Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 148-2:OLIVIA NEWTON-JOHN『Let Me Be There, Osaka』1976年12月3日&4日 大阪

もういっちょ。

こちらは先の『Fairy At Budokan』のボーナスディスクとして用意されたもので(1CD-R)、公演の翌年にラジオでオンエアされたという(知らなかった)6曲(12月3日&4日の大阪公演より)を収録しています。

モノラルなのでAM放送ですかね。あの特有の受信ノイズを意識せず聴けるなかなか良好なソースですが、どうやらそのノイズを除去するトリートメントが施されているようです。

ONJ_osaka.jpg

『Let Me Be There, Osaka』 1CD-R
放送音源収録(MONO)

76年の大阪公演といえば、一度はオリビア側からの承諾が得られずお蔵入り、その後81年になってようやく日の目をみた日本独自制作のライブ盤『Love Performance (Olivia Live In Japan)』(邦題『愛のパフォーマンス』)がありますね(未CD化)。
 
  love_performance_a.jpg love_performance_b.jpg
  love_performance_c.jpg love_performance_d.jpg
『Love Performance (Olivia Live In Japan)』(邦題『愛のパフォーマンス』)
東芝EMI EMS-91010 1981年リリース

Side A               Side B
1 カントリー・ロード       1 ラヴ・イズ・アライヴ※
2 安らぎの世界へ         2 ニュー・ボーン・ベイビー        
3 たそがれの恋※         3 秋風のバラード※
4 レット・ミー・ビー・ゼア    4 ジョリーン※
5 ポニー・ライド※        5 そよ風の誘惑
6 ネヴァー・ザ・レス/      6 愛しい貴方
   時のたつままに※        7 愛の告白

※は10/13に一挙リリースされた最新リマスター紙ジャケットCD(SHM-CD仕様)にボーナストラックとして収録された曲。今回およそ半分の曲が初CD化を果たしたわけですが、どうせならそんな小出しになどせずズバッと単独リリースして欲しかったところ。けどそれはまたご本人のOKがもらえなかったりするんでしょうね。一度は発売中止になった紙ジャケCD化の理由ってこのボーナストラックにあったんじゃないかしらん。

olivia_SHM-CD_20110625164357.jpg

というわけで今回は収録された6曲から未CD化の5曲を。
スポンサーサイト

西方徘徊 148:OLIVIA NEWTON-JOHN『Fairy At Budokan』1976年12月1日 武道館

あゝもう甘酸っぱいったらありゃしない、何度聴いても。


オリビア関係であとひとつ、ふたつ。

今回はJCBホール公演の前によく聴いた音源を紹介します。

fairy_at_budokan.jpg

「ラブ・パフォーマンス・ツアー・イン・ジャパン」と題され、東京、大阪、名古屋、広島と主要都市で13万人を動員、一般マスコミをも巻き込む社会現象になったオリビア・ニュートン・ジョンの初の単独来日公演より、1976年12月1日武道館公演を高音質オーディエンス録音で完全収録。」

いかん、ショップのインフォ丸写しだ。

「この日のライブはその年の年末にテレビ放送されていますが、本盤は同日、演奏された全ての曲をリアルな曲間MCも含め、その全てを聴くことができます。」

な、なるほど。でもってこのMCの声がすこぶる可愛いかったりするわけで。

「~続くLet Me Be There終演後は「I need water..Kanpai!」という声も聴くことができます。コンサート前半は比較的静かに聴いていた観客も、この辺になると皆大騒ぎで、だんだん収拾がつかなくなってくる様子がリアルにドキュメントされています。

この「Kanpai!」は先日のライブでもやってましたね。

音質は例えば手拍子など、客席の反応が幅をきかせたオーディエンスソースらしいもの。くぐもり気味に歌と演奏が遠方から聞こえ女性客のしゃべくりが目立つ「Love Song」で始まり、2曲目「Let It Shine」以降はやや距離感が改善されそれなりに聴きやすくはなるものの全体的な評価としては中の下クラス。歌声に負けず劣らずチャーミングなMCトークはサ行の破裂音がやや目立ち気味です。

先日のライブでは往年のヒット曲がメドレー形式でまとめられていたり、テイストの異なるアレンジに変えられていたりといった個人的に残念だった点が、当たり前だと言われれば確かにそうだけど、ヒットチャートを賑わしていたままのアレンジで演奏されているところはやはりツボ。そしてこの歌声。現在のそれを否定するわけじゃ決してないけれど、でもね。やっぱり当時は特別だったと。

ショップのインフォにある「だんだん収拾がつかなくなってくる」はちと大げさだと思うけど、たった一時間強程の短い間、終始濃密な空気が会場に充満していただろうことはこの音源からも伝わってきます。

当時から女性にもとても人気があったことがわかる客の呼びかけに律儀に応えるところもとてもチャーミングですね。これは34年後の現在も変わっていなかったなぁ。


一部の曲はTV放送された時の動画と抱き合わせにしてみました。

オリビア・ニュートン・ジョン 11月28日 JCB HALL公演

せっかくだから書き留めておこう、ならこんな一本も。

70年代半ばの洋楽事始め。その当時夢中になって聴いていた(眺めていた?)女性シンガーのライブに行ってきました。

ONJ_JCB.jpg
 
歌唱の説得力やうまさよりも、クリスタルヴォイスの称号そのままに透明感のある歌声で少年のココロを鷲掴みにしたシンガー。その意味ではたぶんにイージーリスニング的な音楽であったと今では思うけど、それとあのルックス。何ともチャーミングな表情を見せるピンナップ写真の数々に当時ローティーンだった僕は素直に、本当バカみたいに素直に心ときめかせていたものです。一回り以上も年上のおねーさんだったんですけどね。

