Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 168:MONTROSE 『Warner Brothers Music Show 1975』 1975年1月20日フランクフルト

2つ続けて廃盤のタイトルを取り上げたので、今回は現在でも入手出来るブツを紹介してみます。

MONTROSE_WBMS_1975.jpg

前回お題にしたパリ公演の15日前、1975年1月20日にドイツのフランクフルトで開催されたイベント”Warner Brothers Music Show”出場時の演奏を収録。今回はオーディエンス音源です。

10曲でトータル56分半とちょい。単独のライブじゃないので短めなセットになってますが、まずはこの日も部分的にスタジオバージョンと異なる、ライブ音源でしか聴くことの出来ないアレンジが随所にちりばめられているのが魅力的。

オープニング曲「I Got The Fire」と続く「Rock Candy」こそスタジオバージョンをほぼ踏襲した流れになっているものの(前者での気負い気味にも聞こえるギターソロがなかなか興味深い)、まずはベースとギターが軽くジャブを交わし合い、ベースソロ、そして鳴きのスライドギターが扇情的な音色を奏でる中盤の展開とエンディングをギターとボーカルの掛け合いで〆る「Bad Motor Scooter」。

これまで紹介したどのタイトルにも収録されていない貴重な「Paper Money」のライブバージョン。アルバムでは重厚なサウンドプロダクションで仕上げられていた「Spaceage Scrifice」はクリーンとディストーションを巧みにコントロールすることによって生まれるメリハリ感が魅力的だし、間髪入れず一気に吐き出す様にバリバリと弾き倒すソロから、74年のクリーヴランド音源でも聴くことの出来るブルースインプロヴィゼーションへと突入していく流れも実に見事。

と思いきや、その直後に1分程度ですかね、テープチェンジに因るものと思われる突然の欠落が発生してしまうんですが。

クライマックスはそのブルース曲からやはり畳み掛けるように演奏される必殺チューン「Rock The Nation」とドラムソロを挟んでから「Space Station #5」へと一気呵成になだれ込んでいくまさに鉄板の構成美。前者ではサビの部分にもひと味違うリズムアレンジが施されているのが興味深いし、中盤の緩急を効かせたインプロヴィゼーションも効果的に響く。そして最後は「Good Rockin' Tonight」という直球なロックンロールで了。

それにしても、このフィンガリングやピッキングの微妙なニュアンスまで聴き取れるような音像の面白さたるやどうだろう。とにかくギターの音がやけにクローズアップされているのが特徴。そのせいで時々歌がかき消されてしまうなど、バランス的には聴きやすい音源とは言えないのかも知れないけど、今はとにかくロニー・モントローズというギタリストの技と音を、そこを浴びるように聴いていたい自分にとってこいつは何とも抗し難い魅力をもったブツなんですよね。

そして基本アグレッシヴに、曲のムードをギター1本で決定付けてしまう押しの強さというか、存在感溢れるギターワークをあらためて堪能させてもらった次第。

更に言うと、あの良く言えばバリエーション豊か、悪く言えばデビュー作に比べ統一感を欠いた仕上がりになっている2nd『Paper Money』のクオリティの高さと旨味が今更ながらに身に沁みたりして。そんな嬉しい副産物を実感しながら、あらためてモントローズ良いなぁ、で今宵も更けていくのでありました。

MONTROSE_WBMS_1975_b.jpg

ところで、”Warner Bros. Music Show”とは一体何ぞや?ってことで調べてみたところ、どうやら2日間での開催だったらしく、こんなラインナップだったことがわかりました。

1月20日 : Montrose, Tower Of Power, Little Feat
1月21日 : Graham Central Station, Bonaroo, The Doobie Brothers

当時デビューしたてのBonarooがレアですが、ドゥービー・ブラザーズでジョン・ハートマンとその屋台骨を支え合ったドラマー、マイケル・ホサックがドゥービーを離れた後に結成したグループ。ところがそのマイク、なんと今月12日に65歳の若さで亡くなってしまったんですよね・・・。


