fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 120:COZY POWELL'S HAMMER 『Lost Reel Masters』

第二期ジェフ・ベック・グループからベドラムを経て、1973年にミッキー・モストのレーベルRAKからソロ名義でリリースした「Dance With The Devil」が全英チャート3位をマークする大ヒット。

その後、ベック・グループとベドラムで活動を共にした旧知のメンバーを含む4人と自身の名を冠したCozy Powell's Hammer(以下、CPH)を結成。

翌74年に「The Man In Black」(18位)、「Na Na Na」(10位)と立て続けにヒット曲を連発するもののその1年後にはコージーがレインボーに加入してしまうため、グループは消滅。

そんなプロデューサー主導型のヒットメイカーとして以外の具体的な活動内容がイマイチ掴めずにいたCPHですが、それをひも解く鍵と言っても良さそうなタイトルが先日リリースされました。公式リリース前提にレコーディングされた音源が収録されており、中にはかなり最終形に近いと思われるテイクが含まれています。全て初登場音源ですが、そもそも前述のヒット曲以外のスタジオ音源が残されていたことからしてもうかなりの驚きだったりする訳で。

「Dance With The Devil」 RAK 164 (1973) 最高位3位 ※全米チャートでの最高位49位 Chrysalis 2029


「The Man In Black」 RAK 173 (1974) 最高位18位


「Na Na Na」 RAK 180 (1974) 最高位10位



メンバーは、左からクライヴ・チェアマン(b)、バーニー・マースデン(g)、コージー、フランク・アイエロ(vo)、ドン・エイリー(key)の5人。前述の旧知のメンバーとは、ジェフ・ベック・グループでのクライヴ・チェアマンとベドラムでのフランク・アイエロ。

という訳で、久しぶりの真性初モノ。ワクワクしながらプレイボタンを押しましたよ。

cozy_hammer_tape.jpg
"COZY 15 I.P.S. N.A.B. BACKING TRACKS HAMMER"
on the front cover of the reel box

最初に聞こえてくるのはコージーの肉声カウント。ボトムの効いた硬質なバスドラ音と粒の細やかなスネアロールのコンビネーションといい、やや前のめりに突き進んでいくタイム感といい、聴こえてくるのは紛れも無いコージー・サウンド。それだけでもう相当感慨深いんですが、ではそれぞれ簡単にコメントなんぞ。

1. Take Your Time (Instrumental)

前述の通りコージーの肉声カウントからスタート。ボーカルは無いもののオケは既にギターとキーボードがオーバーダビングされかなり完成形に近いと思わせる仕上がりになっています。16でバスドラを踏み込む後半の展開が聴きどころ。やおら切り込んでくるバーニーのギターがスリリングです。しかしこのドラム音の生々しさったら。

2. Instrumental #1

前曲同様コージーのカウント付。コージーらしい突っ込み気味のフィルインが聴けるイントロ。よく動くファンキーなクライヴのベース。そこにドンがエレピのソロを乗せるあたりでは思わずあのハミングバードを連想しちゃいます。その後の浅くワウを効かせたバーニーのアーシーなソロも聴き応え十分。ボーカル収録前のテイクですが、そのおかげでバンドアンサンブルがとても分かりやすい(笑)。メンバーがメンバーだけにそこにも強いスター性を感じますね。

3. Instrumental #2

バーニーとドンがユニゾンで聴かせるリフを中心に進行していく本音源中最もハード&ヘヴィなナンバー。ドンが弾いているのはクラヴィネット(もしくはその音色を出しているシンセサイザー)。リフ主体の曲構成なのでボーカルが無くてもさほど違和感を感じさせません。てかこれでも十分イケてます。

4. Take Your Time (with vocal)

1曲目のボーカル入りバージョン。基本アレンジやギターとキーボードがオーバーダビングされている点は同じですがオケは別テイク。ところで、2ndソロ『Tilt』(邦題『サンダーストーム』)がリリースされた81年当時、コージーに「ロンドンでバスの運転手をしている」と暴露されてしまったフランクですが、今はどこで何を?

5. Bad Kid (with vocal)

ホンキートンク調で跳ねるドンのピアノが印象的なシャッフル・ナンバー。曲調がフィット、まるで水を得た魚のようなフランクのボーカルもなかなかいい感じです。コージーのドラムはオカズが強調されたミックスになっています。

6. Living A Lie (with vocal)

『Tilt』にはバーニーとフランクを迎えた新録バージョンが収録されていますが(bass:ニール・マーレイ、keyboards : ジョン・クック。ニール・マーレイはこの後グループを去るクライヴ・チェアマンの後任としてCPHに加入)、そこから6年ほど遡っての初期バージョンといった趣。とは言え、聴き応えはその公式バージョンに何ら引けを取りません。その理由が公式版にはない3'23"からのユニゾンのフレーズをベースに進行して行くドラマティックな展開(バーニーのギターが実に素晴らしい)。その結果?公式版より2分以上も尺の長いバージョンになっています。アンサンブルの構築度といい、エンディングのエフェクト処理といい、本音源中最も完成度の高いのがこの曲。


さて、ここから先はいわばボーナストラック的なニュアンス(個人的には)。

「Na Na Na」に続く第4弾シングルとしてミッキー・モストが持ち込んできたデイヴ・ブルーベックのナンバー。いかにもミッド70's、どこかしらフレンチ風味というか、ヒネったイージー・リスニング風と言うか、なかなか面白いインスト曲ですが、ここでは計3つのバージョンが収録されています。

どれも基本アレンジ、ベーシックトラックはほぼ同じ。僕が聴いた限りバンドメンバーで演奏に参加しているのはドンとコージーだけじゃないでしょうか。ベースはムーグシンセ。実のところドラムですら同期モノを疑ったんですが。

ギターも簡単なフレーズがちょこっと顔を出しますが、これがバーニーの演奏とはどうしても思えない。また、最後のテイク(9曲目)で聴こえるカウントもメーカーのインフォではコージーによるものとしていますがどうでしょう。僕はドンによるガイド用のカウントじゃないかと思うんですが。

7. Le Souk (Final mix)
8. Le Souk (3 min. single version)
9. Le Souk (Outtake)

Cozy Powell - drums
Bernie Marsden - guitar
Don Airey - keyboards
Clive Chaman - bass
Frank Aiello - vocal

残された音源はこれで全部なんでしょうかね。メーカーのインフォにある「世界中のロックファンを唖然とさせた「Rough And Ready Reel Masters」以来の衝撃~」と呼ぶにはいささかボリュームが不足気味ですが、それでもかなり興味深い音源であることは確か。それぞれの曲の完成度もかなり高いですしね。

まるでベックグループのファンキーさとベドラムのヘヴィさを足して割ったような音、なんて形容は短絡過ぎるかも知れませんが、RAK特有のチープなグラム臭(それはそれで大好きですが)や成り行きで得たヒット屋というレッテルを超えた、バンドとしての拘りや矜持みたいなものが感じられます。作品もこのままグループが存続していたらかなり面白い内容に仕上がったんじゃないでしょうか。これ以上のソースが残っていないのなら、あとはコンディションの良いライヴ音源なんぞ出てくれるとより一層面白いんですけどね。

cozy_hammer_r.jpg
『Lost Reel Masters』
ステレオ・サウンドボード音源収録 プレス1CD
100セットのみナンバリングステッカー付
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search