Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 145:RAINBOW『Burbank Master』 1976年8月3日 カリフォルニア

先日取り上げた『Thunder Roar』がツアー初期の音源なら、同時再発されたコチラは「ツアー最終日」のそれ。

1976年8月3日、カリフォルニア州バーバンクにあるスターライト・ボウル(5,000人規模のキャパの野外ホール)でのライブです。

1976/06/11 Columbus Veterans Memorial Columbus, OH USA
1976/06/13 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/14 Fairgrounds Allentown, PA USA
1976/06/15 Allen Theatre Cleveland, OH USA
1976/06/17 Beacon Theater New York City, NY USA
1976/06/22 Hara Arena Dayton, OH USA
1976/06/24 International Amphitheater Milwaukee, WI USA
1976/06/25 Aragon Ballroom Chicago, IL USA
1976/06/26 Indianapolis, IN USA
1976/06/27 Orpheum Theater Davenport, IA USA
1976/07/02 Masonic Temple Rochester, NY USA
1976/07/03 Broadwalk Casino Arena Asbury Park, NJ USA
1976/07/08 SMU McFarlin Memorial Auditorium Dallas, TX USA
1976/07/09 Municipal Auditorium San Antonio, TX USA
1976/07/10 Music Hall Houston, TX USA
1976/07/15 Jai Alai Fronton Miami, FL USA
1976/07/20 St. Denis Theater Montreal, PQ Canada
1976/07/26 Civic Arena Pittsburgh, PA USA
1976/07/27 Market Square Arena Indianapolis, IN USA
1976/08/03 Starlight Bowl Amphitheater Burbank, CA USA

34年前の録音ながら抜群のコンディションで楽しませてくれた『Thunder Roar』。それに比べればクリア度、距離感など音質的には分が悪いものの、これとて録音時期を考えればかなりの高音質。各パートのバランス良好。中でもギターとボーカルがほぼ等分に存在感を示すあたり聴き応え十分です。

しかもこの日の演奏がまた上等。随所で切れ味の鋭いスリージーなソロを繰り出すリッチー、アドリブ度高め&フェイク多めのラフなアプローチが魅力的なロニー、そしてそんな二人に負けじとド迫力のビートを叩き出すコージー。この三頭が互いにしのぎを削り合うバトルモードを味わえるのがこの日。さすがにツアー最終日ともなれば、自ずと熱の入れようも違ってくるということか。

それだけに前回の『Thunder Roar』同様、またもやソッコーで完売してしまったのが何とも惜しい・・

と思いきや、何と本日9/21付にて再々発されることが決まったもよう。入手しそびれた人、良かったですね。

Burbank_Master_f.jpg

というわけで『Thunder Roar』つまり6月17日のニューヨーク:ビーコン・シアター公演から約1ヶ月半後のライブ。

この間、セットリストやアレンジ面での変化はあったのか?

個人的にはそこが最大のチェックポイントになるわけで。

burbank_master_is_2.jpg
スポンサーサイト

西方徘徊 144:RAINBOW『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク

76年の来日音源を聴いたのをきっかけに再燃したレインボー熱。なんてまたもやどこぞかで目にしたような書き出し。

途中78年や80年の音源に寄り道しつつも、まぁそれなりに聴き進んできた76年音源ですが、どうせならもっと遡って追体験したい。というわけでライヴデビュー当時の良質な音源を探していました。

そこでまず入手したのが、2ndアルバム『Rising』のリリース半年前にあたる75年11月12日、NYのビーコンシアターでの演奏を収めた『Heavy Portrait』です。

ちょいとこの日のセトリを再掲してみます。

Live at Beacon Theater, New York, USA - 12th November 1975
01. Opening
02. Do You Close Your Eyes
03. Self Portrait
04. Sixteenth Century Greensleeves
05. Catch The Rainbow
06. Man On The Silver Mountain
07. Tony Carey Keyboard Solo
08. Stargazer
09. Still I'm Sad
10. Cozy Powell Drum Solo
11. Still I'm Sad (reprise)

この時点ではまだ開演を告げるドロシーのキュートな声も、終演後の「Over The Rainbow」も無く、後にギタークラッシュのテーマとしてアンコールで演奏される「Do You Close~」がなんと1曲目。そして続く2曲目、コージーが叩く1stアルバム収録曲「Self Portrait」があまりにも貴重過ぎる。

これ以外に聴いた日本上陸前のライヴ音源としては、公式にリリースされている76年9月ドイツでの4公演を除いては76年11月11日、豪シドニーでのライブを収録した『Sydney 1976』のみ。

このジャスト1年間の空間を埋めるピース、以前から聴きたいと思っていた『Rising』リリース直後のUSツアーの音源が2つ、どちらも廃盤になっていたものですが、半月ほど前に限定65セットにて同時再発されました。

