fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 132:BLACKMORE'S RAINBOW『Sydney 1976』 1976年11月11日 シドニー

「うわ、チューニングの音近っ! 」

 セカンド・アルバム『虹を翔る覇者』リリース後のワールド・ツアー終盤。最終地日本上陸の前月11月に計11公演行われたというオーストラリア・ツアーから11日のシドニー公演を収録した2枚組のブツ(2CD-R)を購入しました。何でも10年前にリリースされ、その後廃盤になっていたタイトルとのことですが、今回用意されたのはたったの10セット(笑)。どうもあそこは近頃この手のパターンが多いですよね。

1976/11/04 Entertainment Centre Perth Australia
1976/11/09 Festival Hall Melbourne Australia
1976/11/11 Horden Pavillion Sydney Australia
1976/11/12 Civic Theatre Newcastle Australia
1976/11/13 Festival Hall Brisbane Australia
1976/11/16 Horden Pavillion Sydney Australia
1976/11/18 Festival Theatre Adelaide Australia
1976/11/19 Festival Theatre Adelaide Australia 1st show (matinee) ※急遽追加された為、200人程度の客を相手に演奏
1976/11/19 Festival Theatre Adelaide Australia 2nd show
1976/11/20 Festival Theatre Adelaide Australia
1976/11/22 Festival Hall Melbourne Australia

 ツアー序盤で披露された新作のB面を占める2つの強力チューン「Stargazer」と「A Light In The Black」の連続演奏という見せ場は消えたものの、この後長きに渡り貫かれるセット構成を練り上げての豪州入り。なので翌月のジャパン・ツアーでも同様の展開が披露される訳ですが、そんないくつかの来日音源を聴いた時には意識することのなかった類いの「陽」のムードがこの日の演奏のそこかしこに感じられるんですよね。

そしてさらに特筆しておきたいことが、この日は(も?)ロニーが実に素晴らしいボーカルを聴かせてくれている、ってこと。

Sydney_1976.jpg

  まずは冒頭聞こえてくるスネアドラムの音からしてもう期待が高まります。そしてお馴染みドロシーのSEからシンセサイザーの音量バランスが高い「Over The Rainbow」を経て、閃きに満ち、かつワイルドに炸裂するギターが印象的な「Kill The King」へ。ロニーのボーカルがややオフ気味に聴こえますが、それでも十分に高音質。そんな音のクオリティがもたらすバンドの一丸感、迫力にはやはり凄いものがあります。

 でその「Kill The King」演奏後にいきなりリッチーがギターのチューニングを始めるんですが、とここで冒頭のセリフへ(苦笑)。

そして開演。

"Toto, I've a feeling we're not in Kansas anymore.
      We must be over the rainbow... rainbow... rainbow... rainbow..."


スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search