Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 146:JEFF BECK『CYCLONE Vol.2』 1980年の来日音源集 #4:12月18日 武道館

何となく此処の存在が自身の中で喉に刺さった魚の小骨のように引っ掛かっていてもどかしかったというか。

あの日を境にペースは落ちているものの、相変わらず音源は買って聴いてるし、ライブだって来週は3本も控えてたりするし。

実は何度も書きかけては止めを繰り返しながら(そんな大層なものじゃ無いはずなんですけどね)まだとてもそんな気分にはなれないってのが偽らざる心境だったというか。いや今もそこはあまり変わってないというか。

いうかいうか。

だから今は例えばツイッターのような気軽なコミュニケーションを通してキモチのバランスを取ってみたり、あとささやかながら仕事が前向きの種になってくれているのが救いといえばまぁそうなのかも知れない。

けれど何をするにもどよんとした不安を拭えず、そしてあらゆることに未だ明確な落としどころが見出せない今の危機的な状況は本当にシンドイですね。

もちろん被災地の人たちの想像を絶する過酷さを思えば、非被災者である僕の混乱なんて小さなものだし、少なくとも自分のしたいことはそれなりに出来てるわけだから。

さて。

喉に刺さった小骨といえば、でコレ思い出しました。

CYCLONE_box.jpg

今回は途中で放ったらかしになっていたジェフ・ベック1980年の来日音源集『CYCLONE』から【ROCKUPATION '80 第15弾:JEFF BECK JAPAN TOUR 1980】の最終日、追加公演となった12月18日の武道館音源をお題にまずはきっちりと?〆ときたいと思います。

JB_1980_20110417170753.jpg

とその前に、ロンドン在住のMickさんが先月ブログでジェフ・ベックに関する新しい情報を記事にされていたのでここでも紹介させていただきますね。

ちょうど一ヶ月前の3月17日、ロンドンのラウンドハウスで行われたイメルダ・メイのライブに1曲だけですが客演したベック先生。その時の様子を臨場感たっぷりにレポートされています。もちろん今回も豊富な写真と音源ダウンロードのサービス付。

未見という方はぜひお立ち寄りを。

ライブレポート(速報:Jeff Beck登場):Imelda May @ Roundhouse, London, 17 Mar 2011

そしてまたこんな動画を見つけました。17日と同じシャングリラスの「Remember (Walking In The Sand)」をTV番組内で演奏。



ちなみに↓はこの曲のオリジナルバージョン。  作者はグループのプロデューサーでもあったジョージ・シャドー・モートン。1964年9月26日に全米チャートで5位をマークし、その順位を3週に渡りキープしました。




んではそろそろ本題へ。
スポンサーサイト
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
671
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
57
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。