Home All Log in RSS

冷却システムはオプション(只今リハビリ中)

此れから何しようとか、云いたい事は明日云えとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーヘッド@下北沢GARDEN 4月21日(土)

38年ぶりの来日公演ってだけでかなり凄いと思うんだけど、それに輪をかけてリッパなのが当時と全く同じメンバーで戻ってきてくれたってことだろう。38年だかんね、38年。これってかなりレアなパターンのはず。

が、それ以上に驚かされたのが、そんな時の流れやブランクをものともしないタイトな演奏っぷりだったワケで。生ならではの良い意味で過剰なリズム隊の重厚感と、歪みをおさえたクランチ寄りなサウンドでバンドに軽快感とソリッドな印象をもたらしていた2本のギター(個人的にはギブソンのファットなサウンドで聴いてみたかったというのもあるけど)。そしてそして、これこそがノスタルジックな気分を吹っ飛ばしてくれた張本人であったわけだけど、かつてのグラムなムードとは違う、でも終始ギラギラとしたアグレッシヴさでもって(やんちゃな少年といった風情でもある)観客を圧倒し続けたカリスマ、マイケル・デ・バレス伯爵。

SILVERHEAD_MICHAEL.jpg  

2組の前座の演奏が終わり、引かれた幕の後ろから自分達のレパートリーをダイジェスト的に繋げたSE(「Underneath The Light」が使われてたけど、この曲演って欲しかった!)が鳴らされたのが20時を回った頃だったですかね。先にピートがそれに合わせてドラムを叩き始め、やがて幕が開くとステージ上手側より伯爵が素肌にブラックのベストという出で立ちで登場。年齢の割に本格的に鍛えていることがひと目でわかる引き締まった躯。そして初日と同じ「Hello New York」のイントロが鳴り響くと会場の熱気は一気に上昇。

SILVERHEAD_NIGEL_ROBBIE.jpg

とまずここで驚かされたのが、オリジナルと同じキーでハイノートをキメるマイケルのボーカル。&客を挑発しながらノセていく圧倒的なステージパフォーマンス。ステージ上を所狭しと動き回り、”Let me see your hands!!”そう煽りながら客が伸ばす手を次々に強く握り返していく。MCではF*ckin'を連発するし、さらにはこれ初日にはなかったんだけどこの日はダイブまで飛び出した。

初日は最前列のド真ん中でその強烈なエネルギーとサウンドを全身で浴びまくりましたが、2日目はフロアの後方、ちょうど調整卓の前からの鑑賞。メンバー達が初日のホットな反応に気をよくしていたのは間違いないはずで、この日は全員がとてもリラックスして演奏しているのが伝わってきました。

ロビーのスライドギターが唸りを上げていた「Rolling With My Baby」では中盤で早くも客との掛け合いが見られたし、リリース当時日本でのみヒットした「Ace Supreme」を惜しげもなく4曲目に持ってくる大胆さ。それを言えば1曲目だって彼らの代表的なナンバーだったわけだけれども(38年前は「Ace Supreme」が1曲目でした)。

初日は僕の隣にいた女性(not知人)の手をずっと握りながら歌ったりして、マイケルが根っからの色男っぷりを全開していたセット中唯一のバラード曲、”ジャンキーだった最初のワイフのことを歌った”と紹介した「Only You」。この最初のワイフってのがあのグルーピー女王のパメラ・デ・バレス(Pamela Des Barres)その人なんですよね。

スワンプテイストたっぷりなオケが印象的なナンバー「More Than Your Mouth Can Hold」は今もエキセントリックさを失っていないマイケルの歌唱が特異な世界観を作り出していることにゾクゾクさせられたし、1974年7月にバンドが解散してしまったため未完となった3rdアルバム『Brutiful』に収録される予定だったというマリリン・モンローを題材にした「Marylin」が生で聴けたことも大きな収穫でした。

そしてこの日一段と大きな反応で迎えられたのが「Rock Out Claudette Rock Out」と「Long Legged Lisa」。加えて2つの公式ライブ盤『Live at The Rainbow London』(邦題『電撃ライブ』)と『Show Me Everything』(邦題『熱狂のライヴ』←公式ライブだけど使われているのはオーディエンス音源)に収録されている、やはり3rdアルバムに収められる予定だったという『James Dean』(こちらは38年前の日本公演でも演奏されました)。ここではロッドがこの日唯一のワウを効かせたソロで気を吐いていました。

そしてヘヴィな立ち上がりから後半テンポを上げ一気に畳み掛ける「Bright Light」で本編は終了。アンコールナンバーは2ndアルバムの最後を飾る「16 And Savaged」でした。

SILVERHEAD_ROD_PETE.jpg
pic by Mr. Shimerson (Thank you!!)

