Home All Log in RSS

冷却システムはオプション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方徘徊 022:JEFF BECK GROUP 『Fillmore West 1968』

新宿ダイカンプラザA館にあるショップLHは対象商品(大部分がそうなんですが)2点購入でオマケ付きという商売上手なショップです(笑)。それはDVD-RだったりCD-Rだったり、3~4点を週単位で入れ替え(ちなみに今回は↓とペイジ&プラント、フロイドのDVD-R)、時には他のレーベルなりショップが”商品”として売っているソースを用意することもしばしば。今やネット上のソースが重要な商売のタネになっている状況ですから。まぁそれはともかくこの特典、仕上げはいかにもオマケ然としたものですが、何かしら気になるブツがあるもんで、結局ショップの戦略にまんまと乗せられ複数買いをしてしまうという(苦笑)。

という訳で、今回はちと番外編的ですが、前項の第一期ベック・グループのブートを買った際にもらったオマケを取り上げてみたいと思います。ニッキー・ホプキンスを正式メンバーとして迎え入れる3ヶ月前、68年7月24日にフィルモア・ウェストで行われたライヴから6曲、やけにクリアなステレオ・サウンドボード音源です。とにかく各パートの分離が良いのでヴォーカルやギターのみならず、リズム隊の二人、ロニーとミックのコンビネーションプレイもしっかり聴き取れます。

JBG_fillmore_west_1968.jpg

Live at Fillmore West, San Francisco, CA USA 24th July 1968
1. You Shook Me
2. Let Me Love You
3. Morning Dew
4. Jeff's Boogie
5. The Sun Is Shining
6. Hi Ho Silver Lining

Jeff Beck - guitar 
Rod Stewart - vocals 
Ron Wood - bass 
Mick Waller - drums

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

1曲目「You Shook Me」のアタマにカットがありますが、あとは然したる欠点もなく、トータル31分弱。どうも収録されているのはセットの後半部分のような感じですがどうでしょう。ノッケから一丸となって滑り出していく「Let Me Love You」。ゴリッとしたロニーのベースが実にいい感じ。呼応し合うベックとロッド。パワーバランス5:5で絡み合う様にはゾクゾクしますよって。静と動のコントラストの妙を味わうに打ってつけの「Morning Dew」。小ネタが目まぐるしく繰り出される「Jeff's Boogie」ではドラムスやベースのソロも具のひとつ。しかしこの微妙なタッチのニュアンスまで聴き取れるあたり、さすがライン録音ソースです。「じゃじゃ馬億万長者」後からエンディングまで、全員で前のめりに突っ込んで行くような性急さがタマりません。

「The Sun Is Shining」。収録曲数たった6曲なれど、ベックとロッドの絡みを堪能出来るこんなブルース然とした曲がちゃんと入っているところが嬉しい私的にはコレが本作のハイライト。そして最後の「Hi Ho Silver Lining」はシングル同様ベックがヴォーカルを取ってますが、ザグッザグッと深く切り込みながら進んでいくへヴィなビートに乗ると、ビミョウな味わいのベックの歌(途中笑い出しちゃうところも)も決して悪くない。いや、ホント。

という訳で、この盤の一番のウリは各メンバーの”顔が見えるような”音のクリアさでしょう。音量を上げていくと、その像が生々しく眼前に浮き上がってきます。なので、ここは出来るだけPLAY IT LOUD!

ちなみに。

ショップのインフォで引き合いに出されている同日の演奏を収録している既発タイトルがコレです。

  morning_dew_s.jpg morning_dew_bk_s.jpg
『Morning Dew』
Shout To The Top STTP 203 2002
ステレオ・サウンドボード音源使用 プレス1CD

7年程前に出たものですが、今回のオマケ盤と収録曲は同じ。が一聴して気付くのがミックスの違い。ベックのギターが右chに寄っているところは変わらずですが、STTP盤では左chに貼り付いていたロッドのヴォーカルがセンターにまで広げられているので、聴感上の安定感がグッと増しています。また、左右に薄っぺらく伸ばされていたドラムスの音も修正、より引き締った音に様変わりしていますね。加えて音圧もUP。ピッチも正されているそうです。

