fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 138:JEFF BECK『Ina Bauer』 2010年4月10日 JCB Hall

もうこういった買い方はやめよう、そう決めてたんですけどね。でもまぁそれもこれも自身がその場にいたからこそ、なんですが。

今年の4月に行われたジェフ・ベックの来日公演。その中から以前自身が参戦した10日JCBホールのブートを取り上げましたが、今回はそれとはまた別のソースが収録されたブツを紹介します。4月10日JCBホールでの演奏をオーディエンス録音ソースにて完全収録。レーベルはタランチュラでタイトルは『Ina Bauer』。そう来たか。

ina_bauer.jpg

2006年3月4日のイナバウアー(何度見ても感動)

その既発盤『Deep Emotion』も十分に高音質で満足していたんですが、独自の音づくりというか、いつも他のレーベルとは異なる比較的派手目なアプローチで仕上げてくるここんちの音がまぁリリース当初から気になっていたことは確か。ちなみに録音者は過去にここでも取り上げたことのあるクラプトンのタイトルと同じ人物。今回もDATを使ったんでしょうか?そのあたりに関するインフォはありませんが、ジャケットに写っているチケットを見ると録音ポジションはアリーナの前方、ほぼ中央って感じですかね。かなりの良席です。

さて、ライヴの内容についてはもうさんざん書き散らかしてるんでこれ以上は触れず、今回はごくシンプルに音の印象をば。

音源への距離がかなり近いので迫力の点では既発盤を上回るものの、高域が詰まり気味に感じられる分ややクリアさに欠ける印象。それがマスタリングに起因するものなのか、ともあれフレーズやタッチなどの微妙なニュアンスを味わうにはやや不向きな気がします。

対する既発『Deep Emotion』の音像はコンパクトかつ距離を感じさせるもののクリア度は高く、バランスが整っているのでより聴きやすい。まぁでもこれはあくまで個人的な印象で、今回のブツに関しては好き好き、結構評価が分かれるんじゃないか、という気がします。

現に「Corpus Christi Carol」や「Over The Rainbow」のようなエコー成分の強い独演風の曲ではその音の厚みからくるコクがプラスに働くようで心地よいインパクトを与えてくれます。あそうそう、同レーベルから去年リリースされた『Gives A Fan His Axe』(2009年2月9日NHKホール)にあったようなトラック間のギャップは今回無いみたい。良かった。

JB_2JCB.jpg

では今回も数曲。

既発盤『Deep Emotion』について書いた記事はコチラです。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search