fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 117:AC/DC 『Diabolus Ex Machina #1』 2010年3月12日 埼玉

春霞たなびきにけり久方の月の桂も花や咲くらむ(紀貫之)

大量の黄砂舞う中国(やはりGoogle検索は出来ず)は北京より無事、と言いたいところですが腰が痛ぇ。

でもまずは帰還しました。

今回の出張中、仕事以外の事で印象的だったのはこの2つ。

まずは以前こんな風に書き込んでいたくせに観ていなかった映画を観れたこと、機内サービスってやつですが(苦笑)。素直に感動しましたねぇ。トーキング・ヘッズの「ロード・トゥ・ノーホエア」がここまで胸に迫ってきたことは無かったし、ディランの「フォーエバー・ヤング」を受刑者達の前で歌うシーンなんて思わず鼻水を機内食の上に垂らしそうになったし。



他に機内鑑賞した映画は『第9地区』、『トゥー・ウィークス・ノーティス』、『今度は愛妻家』(←残りあと10分てとこで着陸のため終了:笑)

kootec.jpg もうひとつがグッズ。北京のホテルの部屋に置いてあった Alarm Clock Radio for iPod なるブツ。上海のTONNEYというメーカー製でしたが、気になってその場で検索(Googleは使えない~)してみたら全く同じナリをしたものがKootecというメーカーから出てました。部屋にあったのがOEM品なのかパチったものなのかは不明ですが、作りはチープながら音質は意外やなかなかイケてます。少なくとも今使っているMacBook Proよりは数段上(当たり前?)。時間に余裕があれば探して買って来たところですが(おそらく日本円で二千円程度じゃないかしらん)、来月また出張あるのでちゃんとした?ヤツを買って持って行くか、現地で怪しいのを調達するか考え中。

Yoshinoya_in_Beijing.jpg あ、あと今回中国では初めて吉野家の牛丼を食したんですが、肉質、味付け共に日本のと全く変わらなかったのは少々意外でした。27元のセットを注文しましたが並サイズの牛丼(紅ショウガは有料1元、ケチくさ)と何故かコーラ(他に選択肢ナシ)と茶碗蒸しの組み合わせ。ちなみにみそ汁なんぞは存在せず(あったとしても砂糖で甘くしているかも知れない)、その代わりに玉子スープが汁物の定番になってました。


てな余談はこのへんにしておいて、中途半端なまま放置していた書き込みにハナシを戻したいと思います。

先のAC/DCジャパンツアー全3公演をプレス6CDに収録したブート。まずは自身も参戦した初日、3月12日のさいたまスーパーアリーナ分(Disc 1 & 2)から。

diabolus_ex_machina.jpg

あの大大コーフンの日から既に3週間以上経ってしまったんですね。興奮の度合いはまだ色濃く残っているものの、細かい部分についてはもう記憶が薄れ始めているようで、それが何とも歯痒かったりするんですが、そんな訳で今回は(今回も)言ってみれば自身にとっての備忘録といったノリでお送りしてみたいと思います。

オープニングのオリジナルアニメが始まる直前から終演までを欠けなく完全収録。3日間の中では最も臨場感の強い音源、つまり客の騒ぐ様子がかなり入り込んでいるんですが、確かに現場のムードはこんな感じだったもんなぁ。冒頭のアニメーションから場内大騒ぎです。

メーカーのインフォには14日と16日の仕上がりが素晴らしいなんて書かれてますが、個人的にはこの12日の出来が一番良いんじゃないかと思っています。それでも今どきのデジタル録音特有のクリアなんだけど密度感の薄い音と言うか、このあたりどうも音源との相性がある様で、例えば今回のように歪んだ音塊が攻め立ててくるようなケースにはやや不向きな気も(とは言え、鑑賞に堪えうるクオリティはちゃんと確保されています)。となるとやはり実際に使われた機材(マイクの仕様が肝な気も)や録音方法などの内幕が気になりますね。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search