そしてさらに深堀り?したところ、当時こんなLPが制作され、その写真が今回のブツのスリーブに使われていたんですね。

MONTROSE_WBMS_1975_d.jpg

『THE WARNER BROS. MUSIC SHOW』
Label:Warner Bros. Records – WB 26 028
Country:Germany
Released:1974

SIDE-A
1. Pursuit On 53rd St. / The Doobie Brothers [2:33]
2. Feel The Need / Graham Central Station [3:53]
3. Oh Atlanta / Little Feat [3:26]
4. Bad Motor Scooter / Montrose [3:43]
5. Don't Change Horses (In The Middle Of A Stream) / Tower Of Power [3:02]
6. Sally Ann / Bonaroo [2:55]

SIDE-B
1. Black Water / The Doobie Brothers [4:17]
2. We've Been Waiting~Release Yourself / Graham Central Station [4:27]
3. Dixie Chicken / Little Feat [3:55]
4. Connection / Montrose [5:42]
5. Only So Much Oil In The Ground / Tower Of Power [2:59]

モントローズは「Bad Motor Scooter」と「Connection」の2曲が収録されているようですが、ん?「Connection」??

2nd『Paper Money』の2曲目に入っているストーンズのカバー曲ですが、今回のブツには未収録じゃないですか。ってことはこの音源は全曲収録じゃないってこと?それとも単なる曲名の表記ミスとか?

しかもトラックタイムを見ると「Bad Motor Scooter」が今回の音源のそれに比べて2分程短い。これは一体どうしたことか?

そこで改めてスタジオ版の曲時間を手持ちのCDで確認してみたところ前者は「3:43」後者は「5:44」となっていました。なんてこたぁない、このLPは当日出場したグループのスタジオ音源をコンパイルしたものでしたというオチ(ってことでいいんですよね?)。
スポンサーサイト

MONTROSE 『Last Dreamer』1975年2月5日(?)パリ

まだ続きます、ロニー・モントローズ関連のブツあれこれ。

今回は内容的にも前回からの続きになってまして、ブート『Rock The Nation』(以下、RTN)の後半に収められていた75年パリの音源の拡大版というか、おそらくジェネレーションの若いマスターが使われたと思しきタイトル(曲数も4曲から9曲に増量)を取り上げたいと思います。

ここでもデビュー時のメンバーの写真が使われています。当時のベースはBill Church(右端)ではなくAlan Fitzgerald

一説によるとこの日は(バックスリーブの「77年」は誤記。1975年2月5日という説が濃厚らしい)サミー・ヘイガー在籍時のラストライブだったそうで、MC中にそれを匂わせるコメントはありませんが、仮にそれが正しいとすれば、よくある「結果そうなった」のパターンなんでしょう。

RTNと同じ箇所に”欠落”が確認出来ることから、大元のマスターが一緒であることは間違いないと思いますが、RTNがモノラルでの収録だったのに対し、こちらはステレオ(サミーのボーカルが右chに寄っている)。おそらくRTNはモノラルレコーダーでダビングされたジェネレーションの低いテープを使用しているのではないかと。

そしてその違いが演奏のディテールの聴き取り易さにつながっている、と同時にそれぞれのメンバーの見せ場=ソロをフィーチャーしながら26分以上に渡り熱演を繰り広げるクライマックス(「Spaceage Sacrifice~Guitar Solo~Rock The Nation~Improvisation~Bass Solo~Drum Solo~Space Station #5」)を全編漏らさず聴けるのが何とも有り難い。

MONTROSE_LAST_DREAMER_c.jpg

音のコンディションについてもうひとつ。かつてエアチェック道に血道を上げた経験のある方なら聞き覚えがあるに違いない、あのジーーというノイズ。例えばバンドがフルで鳴っている時はマスキングしてくれるので気にならないんですが、そうでない箇所だと僕なんぞは結構耳障りに感じます。こんなところからもマスターが放送音源であるとほぼ断定出来るわけですが、もっとコンディションの良いテープがどこかに眠ってないですかね?先のクリーヴランド音源と一緒に、いつかアップグレードをお願いしたいものです。

