Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 147:BAD COMPANY 『Mr. Midnight』 『Front Row』 2010年10月26日 東京国際フォーラム Aホール

バッド・カンパニー、35年ぶり2度目の来日公演から早くもひと月が経過。先週10月26日の東京国際フォーラム公演を収録したブツがプレス仕様でリリースされました。

ポール・ロジャースのばりばりの現役っぷりに感激しつつ歌いノリまくった正味1時間40分のライブ。当日もあっつー間に終わっちゃった感じでしたが、こうして音源で振り返ってもやはりあっつー間。余計なものを削ぎ落とした実にバッド・カンパニーらしい、ひたすら楽曲の良さと引き締まったパフォーマンスで魅せたライヴでした。

バッド・カンパニー@東京国際フォーラム最終公演 2010年10月26日

というわけで、当日会場にいた僕にとって待望のメモリアルアイテムの登場ですが、今回このメーカーにしては珍しくオーディエンスソースとモニターソースの掛け合わせ仕様になっています。

元となるオーディエンスソースは過去に数タイトルこのブログでも取り上げたことのあるテーパーによる録音。今回は総生産数の内80セットにのみ、そのAUDソースを収録したCD-Rが付いてきたのでまずはそこから本編幕開けのこの曲を。「Can't Get Enough」

front_row.jpg front_row_r.jpg
『Front Row』
ステレオ・オーディエンス音源収録 2CD-R


ポール・ロジャースのリードとコーラス(この曲では確認出来ませんが)がやけに強調された音像。まるでライン音源さながら、息遣いまで聞き取れるかのようなその距離感の近さは、それなりに聴き応えもあり面白いのだけれど、全体的にバンドの音が引っ込み気味でバランスが悪い。そこで今回このようなモニターソースとの混成という措置が取られたようです。

そのモニターソースですが、ベースの音がかなりクリアに聴き取れることからおそらくリン・ソレンソン用のものと思われますが(あるいはサイモン・カークか)、これをミックスすることによりリズム隊の音にもフォーカスが合いバランスは格段に改善されるものの、ギターの音はAUDソースの量感をベースにしているため、最終の仕上げでもOFF気味な点は変わっていません。

今回UPした音源は6曲。
  • 「Can't Get Enough」:ミックス前のAUDソースとの比較用として
  • 生で聴いて以来、個人的評価が数割増しになったミック・ラルフス作の「Oh, Atlanta」。最後”On my way back to Georgia”を”On my way back to Tokyo tonight”に置き換えて歌うサービス入り
  • サポートギタリスト、マーカス・ウルフ(Markus Wolfe)を加えてのブルージーな新曲「Mr. Midnight」とロジャースが一人弾き語りで披露したサプライズ曲「Yoakeno Keiji」
  • 2002年のライブでも披露していたビートルズの「涙の乗車券」と「アイ・フィール・ファイン」をインクルードした「Rock 'n' Roll Fantasy」
  • そしてこれも最終日のみ演奏されたT-Bone Walkerの「Stormy Monday Blues」。ブルースナンバーを歌っても決して真っ黒にならないロジャースのボーカルが、FreeやBad Companyをいい意味でポピュラーな存在たらしめる主要因になっていたことを改めて感じた1曲でもありました。
スポンサーサイト

山下達郎【PERFORMANCE 2010】11/4 NHKホール

11月8日、八戸市公会堂での千秋楽公演からすでに15日が経過。

この期に及んでのこのこと参戦記を書き始めるヤツなんて、きっといないに違いない。

でも書いときます。締めると言ったし、このままじゃキモチ悪いんでw

todays_performance.jpg

今回のツアーがナマタツ初体験という人、身近に結構多いんですね。でその身近を近頃ハマってるツイッターにまで広げるとその数は両手じゃ足りないくらい。

そのほとんどの人が絶賛してました。これってそれなりに長くファンを続けてきた身としてはとても嬉しい。

あとライブの感想を綴っているブログも今回急に増えた気がします。そちらも大部分が絶賛モードじゃないでしょうか。

僕もいくつか拝見させてもらいましたが、ある共通する傾向というか、興味深いことにMC(ライブ中のトーク)の内容をメインに取り上げられている方が多いように思います。

デビュー35周年という節目でのツアー。デビュー後の苦節から現在に至るまでのあれこれ、ひとりのミュージシャンとしてどう時代に向き合ってきたか、今後の活動へのコメント・・様々なエピソードを紹介しながら、硬軟を巧みに使い分けたその語り口はやはりとても魅力溢れるものだったし、これから生きていく上での示唆をも含んだものであったと、個人的には感じてます。だからそれらを書き残しておきたくなる気持ち、とてもよく解るというか。

