FC2ブログ
Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

FREE『San Francisco 1971』 1971年1月22日&1月16日

twitterでは#nowpalyingというハッシュタグが音楽好きの間ではまるで挨拶代わりのようになっていて、自分も一時期よくやりました。

となると今回はさしずめ#previouslyplayedとでも?今日はこんな音源を聴きながら職場に向かいました。

FREE_SF_1971.jpg

今では入手が難しくなっちゃってるかも知れませんね。Freeの1971年の2種類の音源をプレス2CDに収めたブツで、放送音源とAUDソースの抱き合わせになっています。ビッグネームの割にコンディションの良い音源が少ない中、かなりの高音質で完熟期の演奏を楽しめる有り難いブツですが、リリース当時のキャプションにはこう書かれてます(抜粋)。

ディスク1では当時FMラジオで放送された71年1月22日サンタモニカ公演を安定したサウンドボード録音にて16曲分に渡って完全収録しています。この80分に渡る全長版は以前アナログ時代に存在していましたが、CD時代になってからは数種類存在するコンピレーションCDに、Be My Friend, Stealer, Woman, Ride On Ponyの4曲が収録されていたに過ぎませんでした。で、ここにきてアナログ落としでない、全長版テイクが衝撃の登場です!(各曲ごとのフェイドイン&アウト、そしてI'm A Moverのドラム・イントロに、テープのリバースポイントと思われるパートがあります。)

さらにさらに、ディスク2では、こちらは世界完全初登場となる1971年1月16日のフィルモアウェストでのライブをライン録音に迫る高音質オーディエンス録音で収録。こちらはカルフォルニア在住の日本人レコードスタッフが記録用に録音したもので、トレーダー界のどこにも流れていなかった世界中のFREEファン驚愕のウルトラテイクです!(ジャケ裏にマスターカセットの写真を掲載してます(なんと曲間で日本語が聞こえます!)。

収録時間は30分と短いですが、ポール・ロジャース、ポール・コゾフ、アンディ・フレイザー、サイモン・カークの織り成す燻し銀のようなオリジナルFREEの生々しいサウンドにたっぷりと触れることができます。

プロモーション用に制作したシングル盤「The Highway Song / Love You So」を引っさげて臨んだというUSツアー。まさに完熟しまくりな頃の記録で、時期的にはあの名ライブ盤『Free Live!』が録音されてからおよそ4ヶ月後、そしてすでにバンド内の人間関係がほとんど破綻していたとも言われる初の来日公演のおよそ3ヶ月前にあたります。

「各曲ごとのフェイドイン&アウト」はどうもマメにDJのナレーションをカットした痕跡とも聞こえますが、演奏中のカットは”テープのリバースポイントと思われる”「I'm A Mover」(0:06あたり)とキャプションには記されてませんが「Mr Big」(2:55あたり)の2箇所。が、どちらも然程目立つものではないです。

ところで、彼らの音楽性を評する際によく言われるのがその老成ぶり。そう、確かに渋い。ブルース・ロックの呼称が実にしっくりくる、けれどもそこにある種人懐っこくもある独特な歌心を注ぎ込んだ実に個性的な演奏を繰り広げていて、その味わいははまさにタイムレス。当時平均年齢21歳の4人が奏でる音を五十路手前の自分がいまもずっぽりと浸れてしまう、それも音楽ならではの醍醐味でがしょう。フリー、やっぱり良いなぁ。

FREE_SF_1971_b.jpg

スポンサーサイト



Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
841
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
78
see ranking>>
Search