FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 109:BLACKMORE'S RAINBOW 『Kill For The King』 1976年12月10日 京都

全10公演となったレインボー76年の初来日音源も今回で9つ目になります。ムカシのようにハズレを引いてげんなり、なんて展開もなくここまでいい感じに来れたのも情報が豊富な現代ならではというか。レインボー関係はPとLHがリリースしたブツに的を絞っていけばほぼ間違いないという今の状況はにわか虹音源ファンとしては実に有り難いことです。

今回は取りあえずのIn Japan 1976の最終音源。まだ7日の名古屋公演が残っていますが、これに関しては随分前にダウンロードした音源がHDの中で眠っていたので(苦笑)、後程CD-Rにでもしてじっくり聴いてみたいと思います。

catch_the_niji.jpg catch_the_niji_r.jpg
『Someone's Calling My Name ~ Catch The NIJI』 N-001/002

さて今回のお題。LHがリリースした『Kill For The King』(Rising Arrow-023)という名のブツで、12月10日の京都公演を収録。14日の広島同様、アンコールで「A Light In The Black」を演奏しているところにまずソソられましたが、本音源のポイントはそこだけじゃあなかった。

ちと妄想含みですが、今ひとつピリッとしない(というか、どこかおちゃらけた風でもある)リッチーのムードが徐々にロニーやトニーに伝染。そこへ ”ったく何やってんだっ” とばかりに軌道修正をはかるコージーという図。始めに持つ音源ではないと思うけど、いくつかの凄いヤツを聴いた後なら妙に得したキブンを味わえるブツでもあります。いやぁこれはなかなか可笑しいよ。

kill_for_the_king.jpg

そこでまずはこんなところを。Disc 2の6トラック目「Jam incl. Apache」



半分寝てんのか?(笑)。出だしからいろいろあったけど何とかいつもの勢いでエンディングを迎えた「Stargazer」直後の状況です。ゆる~い感じでシャドウズの「アパッチ」と「F.B.I.」が飛び出しますが、そこへ即時対応していくコージーが素敵(笑)。

ちなみにこの後、いきなりリッチーがまるで憑き物が取れたように切れ味の鋭い「Still I'm Sad」のイントロを響かせ、いよいよバンドは本来の調子を取り戻し疾走を開始します。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search