FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 124:PAUL McCARTNEY 『Wings Flies Again!』 2010年3月30日, 31日 LA ハリウッド・ボウル

3月28日、アリゾナ州フェニックス公演を皮切りにスタートしたポール・マッカートニーの『Up And Coming Tour』。

今回はその2回目、3回目公演となったLAのハリウッド・ボウルでの演奏を4CDに渡り収録したタイトルを紹介します。

paul_hollywood_bowl_2010_a.jpg

このツアーの最大のキモは何と言ってもウィングス・ナンバーの大幅導入、とは少々言い過ぎか。でも1989-90年のワールドツアー以降、ここまでウィングス時代の曲が幅を利かせたことはなかった訳で、ビートルズ・ナンバーもあらかたやり尽くし、いよいよウィングスの番が回ってきたということなんでしょうね。

まずは『Wings Over America』を彷彿とさせる必殺メドレー「Venus And Mars~Rock Show~Jet」で幕を開けるというオドロキの展開。「Rock Show」が短縮版になっているのが残念ですが、”You've got Rock and Roll at the Hollywood Bowl♪” で会場が沸くところなんざ相当やかましい、もとい、なかなか感動的です。他にも今回が初演となる『Band On The Run』の「西暦1985年」、『Rubber Soul』の「君はいずこへ」や、34年ぶりに演奏される(違う?)「ワインカラーの少女」といった嬉しいサプライズもあります。

また、30日に演奏された「Got To Get You Into My Life」が31日には「Drive My Car」に、同様に「(I Want To) Come Home」が「幸せのノック」に、「君はいずこへ」と「Two Of Us」が「夢の人」と「And I Love Her」に、といった具合にこの2日間だけでも微妙にセットリストがいじられているんですね。

音質は音が近くて聴きやすい30日を★★★★(★★★★★☆を満点)とすると31日が★★★といった感じですかね。特に31日はやけにノリのよいオバチャン?のキャーキャー声がまぁやかましい(笑)。

それはともかく、この勢いでさらにウィングス・ナンバー、例えば「心のラヴ・ソング」「愛の証し」「あの娘におせっかい」といった嘗ての定番ナンバーやこれはウィングス名義じゃないけど「アンクル・アルバート~ハルセイ提督 」てなところをセットに組み込んで待望の来日決定!なんて妄想‥‥。公式サイトを見ると6月27日の”Hard Rock Calling”(一度行ってみたい)への出演まで決定しているようですが、秋口あたりにないかなぁ、来日。

では、まずは感動のオープニングから。30日の演奏がアブなっかしいのはご愛嬌。

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search