けど、こんな後発組ゆえ、ここではあえてそれらには触れず、演奏方面へと舵を向けながら書き散らかしてみたいと思います。

tatsuro_performance2010.jpg

山下達郎 【PERFORMANCE 2010】全39本中37本目 11月4日(木)@NHKホール公演

間違いなどありましたらどうぞ指摘してやって下さい。

とその前に。

今回のステージセットについてちょっとだけ。

ステージの両サイドには旧き良きアメリカを思わせるカントリー調の2階建て一軒家。どちらも部屋の明かりが点くようになっていて、上手側の2階にはTVまでしっかり置かれていました。映っていたのは映画『BIG WAVE』だったそうです(21日のサンソンでご本人がそう明かしていました)。下手側の家にはガレージが隣接されていて、そこにイエローのピックアップトラック。何とサックス奏者土岐さんの定位置がその荷台の上という、何とも師匠の遊びゴコロを感じさせる演出。その上部には内部にライトを仕込んだバスケットリングが取り付けられていました。そしてその奥には2本の風力発電用のファン(もちろん演奏中に回転します)。ステージ上には芝生が敷かれ、後ろの壁?スクリーン?には曲によって様々に色や風景を変化させる仕掛けが。今回もまるでミュージカルのような良い意味でのハンドメイド感、温かみを感じさせるセットになっていました。

開演前に撮影されたものだと思いますが、そんなステージの画像がこちらのブログに上がっています。

『Heart Club Beat Blog』 山下達郎 Performance 2010

開演予定時間18時半を少し回ったところで、「希望という名の光」のコーラスパート(モチロン達郎さんの一人多重アカペラ)が流れ出すと客電が徐々にフェイドアウト。会場が真っ暗になったところでバンドのメンバー達がまず姿を現し、一拍おいてバンマス登場。拍手と歓声が一際高く鳴り響く中、80年に友人から5万円で買ったという愛器ブラウンのテレキャスターを構え、ステージ袖のサウンドクルーに左手を上げてスタンバイOKの合図。

思わずぞくっとする瞬間。

さぁ、僕にとって今年最後の達郎の始まり。

セットリスト■山下達郎【PERFORMANCE 2010】10/27 神奈川県民ホール

厚木(8/7)、東京・中野(10/2)に続いては10月27日(水)@神奈川県民ホール

メンバー登場と共に客席のあちこちから上がる歓声、飛ぶ指笛。拍手の大きさだって過去2日を大きく凌ぐ。まるで臨戦態勢万全の客席。そして演奏が始まればフツー2拍のところを4拍で打っていく手拍子とか、毒混じりのMCやジョークにも待ってましたぁとばかりにすすんで乗っかっていくムードとか。

いいぞいいぞ、これぞ横浜のライブ。さすがご本人にラジオ番組の中で「横浜のお客さん大好きです」と言わしめただけのことはある。褒められりゃますますご期待に応えましょう。それでより最高のライブを堪能させてもらえるなら。オーディエンスの側にだってそれなりに矜持ってもんがあるわけで。

この瞬間を、この日のライブをより特別な記憶として身に刻まんと、終始受け身でなく参加意識満々で臨む客席と、そんなムードが伝播?いつもより笑顔多めなメンバー達の演奏はより熱を帯び、バンマスのMCを滑らかにし、ついにはサウンドクルーの仁美ちゃんまでステージに引っぱり出してしまう(笑)。

これまで関東圏外で観たことがないのでエリア限定のハナシになりますけど、常連の方なら似たような印象を共有出来るんじゃないかと思いますが、横浜でのライブってのはそんな風にバンドと、というより達郎さんと客席のいわゆる相思相愛度数が他の会場に比べて高く、そのせいか妙にマッタリとしたムードで進行していくことが多いんですね。

思えば去年の4月21日、雨の横浜公演もそうでした。記事にも書いている通り、これまでに参戦した二十数回の達郎ライブの中でも楽しさではダントツ、今年のツアーが終わった今でもそう思っています(1階6列目のほぼ真ん中という好ポジションだったことも大いに効いてますが)。そしてそんな極めて友好的なムードが達郎さんとも良い具合に共有出来ていたんでしょうね、結果ステージ上での「次回は横浜で千秋楽!」発言に繋がったわけです。