あれからもう35年。今回の来日は10月13日にリリースされたベスト盤『オリビア・ニュートン・ジョン40/40~ベスト・セレクション』のプロモーション・ツアー。なのでセットリストもいわゆるオールタイムベスト的なものになっていました。

しかしまぁ62歳という年齢をまるで感じさせない佇まい。それでもかつての面影はかなり形を潜めたと言わざるを得ないけど、持ち前の陽気なキャラクターと可憐さを残しつつもそこにオバサンテイストを加味したある意味ワンアンドオンリー的な歌声と貫禄で往年のファンを魅了していく様はやはりサスガでした。

ライブはまずデビュー時から現在までの活動歴を私生活の様子をも絡めクロノジカルに編集した画像をスクリーンに映し出す演出でスタート。

それが終了する頃にバックメンバーがステージに現れ、スタンバイOKとなったところで聞こえてきた「愛の告白」のこのフレーズ。

♪Maybe I hang around here
 A little more than I should
 We both know I got somewhere else to go

そして主役登場。曲は僕がオリビアを知るキッカケになった代表曲「Have You Never Been Mellow」(邦題「そよ風の誘惑」)へ。

竹内まりや souvenir again mariya takeuchi live 2010 12/4 日本武道館

竹内まりやの作品には、市井の人々が経験する出会いや別れ、喜びや悲しみ、愛情、友情といった、様々な情景が描かれ歌われていますが、それと同時に彼女の歌の中には、あるひとつのテーマが常にこっそりと内包されています。

それは「人が生きて行くことへの強い肯定」です。

<生きることの肯定:山下達郎> オールタイムベスト
『Expressions』(2010年リリース)のブックレットより

*    *    *

娘の成長した姿にしみじみさせられたその数時間後、今度は日本武道館で再び揺さぶられることとなった我がココロ(相変わらずネタが古くてスイマセン)。

竹内まりや souvenir again mariya takeuchi live 2010 12月4日(土)@日本武道館

山下達郎をバンマスとして従えることのできる世界でただ一人のシンガーのライブですよ。

souvenir_again_b.jpg

既に記憶かなりアヤしく、でも高倍率をかいくぐって参加出来たコンサートだからして、せめて行ったという事実だけでも書き残しておこうかと。なので今回は(も?)いわば私的備忘録みたいなもんです。

*    *    *

前日のBOXに替わってこの日オープニング・アクトを務めたのはセンチメンタル・シティ・ロマンス(以下、SCR)。シュガーベイブのオリジナルメンバー、野口明彦氏が在籍している名古屋発のグループです。演奏されたのは新曲「センチメンタル・シティ」を含む計5曲。どちらかといえば馴染みの薄いグループなんですが、よく比較対象に挙げられるイーグルスよりも例えばオーリアンズやポコのサウンドにより近い感じ。ウエット<ドライ、全体的にカラッとした感触のサウンドが特徴で、ペダルスティール(国産メーカー”Fuzzy製”でした)の奏でる音色が心地よかった前半、そして最後に演奏したハードにドライブする代表曲「ハイウェイ・ソング」が強く印象に残りましたね。


そのSCRの演奏が30分程。その後セット替えの為20分のインターバルを挟み、あのライブ盤『Souvenir~Mariya Takeuchi Live』でも聴き馴染みのある声によるイントロダクションが聞こえてきたのが18時55分頃。

”Kentucky Fried Chicken presents! TOKYO FM 40th anniversary special!
   Souvenir Again Mariya Takeuchi Live 2010!
~なんたら~ Mariya Takeuchi is back and show will begin shortly ~かんたら~”

でもって "Ladies and Gentlemen, please welcome Mariya Takeuchi!!"

この1分弱のナレーションの途中で主役以外の全メンバーが登場。バンマスもごくフツーに現れギブソン・チェット・アトキンス・モデルSST(スティール仕様)をセッティング(この日は他にガット仕様のCEも使っていました)。僕なんぞはその姿に思わず視線釘付けになってしまったわけですが、するといきなりじゃーん!じゃーん!じゃーん!じゃーん!とアタックを効かせたイントロから始まる40秒ほどのオープニングテーマが演奏され、あのAsus4のコードストロークのイントロが鳴り響いた瞬間、ステージ下手から裾に変化のある白のワンピースにスパンコールをちりばめたトップス+黒のロングブーツという出で立ちで↑のサンバーストのテレキャスを抱えた本日の主役が颯爽登場。

souvenir_again_a.jpg

souvenir again mariya takeuchi live 2010 パンフレット ¥2,000

・10年ぶりの、竹内まりや。
・「souvenir again」へようこそ 竹内まりや
・10年ぶりの、竹内まりや。 音楽評論家・天辰保文
・Memories of souvenir 2000
・うつくしき瞳、日本語。 作家・伊集院 静
・あの頃と、今と、これからと 作家・唯川 恵
・Biography
・Album Discography
・Single Discography
・Song Writing List(竹内まりや 提供曲リスト)
・竹内まりや Backing Members
・Sentimental City Romance
・BOX
・Musicians, Live Staff, Programme Staff, Special Thanks to
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。