FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

最近のジェフ・ベック(Live at The Brighton Centre 16th Oct 2010)

えー、またもや久方ぶりの更新となってしまいました。

相変わらず音源は買ったり落としたり。でもなかなか書くまでには至りませんで。そんな半ば放置状態だというのに毎日多くの方にご来訪いただき感謝しきりでございます。今後はもうちょいペースを上げるよう本人にはよぉく言って聞かせますのでこれからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

というわけで?今回は久しぶりのジェフ・ベック音源でいってみたいと思います。

とその前に、ベックといえば先日(といってもすでに3週間近く前)とても興味深いニュースが飛び込んできました。僕はツイッターのフォロワーさんの書き込みがで知ったんですが、なんとベックと嘗ての盟友ロッド・スチュワートが再び一緒にレコーディングするかも知れない?というハナシ。

既に二人の間でミーティングが持たれたようですが、これが二人の共演までにとどまるのか(それでも十分に刺激的ですけど)、はたまた第一期ジェフ・ベック・グループのリユニオンにまで発展するのか、(それともご破算になってしまうのか)今後の展開が気になるところです。

そしてもうひとつ。

現在も精力的にツアーを続けている先生ですが、冷シスからもリンクさせていただいているロンドンにお住まいのMickさんのブログ『斜に構えて。』に16日に英国南部の街ブライトン(『さらば青春の光』!)で行われたライブのレポートが掲載されているので紹介させていただきたいと思います。今年の2月13、14日@ロンドンO2 Indigo以来となる第3弾!

Together & Apart:Jeff Beck at O2 Arena, 13 February 2010

Together & Apart:Jeff Beck at O2 Arena, 14 February 2010

(追記&サマリー)Together & Apart:Jeff Beck at O2 Arena, 13&14 Feb. 2010

日本とはまるで異なるムード、会場内外の様子や、臨場感あふれる演奏全曲へのコメント、垂涎モノのびゅーてぃほーなショットの数々。そして今回もまた録音を敢行され、メンバーがステージに登場する直前から終演までの全編をダウンロード可能にして下さっています。僕も先程DLさせてもらいましたが、高域の刺激の度合いが少なく、中・低域にふくよかな厚みを感じさせる音像。パートのバランスも良好で、耳障りな客のチャットが無いところも嬉しいですね。

ライブレポート:Jeff Beck at The Brighton Centre, 16 Oct 2010 

内容面でも例えば4月の日本公演とは異なるオープニング曲(2003年のソロ作『Jeff』収録曲)の導入や、当日オープニングアクトを務めたトロンボーン・ショーティをゲストに迎えての「I Want To Take You Higher」など、特に後者はツアーが進むにつれ徐々に迫力を増してきた強力チューン、現リズム隊の持ち味が活きる部分も大きいのでしょうが、そこにまた新たな一面を付加した点においても大変貴重なテイクになっています。


Mickさん今回もありがとうございました。引き続きRAHの方もヨロシクです~(笑)

と今回はすっかり他力本願モードですが、次回はこんなアイテムを取り上げる予定です。
スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
837
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
73
see ranking>>
Search