FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 125:JEFF BECK 『Heavy Blow』 1975年5月3日 ボストン

1つのプレイリストに2つの音源を登録。あっちを聴いてはこっち聴きを繰り返しながら比較してみましたが、少しでも気を抜くと?一体どっちの音源を聴いているのか分からなくなる(笑)。メーカーは「既発テイクとは比較にならない」とおっしゃいますが、その違いもこんな程度です、この駄耳には。

1975年式ジェフ・ベックの代表的なライヴ音源、5月3日のボストン、ミュージック・ホール公演。オーディエンスソースなれど、その音の近さやクリアさ、バランスの良さも然ることながらアナログ録音ならではの音の温かみがすこぶる心地よい(ブート音源にそんな褒詞が?と言うなかれ)個人的にも大好きな音源なんですが、その同じ日に別のテーパー、約1年前にトラッカーサイトに登場して以来、既に50を超える音源が放出されているダン・ランピンスキー氏録音の秘蔵ソースが登場、先日銀盤化されました、ってのが今回のお題。

76年8月27日のケープコッド公演に続くベック音源第2弾としてトラッカーサイトには1ヶ月程前に上がっていて、既にCD-R版は市場に投下されていましたが、プレス仕様はこのLH版が初になります。

ちなみに既発盤(スティーヴ・ホプキンスというやはりボストン周辺でいくつかの名音源を残している人物による録音音源)については、過去に2度ほどこんなカキコをしています。

JEFF BECK 『Lost Mistral Tape』 1975年5月3日 ボストン

西方徘徊 072:JEFF BECK 『Fire Still Burning』 1975年5月3日 ボストン

heavy_blow.jpg

という訳で今回もMP3音源を貼ったのでよかったら聴いてみて下さい。ですがその前に当日第一部に登場したマハヴィシュヌ・オーケストラの演奏から1曲。この時のツアーが彼らとのジョイント式だったことは過去の書き込みの中でも触れていますが、ランピンスキー氏はその両方を録音していたんですね。

曲は現在もベックがレパートリーに取り入れている「Eternity's Breath」のフル・ヴァージョン(74年作『エメラルドの幻影』収録)。ここでのドラムはあのナラダ・マイケル・ウォルデン。そして後にヤン・ハマー・グループとの帯同ツアーでベックが共演することになるスティーヴ・キンドラー(ヴァイオリン)もいます。今回LHはこのマハビシュヌ音源も同時リリース(2CD-R)していますが、ここではネットから落とした音源を使わせてもらいました。


*Opening for Jeff Beck

John McLaughlin - Rex Bogue Twin neck
Narada Michael Walden - drums
Ralphe Armstrong - bass
Stu Goldberg - keyboard
Steve Kindler - violin
Carol Shive - violin
Philip Hirschi - cello
Norma Jean Bell - sax
Premik Russel Tubbs - sax

ダウンロードソースに添付されていた当日のチケット画像
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search