Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 161:JEFF BECK GROUP『"BECK-FAST"』 1972年5月17日 シンシナティ

リリースされてからすでに一ヶ月半以上経ってますが、今回は久しぶりに第2期ジェフ・ベック・グループのライブを収録したブツを紹介したいと思います。

BECK-FAST.jpg

1972年5月17日 米コネチカット州ウォーターベリーに今も現存するパレス・シアターでの演奏。アルバム『Jeff Beck Group』(通称『オレンジ』)のリリース(アメリカでの発売は5月1日、英国は6月9日)に合わせてスタートしたUSツアー終盤の演奏ですが、それゆえの練り上がりと、この新作が前作『Rough And Ready』(最高位46位)よりも好意的に受け入れられたこと(最高位19位)もいい具合に作用してるんでしょうね。えらく気合いの入った、それでいてどこかリラックスしたムード(ベックのMCも何度か聞こえてきます)を感じさせる演奏になっています。

音の方はといえば、距離は感じますがノイズ感は少なく各パートのバランスも、ややボーカルがオフ気味に聞こえはするもののかなり良好。個人的にはベックのギターとマックス・ミドルトンのピアノがクリアに捉えられている点が嬉しく、70年代初期の密録ものにしてはかなり良質な部類に入ると思います。

音源としては97年にスケアクロウが出した『ORANGE CAKES』と基本的には同じものですが、まるで元テープのジェネレーションが2世代ほど若返ったかのような音の鮮度向上に加え、音量レベルが上がったことで聴感上の迫力が増していますね。

さらにその既発にあったカット部分、例えば1曲目の「Ice Cream Cakes」が始まる直前の20秒間や(ソロの途中の一瞬の音飛びも解消)8曲目「Definitely Maybe」のエンディング部分、本編が終了しメンバーが再びステージに登場するまでの90秒間を全て収録。あ、この秒数は本盤の登場によって明らかになったブブンですモチロン。

ではまずオープニング曲の「Ice Cream Cakes」をば。

TMOQ8204.jpg とその前にこの独特なジャケットのデザインについて触れておくと、76年頃に作られたアナログブート『Jeff Beck's BECK-FAST』(TMOQ8204:75年7月23日トロント・オキーフ・センターでのEarly Showを収録)のデザインがベースになっています。イラストはあのウィリアム・スタウト。でよく見るとテキサスっ娘?が食べてるシリアルが大先生の頭になっとるんですな。何ともシュールなスタウトワールド。。


BECK-FAST_s.jpg orange_cakes.jpg


orange_cakes_r.jpg
『ORANGE CAKES』
Scarecrow 008 1997
モノラル・オーディエンス音源収録 プレス1CD

どうでしょうか。クオリティが上がったとは言っても、所詮は密録音源レベルでのハナシ。誰にでもオススメできる代物ではないと思いますが、それでも我慢して?聴き進めてもらえればこの日のベックがどれほどスリルと閃きに満ちたプレイを繰り出していたか、分ってもらえるんじゃないかと。

というわけで、あと3曲ほど。

「Definitely Maybe」
「Jeff's Boogie」
「Got The Feeling」

クリアな音像ゆえ、ボブ・テンチが弾くサイドギターの音もクリアに聴こえてくる「Definitely Maybe」。ちなみに前トラック「Glad All Over」の最後、つまりこの曲をスタートする前のMCでは”次の曲はバラードだから退屈なら寝てていいよ”てなことを言ってるもよう。

続く5分半を超える長尺版「Jeff's Boogie」では3分弱に渡りベックが独奏で飛ばしていく音の縦横無尽っぷりが最高。それだけに既発ではカットアウトになっていたエンディング部分がきちんと収録されたのは嬉しい限り。

音源貼りはしてませんが、「New Ways」で始まりベックとコージーの掛け合いを含む「Plynth」を経て、スネアとバスドラを交互に連打するプレイに思わず後のレインボーでのそれを連想するコージーのソロから「Train Train」へとなだれ込んでいく怒濤の13分30秒がこの日最大のクライマックス。そしてアンコールに応えて演奏された「Let Me Love You」では冒頭ベックが「I Ain't Superstitious」のイントロをちら弾き。途中ちとユルめなベックのギターと客の掛け合いが聴けたりもします。

再びステージに戻り演奏されたラストナンバー「Got The Feeling」では右手で持ったスライドバーで弦をヒットして出す独特のトーンが聴きもの。なんと「夏の日の恋」のフレーズがちらりと顔を出したりして。また、中盤でベックのイントロダクション付きでクライブのベースソロも披露されますが、そんなオイシイところも音がクリアになったおかげでよりストレートに耳に入ってくるようになりました。

