fc2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

西方徘徊 159:BLACKMORE'S RAINBOW『破壊者は西へ:The Destroyer In The West』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

先の78ベック&スタンリーと一緒に入手したブツいきます。

徐々に、しかし確実に「決定版」の勢力図を塗り替えてきた新タラ桃印の76レインボーからまたもや新たな音源が登場。

12月5日(日)@大阪厚生年金会館大ホール 開演時間:1:00pm(これは知らなかった)
この日の演奏を一言で表すとすれば「堅実」。じゃロックっぽくないか。しかしそれがやがて狂気を孕んだ破壊劇へ。最後の「Do You Close Your Eyes」でのギタークラッシュはその音の良さと相まって強烈な印象を残します。一説によるとこの日は終演後のリッチーの機嫌がえらく悪かったそうで、その理由や如何に? 演奏の内容が文句無しに素晴らしいので?だったりしますが、ちなみに公式ライブ用にレコーディングされていたこの日の演奏は全てボツになってしまったそうな・・

トラック1は開演直前のマイク&キーボードのサウンドチェックの音にかぶる場内アナウンス。途中でカットアウトしますがそれでもあえて収録したのはそのドキュメント性を重視したからでしょうね。続くトラック2では既に会場のボルテージがかなり上がっていることがハッキリと伝わってきます。熱いね、大阪。

演奏音は全体的に重心が低めで厚みを感じさせるもの。メンバーが皆爆音で攻めているところでは音が飽和状態に達してしまいパートの分離が悪くなってしまうものの、不思議とノイズっぽさを感じさせない。個人的にはドラムスの弾力感のある音が今回もバンド全体の躍動感に一役買っていて嬉しいです。

テープチェンジはD1 tk13「Catch The Rainbow」の終演直後(そのため演奏後のメンバー紹介(tk14)からロニーとコージーが漏れてます)とD1 tk20「Man On The Silver Mountain」のやはり演奏直後。短時間でB面の録音を切り上げ、続くメドレー的に展開される後半の流れには新たなテープで対応しているもよう。初日のエラーを2日目でしっかりクリアしてくるあたり、やはりサスガという他ないです。

destroyer_in_the_west_is.jpg
”2階K列35番(最前列のほぼ中央)”

今回は毎度の「Kill The King」と他に尺の長いところをいくつかアレしてみました。

ちなみにこの日の既発盤からも同じ曲の試聴が出来るようにしてみたのでよかったら聴いてみて下さい。

西方徘徊 104:BLACKMORE'S RAINBOW 『Hail To The King』 1976年12月5日 大阪厚生年金会館

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
400
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search