MONTROSE 『Rock The Nation』 1974年と75年のライブ

もうちょっとだけロニー・モントローズ周辺のお題を続けたいと思いますが、今回も初期モントローズの放送音源を収録したブツを紹介します。正確には2箇所でのライブ、ステレオのFM音源8曲と同じFM音源ながらジェネレーションの低いテープが元ネタになったと思われる4曲を抱き合わせたものですが、僕のようにサミー・ヘイガーがいた初期のアルバム2作を特に好んで聴いている人にとってこれは実に堪えられない音源じゃないかと思うんですよね。

MONTROSE_CLEVELAND.jpg

バックスリーヴには「Live in Cleveland, OH 1974」とクレジットされてますが、演奏しているのは全てデビューアルバム(73年)の曲。2nd『PAPER MONEY』のリリースが74年なのでちと不可解ですが、日付の特定がされてないので、もしかしたら73年の音源なのかも。

フェイドインで入ってくるDJ?によるイントロダクション。そしてオープニング曲の「Good Rockin' Tonight」。ハイハットシンバルとスネアの定位がヘンだけど(右chに押し込まれてる)、骨太で迫力のある音像に思わず興奮。出来るだけデカイ音で聴きたくなります。

ドライブ感バツグンのスライドギターが大きくフィーチャーされた「Bad Motor Scooter」。サビのロニーのコーラスがクリアに聴き取れるのもライン音源ならでは。そして中盤から終盤にかけての緩急を効かせたインプロヴィゼーションが聴きどころになっている「Make It Last」ではサミーの歌いっぷりが実にお見事。ただ上手いだけでなく、ブルージーな声質とロックな節回し(陳腐な表現だな)がもたらす効果はやはり絶大なものがあります。

彼らにしては珍しくストレートなブルースナンバー、タイトルが「How Many More Years」となってますが、と続けて演奏される代表曲「Rock The Nation」。前者はハウリン・ウルフのカバーかと思いきや、さにあらず。ここでのサミーは歌詞を即興で歌っているもよう。

1分30秒ほどのリズム隊のソロからシンセサイザー?(by アラン)それともテルミン?(by ロニー)のソロを経ての「Space Station #5」は先に取り上げたブツに収録されている74年テイク同様、静のミドルセクションの存在が曲に深みを与えていて(ツェッペリンからの強い影響を感じる)、そこでロニーがやおら弾き始めるフレーズに聴き覚えがあるなぁと思ったら、ビートルズの「Tomorrow Never Knows」のメロでした。それにしても(この曲に限らず)所々でロニーのギターが上手いジミー・ペイジに聴こえてしまうのは自分だけ?

興奮のFM音源はアンコール的に演奏される「Roll Over Beethoven」と「Rock Candy」で終了。後者の3:00のところで欠落が生じているのが、演奏が素晴らしいだけに残念。

アルバム『PAPER MONEY』の曲を中心とした75年のパリのライブ音源4曲はステレオで収録されているクリーヴランドに比べると音質面で数段落ちるとはいえ十分に楽しめる内容。中でも尺が延びた分スタジオバージョンでは聴けないインプロヴィゼーションへと流れていく「Rock The Nation」が最大の聴きどころじゃないかと。ちなみにこの曲にも1:25のところで数秒程度の欠損があります。

今回は5曲ほどアレしてみました。

西方徘徊 167:MONTROSE『Jump On Fire』 1973年&1974年のFM音源ほか

ロニーの訃報が飛び込んできた翌日、つまり昨日はキース・リチャーズのそれがツイッターで踊っていてギョッとさせられたけど、こちらはガセネタだったみたい。ったく人騒がせな。

