fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 121:JEFF BECK 『World Rock Fesrival』 1975年8月5日 名古屋 & 7日 東京

数年前に一度リリースされ、その後廃盤になっていたジェフ・ベックのブートがどういう訳か今月上旬に20セットという小ロットで再発されました。スリーヴやディスクのデザイン、仕様(2CD-R)全て初回版と同じですが、今回はプラケにナンバー入りのステッカーが貼られています。既に完売しちゃってるんですが、今回はソレをお題にしたいと思います。

world_rock_festival_20100419002236.jpg

1975年8月、内田裕也氏が仕掛人となった日本初の国際的なロック・フェスティヴァル「WORLD ROCK FESTIVAL」に出演する為、2度目の来日を果したベック(初のオールインストアルバム『Blow By Blow』のリリースから5ヶ月後)。いや単に「国際的」では言葉足らずですね。日英(ジェフ・ベック)米(ニューヨーク・ドールズ)のロック・ミュージシャンが「対等の立場でステージに立つ」という裕也氏の夢を実現させた最初のロック・フェスがこの「WORLD ROCK FESTIVAL」でした。

8月3日 札幌  真駒内屋内競技場
8月5日 名古屋 愛知県体育館
8月6日 京都  円山野外音楽堂 (キャンセル)
8月7日 東京  後楽園球場
8月9日 仙台  菅生トレール・ランド (キャンセル)

メンバーはベック曰く ”肩ならしの時からしてどんなドラマーが目一杯叩くのよりも音がデカかった” という豪腕ドラマー、バーナード・パーディとジェイムズ・ブラウンとの活動で知られるベーシスト、ウィルバー・バスコムというテクニカルよりも生身のグルーヴ感を重視したと思われる黒人のリズム隊に盟友マックス・ミドルトン(キーボード)を加えた4人体制。アルバム中に見え隠れするファンクなムードを前面に押し出したコクのあるバンドアンサンブルがいかにもライヴ向きでイイ感じです。

world_rock_festival_b.jpg

そしてベック。ここには5日の名古屋(Disc 1)と7日の東京公演(Disc 2)が収録されていますが、両日共に様々なトーンを自在に操る動物的カンというかまるで反射神経がギターを弾いてるよなスリリングなプレイは聴き応え十分。特に名古屋公演の完成度の高さは特筆レベルだと思います。

ところが来日前のUSツアー中に崩した体調が回復せず、実際には高熱を押して出演するなどベックのコンディションは最悪だったと言われています。その為予定された5公演中、6日の京都と9日の仙台がキャンセルになってしまうんですが、この音源を聴く限り、それがにわかには信じられないほどの素晴らしい演奏が繰り広げられています。

5日の名古屋公演については後に同系列の別レーベルがプレス仕様で出した『Definition Of Blow』 Wardour-038(現在でも入手可能)を11月7日の書き込みで取り上げていますが、本タイトルに使われているソースも基本的にはそれと同じ。ところがテープのジェネレーションが数段上がったような音質差があります。そこに今回の再発の意義がある訳ですが、つまり先発の音が後発のそれよりも優れているというパターンなんですね。

ではそんな音質の違いからまずは↓でどうぞ。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search