■『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク:ビーコン・シアター公演を収録

■『Burbank Master』 1976年8月3日 カリフォルニア州バーバンク:スターライト・ボウル・アンフィシアター公演を収録

※共にAUD音源使用

そこで今回はまず『Heavy Portrait』の演奏からほぼ7ヶ月後、同じビーコン・シアターでの演奏を収録した『Thunder Roar』を取り上げたいと思います。

thunder_roar.jpg

メーカー曰く「登場後瞬く間に完売し」たとかで、聴けば確かにそれが頷けるハイクオリティぶり。2000人ほどのキャパのせいか、ギター、ボーカル(ジミーのコーラスも)、キーボードどれもかなりオン&クリアに捉えられています。一方、コージーのドラムがややオフ気味、全体的に軽めに聞こえるところが唯一物足りなさを残すかも。

では今回も私的聴きどころなんぞ。

西方徘徊 143:THE WHO『Manchester 1975』 1975年10月6日 マンチェスター

拝啓 新涼の候皆様にはご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます???

秋冷の爽秋の、涼風の、、、

9月も2週目に入ったってのに、どれにもまるでリアリティが感じられない。。

四季の中では夏が一番好き!を公言していた自身にとっても今年の暑さは実にキビシイです。

なもんでこのところずっと寝覚めは悪いし、だるいし、集中力は途切れがちだし、しまいにゃ仕事でポカやらかして凹むし。。

こんなキブンの時に音楽にチカラを借りるとしたら。今朝は我入魂のプレイリスト、THE WHOの「Baba O'Riley」と「See Me, Feel Me」のライブ音源ばかりを集めたやつ、とこんな音源を聴きながら出勤しました。

というわけで、今回は久々のザ・フーねた。なんてったって今日はムーニーの32回目の命日でもあるし。

Manchester_1975.jpg

1975年10月6日、英マンチェスターのベル・ビューにあるキングス・ホールでのライブを収録。音源自体は2008年の2月頃に登場したものです。

74年6月に行われたマディソン・スクエア・ガーデンでの4度のショウ(10, 11, 13, 14日)を最後にザ・フーとしてのライヴ活動を事実上休止して彼らにとって1年4ヶ月ぶりに組まれた英国ツアー、その3日目のライブです(ちなみに新作『The Who By Numbers』が3日前にリリースされたばかり)

このツアーでは3月に公開された映画『トミー』のヒットからその楽曲が増え、結果『四重人格』から演奏されたのは「Drowned」と「5.15」のみ。そこに『The Who By Numbers』からのシングル曲「Squeeze Box」と定番の代表曲を絡めるという流れになっています。

ちなみにこの日前座を務めたのはスティーヴ・ギボンズ・バンド。ギボンズは2年後の77年に、ポール・マッカートニーが「Giddy」という曲を提供して話題となったロジャーの3rdソロ『One Of The Boys』の唯一ハードなR&Rナンバーの作者としてクレジットに名を連ねることになります。

あともうひとつ興味深いのが、あのサディスティック・ミカ・バンドがこの8日後の14日、15日に同じくマンチェスターのベル・ビューでライブを行っているんですね。

Keith_Moon_1975.jpg  

音質はまずまずといったところ。音像は遠目ですが演奏の内容はそれなりにちゃんと聴き取れるレベルには達しています。当日の演奏曲は全て収録。ただし「See Me, Feel Me」の途中にテープ反転のタイミングと思われるカットがあります。

が、実はそんな音質がどうのを超越しちゃう旨味がこの音源にはあるんですね。

それが「My Generation」の終盤から「Naked Eye」へと続くまでの間に飛び出すキースのドラム・ソロなんです。

ソロ嫌いなキースが珍しく、おそらく突発的な思い付きだったと思うんですが、ひたすらタムとバスドラをヒットし続ける実にらしいソロを約1分半の間披露してくれています。

これは記録的にもとても貴重で、データ本『The Who Concert File』によれば、ツアーのライブとしてはこの日以外では74年6月10日のマディソン・スクエア・ガーデン公演でしかソロは叩いていないようです。

Superfly 『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (初回限定盤)』

たまにはこんなの。

毎日暑いし、ここはうだうだ書かずスカッと?いこう。ここ数日彼女の歌ばかり聴いてる。

wildflower.jpg

Superfly = 越智志帆

1日発売の新作『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' 』を買った。

ワールドカップの終幕から2ヶ月足らず、ここへきてようやっと名前、顔と曲が一致するといった副産物付き。

これが記憶の片隅に残っていた曲。



記憶の片隅?

