FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 111:UFO 『Birmingham Tapes』 1974/76/77年 英バーミンガム

昨年の夏にリリースされたUFOの公式ブートレグBOX(以下、公式ブート箱)を買ったのをきっかけに、今度はオーディエンス音源が聴きたくなってしまいました。シェンカー加入前のブルージーかつサイケデリック、そしてガレージロック色を匂わせる時代もコンディションの良い音源があればぜひ手に入れたいんですが、まずは演奏、 楽曲のバリエーションとクオリティが頂点に達した1977年(アルバム『Lights Out』リリース時)に的を絞り物色を始めてはみたものの‥‥。

これといって有用な情報にも行き当たらず、何となく良さそうな気がする、ってことで3枚組のブツを購入してみました。でこれがナカナカの内容だったので、今回はソレを紹介してみたいと思います。

birmingham_tapes.jpg

1974年、76年、77年という3つの音源を3CDに収録。全て英国バーミンガムで録音されたAUDソース(会場は違う)が使われています。

■Disc 1 & 2 (tk1, 2):1977年6月5日 Town Hall *15曲収録
  • 6作目(M. シェンカー加入後4作目)の『Lights Out (新たなる殺意)』リリース直後の演奏

  • オープニングSEからエンディングまで完全収録(たぶん)

  • 距離感はあるがバランスは良好。マイケルのギターに深いエコーが掛けられている

  • 公式ブート箱に収録されている4月2日のラウンドハウス音源との聴き比べも一興。ここではアンコールに応え演奏された2曲もしっかり収録されている(公式ブート箱ではおそらくカットされてしまったんじゃないだろうか)
  • ちとピッチが高くない?

■Disc 2 (th3 - 14):1976年4月20日 Barbarella's Night Club *10曲収録
  • 5作目 『No Heavy Petting』リリース後の演奏。公式ブート箱に収録されているラウンドハウス公演の5日前の演奏

  • オープニングSE「トッカータとフーガ」からエンディングまで完全収録(最後の「Boogie For George」がカットされているかも知れない)

  • 先の77年音源よりも距離が縮まり、音像もよりクリアに。ベースもよく聴こえる。

■Disc 3:1974年8月5日 Bogarts 『Cold Turkey』というタイトルでもリリースされている音源。*10曲収録
  • 3作目 『Phenomenon』リリース後の演奏
  • ギターはマイケル&ポール(・チャップマン)の2人体制

  • バンドイントロダクションからの収録。が最後の「Boogie For George」があと少しのところでカットアウトしてしまう

  • ダンゴ状だが実は本タイトル中最もブートらしいともいえる音。悪くない

birmingham_tapes_is.jpg

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search