FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 144:RAINBOW『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク

76年の来日音源を聴いたのをきっかけに再燃したレインボー熱。なんてまたもやどこぞかで目にしたような書き出し。

途中78年や80年の音源に寄り道しつつも、まぁそれなりに聴き進んできた76年音源ですが、どうせならもっと遡って追体験したい。というわけでライヴデビュー当時の良質な音源を探していました。

そこでまず入手したのが、2ndアルバム『Rising』のリリース半年前にあたる75年11月12日、NYのビーコンシアターでの演奏を収めた『Heavy Portrait』です。

ちょいとこの日のセトリを再掲してみます。

Live at Beacon Theater, New York, USA - 12th November 1975
01. Opening
02. Do You Close Your Eyes
03. Self Portrait
04. Sixteenth Century Greensleeves
05. Catch The Rainbow
06. Man On The Silver Mountain
07. Tony Carey Keyboard Solo
08. Stargazer
09. Still I'm Sad
10. Cozy Powell Drum Solo
11. Still I'm Sad (reprise)

この時点ではまだ開演を告げるドロシーのキュートな声も、終演後の「Over The Rainbow」も無く、後にギタークラッシュのテーマとしてアンコールで演奏される「Do You Close~」がなんと1曲目。そして続く2曲目、コージーが叩く1stアルバム収録曲「Self Portrait」があまりにも貴重過ぎる。

これ以外に聴いた日本上陸前のライヴ音源としては、公式にリリースされている76年9月ドイツでの4公演を除いては76年11月11日、豪シドニーでのライブを収録した『Sydney 1976』のみ。

このジャスト1年間の空間を埋めるピース、以前から聴きたいと思っていた『Rising』リリース直後のUSツアーの音源が2つ、どちらも廃盤になっていたものですが、半月ほど前に限定65セットにて同時再発されました。

■『Thunder Roar』 1976年6月17日 ニューヨーク:ビーコン・シアター公演を収録

■『Burbank Master』 1976年8月3日 カリフォルニア州バーバンク:スターライト・ボウル・アンフィシアター公演を収録

※共にAUD音源使用

そこで今回はまず『Heavy Portrait』の演奏からほぼ7ヶ月後、同じビーコン・シアターでの演奏を収録した『Thunder Roar』を取り上げたいと思います。

thunder_roar.jpg

メーカー曰く「登場後瞬く間に完売し」たとかで、聴けば確かにそれが頷けるハイクオリティぶり。2000人ほどのキャパのせいか、ギター、ボーカル(ジミーのコーラスも)、キーボードどれもかなりオン&クリアに捉えられています。一方、コージーのドラムがややオフ気味、全体的に軽めに聞こえるところが唯一物足りなさを残すかも。

では今回も私的聴きどころなんぞ。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search