けどロニー・モントローズが逝ってしまったのは紛れも無い事実なわけで。。

仕事を終えて帰宅すれば、70年代の諸作に耳を傾け、ネット上にULされている近年の演奏を撮影した動画を観ては当時と変わらぬハードドライヴィンなギターに切なくも胸躍らせ、そしてまた最新のインタビューが掲載されているbeatleg誌(4月号)を捲ればロニーの「昨年前立腺癌からやっと回復することが出来て」の発言がまた僕をなんともやるせない気分にさせる。。

jump_on_fire.jpg

今回は公式盤と合わせて繰り返し聴いている、これがまた実にゴキゲンな音源なんだけど、デビューした73年と74年の2ndアルバム『Paper Money』リリース後のサウンドボード音源、KSANという地元サンフランシスコのFM局の番組向けに企画された当時カリフォルニア州サウサリートに構えられていたレコード・プラントでのスタジオライブを収録した2枚組のタイトルを紹介します。

Disc 1
① Introduction (by Tom Donahue)

② Good Rockin’ Tonight
③ Rock Candy
④ Bad Motor Scooter
⑤ Roll Me Nice
⑥ One Thing On My Mind
⑦ Rock The Nation
⑧ Make It Last
⑨ You’re Out Of Time
⑩ Roll Over Beethoven
⑪ I Don’t Want It
⑫ Outroduction
(by Tom Donahue)
◆KSAN FM Live At Record Plant, Sausalito, San Francisco - April 21st 1973

⑬ I Got The Fire
⑭ Rock Candy
⑮ Bad Motor Scooter
⑯ Spaceage Sacrifice
⑰ One And A Half
⑱ Roll Over Beethoven

Disc 2
① Evil
② Space Station #5
◆KSAN FM Live At Record Plant, Sausalito, San Francisco - December 26th 1974

③ Jump On It
④ Twenty Flight Rock
⑤ Merry-Go-Round
⑥ Music Man
⑦ Starliner
⑧ One And A Half
⑨ Rock The Nation
⑩ I've Got The Fire
⑪ All I Need
◆Live At Cobo Hall, Detroit, MI - October 15th 1976


これまでにも何度かブツ化されてきた2つのFM音源ですが、今回のようにひとつに纏められたのは初めてじゃないですかね? 時に大きく、時に微妙にスタジオテイクと異なるアプローチで演奏される曲やアルバムに収録されていない未発表曲が聴ける点で魅力度の高い音源ですが、簡単にそれぞれの聴きどころを挙げてみると、73年版の「Introduction」ではDJトム・ドナヒューがロニーを「ボズ・スキャッグスやヴァン・モリソンと仕事をしてきた」と紹介。の「Rock Candy」はアルバムバージョンよりもかなりテンポを上げたアレンジになっているのがレアだし、3曲のアルバム未発表曲中⑨の「You're Out Of Time」はデビューアルバムの中にぜひ放り込んで欲しかった歯切れのよいリフが印象的なナンバー。

74年版でも演奏されているカバー曲⑩「Roll Over Beethoven」は彼らのライブコンサートの一端を伝えてくれる点でもやはり貴重だし、⑪ の「I Don't Want It」ではギターがスタジオテイクとまるで違うフレーズで歌伴する箇所があるなど、硬軟のメリハリ感がハード一辺倒ではなかった、後の作品で露になっていくロニーの資質をすでに伝えてくれているようで興味深い。

ロニーの長尺ソロが聴けるRock The Nation」の2'11"から15秒程マルチパスノイズが入っていることから、おそらく放送された番組を録ったテープが元ネタだと思いますが、他にも④ の「Bad Motor Scooter」の中で数回、テープヨレが原因と思われる音揺れがあります。

montrose-concert-pic.jpg
ザ・フーやハンブル・パイも出場した1974年5月18日@Charlton Athletic Football Clubでのショット(らしいです。今回のブツとは無関係)