さて振り返ってみれば、演奏された全13曲中、デビューアルバムから4曲、2ndアルバムから7曲プラス未発表曲2曲という曲布陣。2日とも同じセットリストだったわけだけど、現在のメンバーで録音した2ndアルバムからの曲が大半を占めたのはまぁ当然でしょうね。個人的には前述の「Underneath The Light」など、他にも聴きたかった曲はあったけれど大満足のライブでした。

近い将来、このイキオイでもってぜひ3rdアルバムを完成させ、再び今のメンツで来日して欲しい。そしてその可能性は決して低くないと思うんですよね。

SILVERHEAD_2012_4_21_b.jpg
スポンサーサイト

少々ネタバレあり【TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE 2011-2012】 4月1日@神奈川県民ホール

この日これが3度目だったろうか。

なかなか鳴り止まない拍手と歓声。

ステージ上にひとり残ったバンマスは相好を崩しながら再びブラウンのテレキャスターに手を伸ばす。

さらに沸き返る場内。

「久しぶりの・・へっへっへ」

そして爪弾かれたイントロ・・・。

遡ること2010年10月3日の中野サンプラザホール公演。この年のツアー全39本中その一日だけ、やはりラス前に披露されたという、まさにその曲が眼前で演奏された瞬間の興奮たるや。

この時点で僕はもうすっかり舞い上がっていたんだけど、なんとさらに続けてもう一曲・・・。

そんな正真正銘のサプライズを生で見られたことの嬉しさ。というよりも山下達郎という偉大なミュージシャンをソノ気にさせた?オーディエンスのひとりとしてその場に居合わせることが出来たヨロコビ、と書いた方があの時の自分の気持ちにより近いかも。音楽はコミュニケーション。それが理想的な形で具現化するのを目の当たりにしたというか。

2012_4_1.jpg

思い返せば、そんなサプライズの下地は7曲目に演奏された某曲のサックスとキーボードのソロ合戦にまずあったように思うんですよね。

徐々に音数を増やしながら、何度かひと息に長く速いパッセージを吹き上げていく。最後はダメ押しのロングノートでキメたサックスソロ。僕はこの横浜が本ツアー4度目の参加だったのだけれど、間違いなくこの日のソロが一番素晴らしいと思ったし、続けて披露された難波さんのキーボードソロも圧巻だった。

そんな名演奏に惜しみなく送られた拍手と歓声。さらにはバンマスからの「(ここまでの)48本の中で今日のが最高」に早くも場内の興奮は最初のピークを迎え・・・。

そしてその白熱した2つのソロを受け、次の曲で今度は佐橋さんのギターが気炎を上げた。後半バンマスとギターバトルを繰り広げるというライブならではのアレンジで今回のツアーの目玉曲でもあるんですが、ひとしきりやり合った後、バンマスがキメのフレーズに持っていきかけたのを「まだまだ~」とばかりに引き戻し(押し通し?)バトルを続けるという、まさかの展開。バンマスが破顔で即時対応していたのも強く印象に残ってます。

熱いソロといえば、ツアー当初のセットリストには入っていなかった、某曲と入れ替えで演奏されたファンクナンバーの最後を飾るドラムソロにもそれは影響を与えていたようで、ここでもこれまでに聴いたことのないえらく攻撃的な(僕にはそう見えました)ソロを披露してくれました。あの「左腕高々」も2回飛び出したんじゃなかったかな。そしてそんな様子を見ていたメンバー達の大きなリアクション、そんな些細なことが些細で無し。見る者のテンションをさらにアゲてくれるというわけです。 

えぇと、ちとネタバレが過ぎますかね。

今日はこのくらいにしときますが(笑)、それにしてもこんな風に思い返すだけでもあの日の興奮が甦ってきます。

まさに達郎バンド恐るべし。そしてそんな最高のライブを体験させてくれた横浜のオーディエンス最強!

そうそう、そういえば冒頭で触れた2曲を演奏し終えた後の達郎さんの「昔に戻ったみたい」がなんとも印象的でした。

年はとっても「心はいつもNEVER GROW OLD」。そんな風に生きていければ、どんな時代にあっても心震わせる感動に出会えるに違いない、と信じて。

今年はあと2公演(4/30の埼玉と5/12の沖縄)。存分に楽しみたいと思います。
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
309
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
34
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。