近頃ではダウンロードサイトを見ることもあまりないのですが、ショップのインフォによれば「近年、ネットを経由して登場した」ソースとのこと。しかしこうもクオリティが上がってくると、やはりつくづく惜しいのが”たったの6曲”。今回仮に曲数が増えていたら、せめてあと5曲も収録されていたら中期4人編成時のベック・グループダントツの優良音源として君臨すること間違いナシだったのに。

という訳で、こちらは一応29日(水)までの特典ブツなんですが、既にどこかのレーベルがCD-Rで売り出してるかも知れないですね。

JBG_fillmore_west_1968_bk.jpg
『Fillmore West 1968』
ステレオ・サウンドボード音源使用 1CD-R
購入店:西新宿LH 対象タイトル2点以上購入特典
関連記事
Comment
2009.04.27 Mon 00:13  大介(東京都) #nx3aWTik
こんばんは!
今回このオマケ欲しかったのですが、今回はオーディエンスものでガマンしました(苦笑)
こちらも今日も散財しちゃいました。

あのピンク・フロイドの来日公演記録オムニバスも欲しいんですけどねー。色々と欲しいものばかりで困ります(笑)
仰る通りあと5曲あればプレスでのリリースでしょうね。そんなに音が良いんですか!

MVの4CD+3DVD¥13,800って線はどうですかね???
予算の都合で / URL / Edit
2009.04.27 Mon 17:07  たどん #AZV5XfxQ
大介さん、こんばんは。

68年のデトロイトいかがでしたか?記事楽しみにしてますね。

こちらもですね、消化(やな言葉だな^^;)がまるで追い付きません。意識的に対象を絞っているハズなんですが(苦笑)。

>MVの4CD+3DVD¥13,800って線はどうですかね???

ええ、何だかそんなところに落ち着きそうな気配ですよね。6千円安ですか。仇討ちと言うからには、もうちょっと頑張って欲しいところですが、値段だけアレコレ言ってみてもしょーがないかもですね。あとはDVDが決してボーナス的でない、内容の濃いものであって欲しいと思います。

 / URL / Edit
2009.04.28 Tue 00:23  大介(東京都) #nx3aWTik
たどんさん、またまたこんばんは!
遅ればせながら、たどんさんのブログを当ブログにリンクしましたのでこれからもよろしくお願い申し上げます。
遅れましてスミマセン・・・。

最近、西新宿へ行ったことない若者が西新宿へ行って衝撃を受けたそうです(笑)若い世代への引継ぎ、今の時代難しいかな~???(笑)
遅ればせながら / URL / Edit
2009.04.28 Tue 01:43  たどん #AZV5XfxQ
大介さん、こんばんは。毎度でございます~。

わざわざご連絡いただきありがとうございます。あらためまして、こちらこそどうぞよろしくお願い申し上げます。


>最近、西新宿へ行ったことない若者が西新宿へ行って衝撃を受けたそうです(笑)若い世代への引継ぎ、今の時代難しいかな~???(笑)

今や斜陽産業とも言われるブート業界ですが、僕の音楽生活の充実にブートが寄与してくれた部分は決して小さくないんですよね。なので何かこう微力ながらもプラスになる何かが、などという思いが根っこの方にあるようです、どうやら。それにはまずは買うこと、ということになるんでしょうが(笑)。

ブートって、関わり方によっては怪我したりしちゃいますけど、今なら駄モノを掴まされることも比較的少ないでしょうし、何より情報が容易に手に入りますもんね。これから手を染めるっちゅう人には、公式・非公式うまくバランスを取りながら楽しいミュージックライフを送ってもらいたいと思いますです。
 / URL / Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://seemefeelmeclickme.blog86.fc2.com/tb.php/155-a68d649c
Profile

たどん

Author:たどん
神奈川県在住
性別:男
誕生星座:山羊座(たまに射手座)
血液型:B

アタマ冷やせば?とかよく言われます

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
Recent Entries
Comments + Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Archives
Links
from December 22, 2009
Access Ranking
[Genre] 音楽
619
see ranking>>

[Sub-Genre] ロック
58
see ranking>>
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。