream On」をも超える最高のバラード曲だと思っているんですが、何故かこれまで数多リリースされたどのベスト盤にも(あの『Pandora's Box』にすら)収録されたためしが無いんですよね。当時シングルカットもされたってのにこの不遇な扱いはナゼ?。



『Swedish Rocks』もかなりの高音質でしたが、今回はまず初登場のサウンドボード音源という点が最大のポイント。何でもPA卓からライン録りしたソースに「臨場感を持たせる為に用いられたアンビエント・マイク」で録った音を簡易的にミックスしたものだそう。もしも演奏部分が客の反応などをほとんど録り込んでいないスタジオライヴ風の音だったのなら、この処理は個人的には○。まるでAUDソースのような臨場感が「まぶされて」ます。

aerosmith_fukuoka.jpg

そしていくらドラッグまみれだったとは言え、創作力はピークを迎え、ライヴ・バンドとしても最もトンガっていた頃の演奏です。ましてやそれが来日音源と来た日にゃ。あとコンピレーション式にまとめられた『ライヴ・ブートレッグ』に対するアドヴァンテージとして、ひとつのライヴをほぼ完全収録している点も見逃せませんね。

という訳で、スタートボタンを押すとまずは「‥‥ステージの前にバリケードを設けました。警察の方も来ていらっしゃいます」なんて声が聞こえてきました。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search