というわけで、一時的とは言えその公約が果たされた格好となった今回の横浜公演、ご本人曰く「なんちゃって千秋楽」(「心は千秋楽~」とも言うてましたが)。

この日は「Let's Dance Baby」の中でいつも披露されるシンガロングのコーナー、今回のツアーではこの曲の作詞者で今年の5月17日に亡くなられた吉岡治氏(享年76歳)を偲んで歌われた数曲に加え、ご当地ソング?の「ブルー・ライト・ヨコハマ」(作詞:橋本淳 作曲:筒美京平 歌:いしだあゆみ)をインクルード。

吉岡治 オフィシャルウェブサイト 職人力



そしてアンコールに応えて演奏された「DOWN TOWN」の後に「なんちゃって千秋楽だからもう一曲!」(大歓声)の「いつか」を加え計24曲、この日も怒濤の3時間半。けどあっという間の3時間半。

Opening SE:Chorus Part of ”希望という名の光”
01. Happy Happy Greeting
02. Sparkle
03. Daydream
04. ドーナツ・ソング(incl. "Iko Iko" "Not Fade Away")
05. 僕らの夏の夢
06. Windy Lady
07. 砂の女
08. Solid Slider
09. 潮騒
10. Most Of All
11. I Only Have Eyes For You
12. O Come All Ye Faithful(SE)~クリスマス・イブ
13. 希望という名の光(incl. "Trouble In Mind" "蒼氓")
14. さよなら夏の日
15. 今日はなんだか
16. Let's Dance Baby(incl. 吉岡治特集:”おもちゃのチャチャチャ” ”真っ赤な太陽” ”大阪しぐれ” ”命くれない” ”天城越え” ”北酒場” ”ブルー・ライト・ヨコハマ” ”津軽海峡冬景色” & "Mean Woman Blues")
17. アトムの子(incl. "ウルトラマンの歌")
18. Loveland, Island

Encore#1
19. 街物語
21. Ride On Time

Encore#2
22. Down Town
23. いつか
24. Your Eyes

Closing "That's My Desire"

山下達郎 vocal, guitars, keyboards
土岐英史 saxophone
伊藤広規 bass
難波弘之 keyboards, piano
佐橋佳幸 guitars
柴田俊文 keyboards
小笠原拓海 drums
佐々木久美 chorus
国分友里恵 chorus
三谷泰広 chorus

★コーラス隊の一員、佐々木久美さんのブログ『♪主婦なMusician 佐々木久美のdiary♪』より

2010/10/29 カウントダウンNO4
kanaken_schedule.jpg  

そうそう、この日は「テープとカメラ回してる」と言ってましたね。映像の方はともかく、マルチトラック音源についてはSSBのわがままリクエスト?ライブで棚つか?いやいっそ『JOY2』で!

お披露目の時を楽しみに待ちましょう>参加された方

【TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2010】

  8月  6日(金)厚木市文化会館
  8月  8日(日)宇都宮市文化会館
  8月11日(水)米子コンベンションセンター
  8月16日(月)北海道ニトリ文化ホール
  8月17日(火)北海道ニトリ文化ホール
  8月20日(金)函館市民会館
  8月21日(土)青森市文化会館
  8月25日(水)郡山市民文化ホール
  8月28日(土)秋田県民会館
  8月29日(日)山形県県民会館
  9月  2日(木)名古屋センチュリーホール
  9月  3日(金)名古屋センチュリーホール
  9月  6日(月)新潟県民会館
  9月  7日(火)新潟県民会館
  9月10日(金)東京エレクトロンホール宮城
  9月11日(土)東京エレクトロンホール宮城
  9月14日(火)広島ALSOKホール
  9月15日(水)広島ALSOKホール
  9月18日(土)神戸国際会館こくさいホール
  9月19日(日)神戸国際会館こくさいホール
  9月22日(水)びわ湖ホール大ホール
  9月24日(金)大分iichikoグランシアタ
  9月27日(月)倉敷市民会館
  9月29日(水)NHKホール
10月  2日(土)中野サンプラザホール
10月  3日(日)中野サンプラザホール
10月  6日(水)鹿児島市民文化ホール
10月  7日(木)鹿児島市民文化ホール
10月12日(火)福岡サンパレス
10月13日(水)福岡サンパレス
10月17日(日)大宮ソニックシティ
10月18日(月)大宮ソニックシティ
10月22日(金)静岡市民文化会館大ホール
10月26日(火)神奈川県民ホール
10月27日(水)神奈川県民ホール

☆追加公演☆
10月23日(土)中野サンプラザホール
11月  4日(木)NHKホール
11月  5日(金)NHKホール
11月  8日(月)八戸市公会堂

次回は11月4日のNHKホール公演。思いっ切り?書き散らかして締めたいと思います。

kanaken_tatsuro_1.jpg
この日は立見席からの鑑賞(矢印んとこが開場前のお立見さん待機場所)