BECK-FAST_is.jpg

内ジャケには制作に使用されたと思われるカセットテープの画像(日立マクセルXLIIの海外向け仕様?)が。72年当時このグレードのテープはまだ販売されていなかったはず。ってことはマスターはまだ何処かに眠ってる?
スポンサーサイト

西方徘徊 160:GARY MOORE『Farewell Note』 2010年4月27日 東京・JCBホール

ゲイリー・ムーア、突然の訃報から4ヶ月が経とうとしています。

この間、オフィシャルサイドからの目立った動きは特にないみたいですが、ダークサ・・もとい、アチラの方面では来日音源やその他諸々、今もリリースラッシュが続いているようです。

その中から今回は先々週リリースされたブツ、昨年の4月27日JCBホール(東京・文京区)でのライブを収録したタイトルを紹介したいと思います。

この日は自身が参戦したライブでもあるので本来ならすぐにでも手に入れたかったところですが、残念なことにこれまでリリースされたのはどれもCD-R仕様。なのでブツでの入手はほとんど諦めていたんですが、なんとこのタイミングで初のプレス盤登場と相成りました。

farewell_note.jpg

か、顔コワイなぁ(笑)

メンバーがステージに登場する直前から終演までを完全収録。トータル108分。ショップのインフォによれば既発の2つのAUDソース 『TOKYO LAST NOTES』と『BLUES POWER』を重ねて仕上げたいわゆるマトリックス仕様なのだとか。

”自然な音が魅力の 「TOKYO LAST NOTES」は前述したようにギターの音質が際立っており、かたや「BLUES POWER」はクリアな音の広がりと臨場感・切れのある高音に特徴がありました。今回のマトリクス処理は特に時間をかけ、双方の長所を活かす絶妙な配分のもとに行われています。

もちろん単にマスターを重ねるだけではなく、その後の音処理や補正も的確に行われており、聴いていて全く違和感が無いのは無論の事、ギターを引き立てるサウンドの厚み・クリアさ・会場の様子をも自然に伝える聴き易さなど、間違いなくツアー最高音質盤に仕上がっています。”
  ~ショップのインフォより~

これら2つの既発音源については未聴なので何らコメント出来ませんが「聴いていて全く違和感が無い」は確かにその通りで、「観客とステージの距離が最大で30メートル」をウリにしている小規模ホールのスペース感、ノッケから総立ちでメンバーを迎えつつも、盛り上がりまくるというより寧ろ他のパートに比べ数割増しの大音量で迫ってくるギターの音に耳を奪われ、かつ固唾を呑みながらワシワシとネック上をヒットしていく太い指の動きやこれぞ顔弾きの代表格といったド迫力の表情に見入っていた、そんな会場の様子までもが生々しく想起される実にドキュメント色の強い仕上がりになっています。

と同時に参戦記の中で難癖をつけてしまったギター音に過剰に掛けられていたリバーブ=残響音までもがつぶさに捉えられているので、圧倒されながらもどこか集中しきれずにいたあの日の自分の状態までもがありありと甦ってきたりして。

難癖といえば、サポートメンバーの演奏にまるで華が無かった的なことまで書いていますが、今改めてこの音源で当日を振り返ってみると実はかなり堅実なプレイをしていたことが分ります。それともうひとつ。ゲイリーがどこか投げやりなムードで云々、についてもどうでしょう。これを聴く限りでは仮におとなしい客に対する戸惑いみたいなものはあったとしても、歌や演奏にそんなムードは感じられません。まぁ尤もこれについては多分に目で見て感じたブブンでもあるので何とも言い難いところではあるんですが。。

西方徘徊 129:GARY MOORE『Nobody Else But You』 2010年4月22日 東京 SHIBUYA-AX

farewell_note_is.jpg

今回は4曲ほど。ゲイリーがステージに登場する場面から、いきなり大音量で飛び出してきたブッといギター音にたまげたオープニングナンバーの「Oh Pretty Woman 」ではイントロ部分でハウリングしかけたところを強引にねじ伏せていくかのようなプレイに思わずゾクッ。

これでもか!とばかりに音を詰め込んでくる怒濤の弾き倒しにただただ目を奪われ耳を奪われ、身体を揺らしながらもブレイクに反応する以外は皆ほとんど静かに聴き入っていた(そんなリアクションはこの曲に限らないんですが)「Too Tired」。ブルースのスタイルを取りながらもバッキングのリフのテイストはまんまハードロックなところにこの人の出自を見る思いがした「Walking By Myself」。

そしてバラード曲ながらこの日客席の沸点が最も上がった曲。マーシャルの傍らで直立不動の状態でフィードバックをコントロールする姿がまざまざと甦ってくる「パリの散歩道」。

こうして音源を聴いていても圧倒されちゃいますね。やはり凄いこの入魂のギター。

Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
527
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
48
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。