そんな薄っぺらな印象がベリリッと音を立ててひん剥かれたのはその日新宿のタワレコの試聴機で聴いたこの1曲。

「Hot 'N' Nasty」、ハンブル・パイ1972年の名曲のカバー。

今は亡きスーパーボーカリスト、スティーヴ・マリオットのパワーを今に再現せんと放つ本格指向の伸びやかな声。オリジナルを強く意識したフェイクやヴォイスコントロールからまず感じるのは安定した歌の巧さ。けど、それ以上に感心したのは、おそらく彼女自身が聴いていて感じたツボを自身の表現に無理なく転化出来る才能の大きさ、かな。

これは紛れもなくロックだよ。

そしてオヤジ心をくすぐるキュートさ混じりの声と歌唱。ただ押しまくるでなく、いい具合に力が抜けていて軽やかでもある。それが聴いていて気持ちイイ。あと良い意味ではすっぱなムードのルックスもとてもキュート(大きな口を開けて歌う時の表情が好き)です。

てな訳で迷わずレジに持ってった。

superfly.jpg

『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (初回限定盤) 』

『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' (通常盤)』

■2010年第一弾シングル & Cover Songs Complete Bestの超豪華2枚組、全19曲!

■Disc1はオリジナル4曲、4方向のロック最先端! Disc2は1stシングルか9thシングルまでに収録してきた洋楽カバー全15曲を完全収録 (新録3曲)!

■今作はSuperflyにとって10枚目のシングル。特別なおまけとして通常盤は2枚組、初回限定盤は3枚組の仕様!
初回限定盤、通常盤共にパックされる【Disc-2】は、今までのシングルに恒例で収録されていた洋楽カバーと、CD化は初となるNeil Young「Heart Of Gold」のカバー、更に3曲新録のカバーを収録した”Cover Songs Complete Best”。

☆初回限定盤のみデジパック仕様 &「Fooled Around And Fell in Love」(Elvin Bishop)のカバーのバージョン違いを収録した8cmSINGLE付き

■Disc1
・「Wildflower」
フジテレビ木曜劇場『GOLD』主題歌

・「タマシイレボリューション」 2010年NHKサッカーテーマソング
W杯中に問い合わせが殺到したNHKサッカーテーマソング。今後も天皇杯サッカー中継、年明けのアジアカップ等々、サッカー関連の特集番組で幅広く使用されます!

・「Free Planet」
ソニー・エリクソン“Cyber-shot (TM) ケータイ S003”、“BRAVIA(R) Phone S004”TVCM曲
中村達也をドラムに迎えたSuperfly史上最もアッパーなロックチューン!

・「Roll Over The Rainbow」
フジテレビ「お台場合衆国2010」テーマソング

■Disc2
・「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」
映画「東京島」主題歌 原作:桐野夏生 / 主演:木村多江

・「Fooled Around And Fell In Love」
フジテレビ木曜劇場『GOLD』挿入歌

■Disc 3 (初回限定:8cmCD)
・「Fooled Around and Fell In Love ~acoustic ver.~ 」


まずはカバー曲を収めたディスク2から聴き始めたけど(カーティス・メイフィールドのカバーがあるわけじゃないのね?笑)、「Hot 'N' Nasty」以外ではホーンセクションを導入しムードを変えたエルヴィン・ビショップの「愛に狂って」、彼女の持ち味が力まずそれこそ”自然に”表現されているアレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」、ザ・バーズのリーダー、ロジャー・マッギン1974年の2ndソロ・アルバム『ピース・オン・ユー』に収録されたアル・クーパー作「ワン・モア・タイム」(渋いトコ突いてくるなぁ)、後半の盛り上りが凄いフリートウッド・マックの「リアノン」、軽快なシャッフルが彼女の持ち味にとてもよくフィットしているように感じるジム・クロウチの「リロイ・ブラウンは悪い奴」やフリーの「マイ・ブラザー・ジェイク」、リロイ~同様、ライヴ・ヴァージョンでの収録になっているジャニス・ジョプリンの「心のかけら」なんてところが特にお気に入り。意外にもストーンズの2曲にはあまりソソられなかったかな。あ、それと最後にしみじみと聴かせる「悲しみの水辺」も素敵です。

実はあまり期待してなかったオリジナルの4曲も良かった。あえてテイストの違う曲を集めたと思しき構成もニクイけど、どの曲にもツボとなるべくフックがちゃんと用意されていて、多保孝一という人の作るメロディには非凡なセンスを感じますね。

というわけで、今回は各カバー曲のオリジナルバージョンの動画なんぞを絡めて。

とその前にこんなのを見つけました。本作に収録されている15曲中11曲をダイジェストで紹介しています。


01. Mercedes Benz
02. Hot 'N' Nasty
03. My Brother Jake
04. Summertime
05. One More Time
06. Skipped Beat
07. Piece Of My Heart
08. Late For The Sky
09. Honky Tonk Woman
10. Bad,Bad Leroy Brown
11. Natural Woman
12. Rhiannon
13. Rock And Roll Hoochie Koo
14. Down On Me
15. Desperado

superfly_r.jpg
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
402
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。