セットリスト■山下達郎【PERFORMANCE 2010】10/2 中野サンプラザ

初日厚木公演に続いてはツアー25本目、東京入り初日NHKホールに次ぐ中野サンプラザ公演(10月2日)。

以前にも書いた通り、この日はコンサート中盤まで会場内に得も言われぬ緊張した空気、かつて感じたことがない程の、が充満。後のライブで実際に「果し合いになった」とのコメントがあったそうですが、確かにそんな印象を受けました。

「バンドアンサンブルや曲中の展開の練り上がり具合など、初日に比べて明らかに進化していたと思うし、何よりこの日は会場に漂う重いムードを硬(やさぐれロッカー!)軟(オモロいおっさん!)取り混ぜながら昇華させようとする達っつぁんのプロフェッショナリズムに感銘を受けましたね。」※10月3日記

そうして迎えた後半の大盛り上がり。

この日は、というかこの時点で初日にカラオケをバックに一人手持ちマイクで歌った「2000トンの雨」がセット落ち。(ファンクラブ会員へ募った「ライブで演奏して欲しい曲」の第1位と2位を披露する形で歌われた曲。1位は「潮騒」)※ ツイッターで 9月3日(金)名古屋センチュリーホールまではセット入り(9月6日の新潟公演以降演奏されず)との情報をもらいました。

また、初日は演奏中にグリーンのレーザー光線を一閃飛ばすという実に意外な演出がされていた「希望という名の光」。この日はその演出が消えた代わりに?「Trouble In Mind」に続き「蒼氓」のフレーズが登場。※この「蒼氓」のインクルードは8月21日の青森公演からとの情報も。

Opening SE:Chorus Part of ”希望という名の光”
01. Happy Happy Greeting
02. Sparkle
03. Daydream
04. ドーナツ・ソング(incl. "Iko Iko" "Not Fade Away")
05. 僕らの夏の夢
06. Windy Lady
07. 砂の女
08. Solid Slider
09. 潮騒
10. Most Of All
11. I Only Have Eyes For You
12. O Come All Ye Faithful(SE)~クリスマス・イブ
13. 希望という名の光(incl. "Trouble In Mind" "蒼氓")
14. さよなら夏の日
15. 今日はなんだか
16. Let's Dance Baby(incl. 吉岡治特集:”おもちゃのチャチャチャ” ”真っ赤な太陽” ”大阪しぐれ” ”命くれない” ”天城越え” ”北酒場” ”津軽海峡冬景色” & "Mean Woman Blues")
17. アトムの子(incl. "ウルトラマンの歌")
18. Loveland, Island

Encore#1
19. 街物語
21. Ride On Time

Encore#2
21. いつか
22. Your Eyes

Closing "That's My Desire"

山下達郎 vocal, guitars, keyboards
土岐英史 saxophone
伊藤広規 bass
難波弘之 keyboards, piano
佐橋佳幸 guitars
柴田俊文 keyboards
小笠原拓海 drums
佐々木久美 chorus
国分友里恵 chorus
三谷泰広 chorus

★コーラス隊の一員、佐々木久美さんのブログ『♪主婦なMusician 佐々木久美のdiary♪』より

2010/10/6 東京week

sunplaza_2010.jpg

【TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2010】

  8月  6日(金)厚木市文化会館
  8月  8日(日)宇都宮市文化会館
  8月11日(水)米子コンベンションセンター
  8月16日(月)北海道ニトリ文化ホール
  8月17日(火)北海道ニトリ文化ホール
  8月20日(金)函館市民会館
  8月21日(土)青森市文化会館
  8月25日(水)郡山市民文化ホール
  8月28日(土)秋田県民会館
  8月29日(日)山形県県民会館
  9月  2日(木)名古屋センチュリーホール
  9月  3日(金)名古屋センチュリーホール
  9月  6日(月)新潟県民会館
  9月  7日(火)新潟県民会館
  9月10日(金)東京エレクトロンホール宮城
  9月11日(土)東京エレクトロンホール宮城
  9月14日(火)広島ALSOKホール
  9月15日(水)広島ALSOKホール
  9月18日(土)神戸国際会館こくさいホール
  9月19日(日)神戸国際会館こくさいホール
  9月22日(水)びわ湖ホール大ホール
  9月24日(金)大分iichikoグランシアタ
  9月27日(月)倉敷市民会館
  9月29日(水)NHKホール
10月  2日(土)中野サンプラザホール
10月  3日(日)中野サンプラザホール
10月  6日(水)鹿児島市民文化ホール
10月  7日(木)鹿児島市民文化ホール
10月12日(火)福岡サンパレス
10月13日(水)福岡サンパレス
10月17日(日)大宮ソニックシティ
10月18日(月)大宮ソニックシティ
10月22日(金)静岡市民文化会館大ホール
10月26日(火)神奈川県民ホール
10月27日(水)神奈川県民ホール