必殺チューン「I Got The Fire」で幕を開ける74年版は、過大入力歪みのようなノイズっぽさと「Bad Motor Scooter」の演奏後に2分ほど入っているメンバー間の会話からリハーサル音源が流出したものとの説があるようですが真相や如何に。仮にそうだとしても演奏自体は本番さながらの完成度。

ここでは1975年リリースの3rd『Warner Bros. Presents Montrose!』に収録されるブリティッシュトラッド臭を漂わすアコギのインスト曲「One And A Half」をすでに演奏している点に注目。これってテルミン?な効果音でスタートする(スタジオ版に劣らぬサミーのシャウトがスゴイ)長尺バージョンと化した「Space Station #5」での緩急を効かせたアレンジもライブバージョンならでは。

それにしても印象的なのが、このいかにもスタジオライブといった感じの乾いたサウンド。いや、それが米西海岸産のバンドの持ち味ともいえようか。とにかくこちらの湿っぽい気分とは裏腹に、明快さを全面に打ち出した演奏にちと戸惑ったりもしつつ、けど聴き進めていけば待っているのはいつもの高揚感。

そしてこんな生々しいライブ音源を聴いてあらためて痛感させられるのが、ロニーのソングライター(リフ作りの名人!)としての卓越した能力と端正なサウンドが証明するギターの上手さだなぁ。

1976年10月15日のライブソース(Disc 2の③から⑪)は4作目『Jump On It』リリース後の演奏。音質はまずまず。オリジナルメンバーはすでにロニーとドラムのデニーしかいませんが、個人的にはやはり初期のアルバムの曲に持っていかれちゃいますね。⑦の「Starliner」開始早々にテープチェンジをしたのか、数秒間?の欠落があります。

というわけで、今回はスタジオライブソースから6曲とデトロイトのAUDソースから1曲アレしてみました。

西方徘徊 166:HUMBLE PIE『Smokin' Live』 1972年9月12日シカゴ

Ladies and gentlemen!
   Welcome back to Chicago!!
      England spontaneous R&R band,
                HUMBLE PIE!!!

合ってんだろうか、コレ。

そしてその直後に耳に飛び込んでくる左手をネックに滑らせる、その音からしてもうたまらない。

でもってノッケから全開。中でもやはりマリオットのキレっぷりが凄いのだけれど、とにかく全員がまるでフルテン状態で一気に捲し立ててくる。

smokin_live.jpg

コンディションの良いAUDソースが比較的少ないパイの裏音源事情。今回のブツに収められたそれはモノラルながら各パートが意外な程クリアに捉えられているため、例えばグレッグ・リドリーのコーラスやマリオットが吹くブルースハープといったあたりも埋もれること無く聴き取れるのが嬉しい。その上で、あのバンドが一丸となって攻め立ててくる圧倒的な存在感を堪能出来るのだからして、これ聴いてコーフンしないなんて、そりゃあウソってもの。

収録されているのはアルバム『Smokin'』のリリースからおよそ半年後、1972年9月12日 イリノイ州シカゴのエアリー・クラウン・シアターでの演奏。メーカーのインフォによるとこれが初登場だそう。完全収録か否かについては不明ですが、当時のセットリストから考えると、最後に「Rolling Stone」を演奏している可能性は高いような。けれど本音源は「Four Day Creep」が終わったところでフェイドアウトしています。

目立つ瑕疵としては一箇所だけ、1曲目「Up Our Sleeve」の1'45"~1'55"でテープよれが原因と思われる音揺れがありますが、今まさに絶頂期を迎えんとするバンドの勢いをストレートに伝えてくれるものとして、大変貴重かつ有り難い音源であることは間違いないと思います。

それだけに個人的に残念なのがブツとしてのクオリティの低さ。R仕様なのはまぁ仕方ないとしても、スリーヴやディスクの仕上がりがこれではほとん自家製レベル。いや、紙質にもっと拘るだけでもより高クオリティなものが容易に作れてしまうのでは?ってな感じの体裁はやはりサビシイものがあるなぁ。
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
671
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
57
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。