FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 141:JEFF BECK, SANTANA & STEVE LUKATHER『Sound Market '86』 1986年6月1日 軽井沢 #1

今後未発表の放送用ソースの流出や、より優れたオーディエンス・ソースが出てこない限りコレが決定版と言って良いんじゃないでしょうか。

突然ですが、そんなことを書いたのが去年の5月。

西方徘徊 024:JEFF BECK 『Get Them All In The End』 1986年6月1日 軽井沢

その「より優れたオーディエンス・ソース」が35年の時を経て新たに登場してきました。放送音源をメインにしつつ、オンエアされなかった部分をオーディエンスソースで補填し仕上げた『Get Them All In The End』 ですが、上記のコメントはあくまでその補填に使われているオーディエンス・ソースの良質なものが、というニュアンスで書いたもの。なので全編AUDソースで仕上げられた今回のお題盤と既発盤とでは基本的にブツの成り立ちが異なります。けれど音の質感の変化に違和感を抱くことなく全編聴き通すことの出来る充足感というのはある訳で。しかもそれが高音質とくれば、尚更。

今回取り上げるタイトルの特筆すべき特徴は2つ。まず、ベックだけでなく第1部のサンタナ・バンドから最後のセッション大会までを欠落なく完全収録していること。そして音質は過去のAUD音源全てを一蹴してしまうほどの見事なもの。全編に渡って乱れのない、”一体どこでどうやって録ってんの?”的な優良音源なんですが、録音者は以前ここで取り上げた音源と同じ人物なんですね。

sound_market_86.jpg

今回はまずトップバッター、13時からスタートしたというサンタナのパートからいきますかね。時期的には翌87年にリリースされるアルバム『Freedom』のレコーディング中ということで、ヴォーカルで参加していたバディ・マイルスを連れての来日。代表曲に混じりこの時点では未発表だった新曲を披露している点でも貴重なライヴ音源と言えそうです。

ちなみにサンタナの音源としては、1999年に出たこのタイトルに9曲収録されたのがブートでは初出。FMで放送された8曲(メドレーは1曲換算:↓太字)にTV放送された1曲(※)をプラスし仕上げたものです。 9曲全てを収録しているようです。※750ryderさんより訂正フォローをいただきました。ありがとうございます。

■7月14日放送
●7月16日放送

01. Primera Invasion
02. Victim Of Circumstance
03. Incident At Neshabur / Mandela
04. Black Magic Woman / Gypsy Queen
05. Oye Como Va / Evil Ways / Jingo
06. Open Invitation (with Steve Lukather)
07. Songs Of Freedom (with Steve Lukather)
08. Savor / Percussion Solo / Soul Sacrifice (with Steve Lukather)

Encore #1
09. By The Pool / Europa

Encore #2
10. Right Now
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search