☆追加公演☆
10月23日(土)中野サンプラザホール
11月  4日(木)NHKホール
11月  5日(金)NHKホール
11月  8日(月)八戸市公会堂

セットリスト■山下達郎【PERFORMANCE 2010】8/7 厚木市文化会館

8月7日の厚木市文化会館から始まった全国ツアーもいよいよ本日の八戸市公会堂公演をもって終了。

今回のツアーは大変喜ばしいことに、選曲についてまっさらな状態で臨める初日の公演に参加出来ました。でもってそこからあと3つ。全部で4公演の参戦となりましたが、そのどれもがまたビミョーに違った味わいで。

そこらへんのところは追々書き散らかすとして、まずは初日、8月7日の厚木市文化会館のセットリストだけ上げときます。ま、大部分の方がすでにご存知でしょうが。。

開演時間を5分程過ぎたあたりで「希望という名の光」の多重コーラスが流れ出し(この日はいつもなら開演と同時にOFFになるデジタル時計が中盤まで点きっ放しでした)、客電がフェイドアウト。会場がマックス暗くなったところでメンバー登場。

Opening SE:Chorus Part of ”希望という名の光”
01. Happy Happy Greeting
02. Sparkle
03. Daydream
04. ドーナツ・ソング(incl. "Iko Iko" "Not Fade Away")
05. 僕らの夏の夢
06. Windy Lady
07. 砂の女
08. Solid Slider
09. 潮騒
10. 2000トンの雨
11. Most Of All
12. I Only Have Eyes For You
13. O Come All Ye Faithful(SE)~クリスマス・イブ
14. 希望という名の光(incl. "Trouble In Mind")
15. さよなら夏の日
16. 今日はなんだか
17. Let's Dance Baby(incl. 吉岡治特集:”おもちゃのチャチャチャ” ”真っ赤な太陽” ”大阪しぐれ” ”命くれない” ”天城越え” ”北酒場” ”津軽海峡冬景色” & "Mean Woman Blues")
18. アトムの子(incl. "ウルトラマンの歌")
19. Loveland, Island

Encore#1
20. 街物語
21. Ride On Time

Encore#2
22. いつか
23. Your Eyes

Closing "That's My Desire"

山下達郎 vocal, guitars, keyboards
土岐英史 saxophone
伊藤広規 bass
難波弘之 keyboards, piano
佐橋佳幸 guitars
柴田俊文 keyboards
小笠原拓海 drums
佐々木久美 chorus
国分友里恵 chorus
三谷泰広 chorus
【TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2010】

  8月  6日(金)厚木市文化会館
  8月  8日(日)宇都宮市文化会館
  8月11日(水)米子コンベンションセンター
  8月16日(月)北海道ニトリ文化ホール
  8月17日(火)北海道ニトリ文化ホール
  8月20日(金)函館市民会館
  8月21日(土)青森市文化会館
  8月25日(水)郡山市民文化ホール
  8月28日(土)秋田県民会館
  8月29日(日)山形県県民会館
  9月  2日(木)名古屋センチュリーホール
  9月  3日(金)名古屋センチュリーホール
  9月  6日(月)新潟県民会館
  9月  7日(火)新潟県民会館
  9月10日(金)東京エレクトロンホール宮城
  9月11日(土)東京エレクトロンホール宮城
  9月14日(火)広島ALSOKホール
  9月15日(水)広島ALSOKホール
  9月18日(土)神戸国際会館こくさいホール
  9月19日(日)神戸国際会館こくさいホール
  9月22日(水)びわ湖ホール大ホール
  9月24日(金)大分iichikoグランシアタ
  9月27日(月)倉敷市民会館
  9月29日(水)NHKホール
10月  2日(土)中野サンプラザホール
10月  3日(日)中野サンプラザホール
10月  6日(水)鹿児島市民文化ホール
10月  7日(木)鹿児島市民文化ホール
10月12日(火)福岡サンパレス
10月13日(水)福岡サンパレス
10月17日(日)大宮ソニックシティ
10月18日(月)大宮ソニックシティ
10月22日(金)静岡市民文化会館大ホール
10月26日(火)神奈川県民ホール
10月27日(水)神奈川県民ホール

☆追加公演☆
10月23日(土)中野サンプラザホール
11月  4日(木)NHKホール
11月  5日(金)NHKホール
11月  8日(月)八戸市公会堂
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。